MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOLF

2023.08.05

名選手オメーラ、コリン・モリカワも! パターが安定しやすい“ソーグリップ”を知っている?

今回はパッティングの軌道について。連載【吉田洋一郎の最新ゴルフレッスン】

親指と手のひらでパターをはさむソーグリップ

プロゴルフの世界では「パットイズマネー」といわれ、勝敗に大きな影響を与えるパッティング。ボールを転がすだけなので身体的な能力はほとんど関係なく、アマチュアゴルファーがプロゴルファーに勝てる可能性のある唯一のクラブといえるだろう。

簡単そうに思えるパッティングだが、ゴルフが上達するにつれ、微妙な感覚を合わせる必要が出てくる。特にパッティングに大きな影響を与えるのは、グリップの握り方だ。PGAツアー選手のパッティンググリップを見てみると、十人十色でそれぞれ異なる握り方をしている。プロゴルファーも自分にあったパッティンググリップを見つけるために試行錯誤しているのだ。

近年増えているパッティンググリップの一つに、右手の指先でパターをつまむように握るクローグリップがある。ちなみにクローとは鳥やトカゲなどの鋭く曲がった鉤爪(かぎづめ)のことで、爪で物をつかむときの形に似ていることからクローグリップと呼ばれるようになった。

そのクローグリップと似た握り方にソーグリップがある。クローグリップは右手の親指とその他の指の指先でクラブをつまむようにして持つが、ソーグリップは指の付け根あたりでクラブを挟むようにして握る。

ソーはノコギリという意味で、ストロークのときの右手の動きがノコギリで木を切る動きに似ていることからソーグリップと呼ばれるようになった。

ソーグリップはマスターズや全英オープンなど通算16勝を挙げた往年の名選手、マーク・オメーラが取り入れていたことで知られている。オメーラはタイガー・ウッズの親友としても知られるが、他のPGAツアー選手とも親交があり、パッティングに苦しんでいたコリン・モリカワにソーグリップを使ってみるようアドバイスした話は有名だ。

ノコギリを使うように右手を動かす

今回は、パッティンググリップがしっくりこないという人のために、ソーグリップをマスターする方法を紹介しよう。

ソーグリップのメリットは手元を真っすぐ動かしやすく、ストローク軌道が安定しやすいことだ。パッティングの軌道が安定せずに、ひっかけたりプッシュアウトしやすい人に効果があるだろう。

ソーグリップの右手の握り方は、指先で握るクローグリップとは異なり、指の付け根あたりでグリップを挟むようにして握る。小指側の手のひらの側面の「掌外沿」をのこぎりの歯に見立てて、のこぎりで木を切る動きのように右手を動かす。飛球線に対してのこぎりをまっすぐ動かすようにストロークをすることで、直線的に手元を動かすことができるようになる。

他のパッティンググリップと同様に、ソーグリップも左サイドの使い方が重要になる。7対3で左手を意識してストロークし、左サイドとパターを一体化させるようにする。右手に力を入れてしまうとクラブがスムーズに動かないため、右手は柔らかく添えるようにしてほしい。左サイドを主導的に動かし、右手は軌道をガイドするイメージを持つといいだろう。

パターのグリップには相性があり、誰にでも合うわけではないが、今のグリップがしっくりこないと感じているのなら、一度ソーグリップを試してみてはどうだろうか。

動画解説はコチラ

■連載【吉田洋一郎の最新ゴルフレッスン】とは
世界No.1のゴルフコーチ、デビッド・レッドベターの愛弟子によるゴルフレッスン。多くのアマチュアゴルファーを指導する吉田洋一郎コーチが、スコアも所作も洗練させるための技術と知識を伝授する。

↑TOPページへ戻る

この連載をもっと読む

連載
吉田洋一郎の最新ゴルフレッスン

世界No.1のゴルフコーチ、デビッド・レッドベターの愛弟子によるゴルフレッスン。多くのアマチュアゴルファーを指導する吉田洋一郎コーチが、スコアも所作も洗練させるための技術と知識を伝授する。

TEXT=吉田洋一郎

PHOTOGRAPH=小林司

COOPERATION=取手桜が丘ゴルフクラブ

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる