MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

LATEST ISSUE
2024年8月号
美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ
STORE

GOLF

2023.12.29

2023年に最も読まれた、アプローチレッスン3選

アマチュアゴルファーにとって、スコアアップは永遠のテーマ。2023年にもっとも読まれたゴルフレッスン記事をランキング形式で紹介する。アプローチ編。 ※過去掲載記事を再編

アプローチ3選

1.グリーン周りで、トップやダフりがちな人のためのアプローチ術

アマチュアゴルファーのスコアが伸び悩む原因として、グリーン周りのアプローチでミスを重ねてしまうことが挙げられる。アプローチショットではグリーンに乗せるだけではなく、できるだけカップに寄せたいと欲が出てしまうものだ。

カップが目の前にあるため、カップインを狙って力が入ってしまったり、逆に慎重に打とうとしてインパクトが緩んでしまうこともある。その結果、ボールをうまくとらえられず、地面を叩いたり、トップしたりしてスコアを崩してしまう。

このようなミスは、利き手の使い過ぎが引き起こす場合が多い。頭では手先を使ってクラブをコントロールするべきではないとわかっていても、ターゲットまでの距離が近いアプローチショットでは器用な手を使って距離を合わせたくなってしまう。

また、ボールが地面にあるため、本能的に手ですくい上げたくなってしまうこともある。クラブのロフトを生かして打てばいいとわかっていながら、ついつい器用な利き手を使ってしまいミスが出てしまう。

【続きはこちら】
 

2.ダフったり、トップしたり…、アプローチでミスらないための手首ドリルとは

プロゴルファーがいとも簡単にアプローチショットでボールをピンに寄せる姿を見て、「自分もあんなボールを打てたらなぁ」と思ったことがあるだろう。

プロのようにアプローチショットを寄せようとしても、ボールの手前を叩いたり、トップしてしまったり、理想と現実のギャップにガッカリしまう人も多い。

このようなミスをしてしまう人は、ボールをすくい上げようとして手首を使いすぎる傾向がある。

クラブフェースにボールを乗せようとして、右手首を手のひら側に折ってしまうと、クラブの刃の部分が前に出る。そのため、ボールの手前をたたいたり、刃がボールに直接当たってトップしてしまうのだ。

クラブにはロフトがあるので、すくい上げようとしなくても、ロフトなりに打てばボールは上がる。

ところが、本能的に地面にあるボールをすくい上げたくなり、器用な手先を使って打とうとしてミスを引き起こしてしまう。

【続きはこちら】
 

3.20打縮める! 南秀樹流グリップ論「右手は上から握れ!」

パッティングを含めたグリーン周りのショートゲーム力をアップさせることは、スコアアップの最短距離を辿ることになります。パッティングとアプローチの自信を深めることはショットに好影響を及ぼします。

また、技術的にもアプローチはショットにつながるため、ゴルフスイングの基礎として正しい動きをマスターしておくべきなのです。そうすれば、アマチュアゴルファーにとって、20打を縮めることも夢ではありません。

アプローチのミスと言えばダフリ&トップです。わかっていても出てしまうこれらのミスの原因はグリップの握り方にあります。グリップは体とクラブを結ぶ唯一の接点。そこで間違ってしまうとダフリ&トップは高い確率で出てしまいます。

基本的にはショットと同じように握りますが、注意して欲しいのは右手の握り方です。

【続きはこちら】
 

TEXT=ゲーテ編集部

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

2024年8月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

バックナンバー一覧

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ8月号』が2024年6月25日に発売。今号は、フランス発祥の“泊まれるレストラン”、オーベルジュを大特集。今市隆二は、2024年2月にグランドオープンしたばかりの「仙石原古今」を訪れた。

最新号を購入する

電子版も発売中!

バックナンバー一覧

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる