MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

LATEST ISSUE
2024年8月号
美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ
STORE

FASHION

2024.07.04

ルイ・ヴィトン、エルメス、ゴローズ…大人の大容量バッグ8選

“大は小を兼ねる”は、バッグもしかり。一泊二日の出張にも使える大容量なら、バッグの存在感を際立たせる着こなしで颯爽と持ち歩きたい。今回は格別なオーラを放つ8つの名品をラインナップ。人気スタイリスト・野口強による連載「The character of G」。

野口強が選ぶ大容量バッグ8選

1.エルメス|威風堂々とした容貌に上質な黒の装いが映える

1892年に馬の鞍を入れるバッグとして誕生したオータクロア。馬具モチーフを、アップリケやステッチで配し表現した新作は、アイテムのルーツを想起させる粋な仕上げとなっている。

エルメスのバッグ
バッグ「オータクロア」50[参考商品]、ニット¥335,500、パンツ¥134,200、ベルト¥158,400、ブレスレット¥561,000、シューズ[参考商品](すべてエルメス/エルメスジャポン TEL:03-3569-3300)

2.ロエベ|ブラッシュドスエードで新たな面持ちを発見

一見ツイードのように見えるボディは、カーフスキンの裏面を毛羽立て、タータンチェックをプリントしたテクニカルな逸品。フラットに折りたため、構築的なフォルムが人気のトートが、フレッシュな面持ちに。

ロエベのバッグ
バッグ「パズル トート」¥310,200、ジャケット¥281,600、パンツ¥148,500、シューズ¥137,500(すべてロエベ/ロエベ ジャパン クライアントサービス TEL:03-6215-6116)

3.ザ・ロウ|洗練の美意識と品格をさり気ない佇まいに凝縮

思わず表面をなでずにはいられないほど滑らかな漆黒のスエードボディに、1本のみのレザーハンドルが潔いほどのシンプリシティを感じさせるトート。ファーカシミアのニットともども、美意識が凝縮されたスタイルだ。

ザ・ロウのバッグ
バッグ「ラージ N/S パークトート」¥438,900、ニット¥548,900、Tシャツ¥295,900、パンツ¥207,900、シューズ¥218,900(すべてザ・ロウ/ザ・ロウ・ジャパン TEL:03-4400-2656)

4.ジル サンダー|スーツにもしっくりなじむ機能性とモダニティの融合

カーフレザーの艷やかな質感が美しいショッパータイプのトートは、ストラップつきの2WAY仕様。かっちりとしたフォルムはビジネスにもOKと、使い勝手よし。

ジル サンダーのバッグ
バッグ¥379,500、ジャケット¥404,800、シャツ¥269,500、ショートパンツ¥203,500、サボ¥191,400(すべてジル サンダー バイ ルーシーアンド ルーク・メイヤー/ジルサンダージャパン TEL:0120-919-256) その他スタイリスト私物

5.ルイ・ヴィトン|同色の巧みなマッチングで、格上の個性がさらに魅力増

メゾンのマスターピースに、「ダミエ・デニム 3D コットンキャンバス」を配し、新たな魅力を加味した逸品。同色系のパームツリーモチーフのセットアップを合わせることで、全体をシックにまとめて。

ルイ・ヴィトンのバッグ
バッグ「スピーディ・バンドリエール 40」¥514,800、ジャケット¥555,500、Tシャツ¥229,900、パンツ¥211,200(すべてルイ・ヴィトン/ルイ・ヴィトン クライアントサービス TEL:0120-00-1854)

6.プラダ|クラシックの再解釈が見慣れたアイテムを新顔に

プラダ流のツイストを利かせたオーセンティックなスタイリングには、クロシェ編みのビッグトートをコーディネイト。フロントの刺繍ロゴとの対比も絶妙。

プラダのバッグ
バッグ¥341,000、ジャケット¥297,000[参考色]、ニット¥220,000、シャツ¥253,000[参考色]、デニムパンツ¥209,000、シューズ¥156,200[すべて予定価格](すべてプラダ/プラダ クライアント サービス TEL:0120-451-913)

7.セリーヌオム|誇り高く優雅な豹柄をエッジィなスタイリングと

’80年代風スペンサージャケットとレオパードキャンバスのボストンを合わせ、エッジを添える。

セリーヌオムのバッグ
バッグ「ミディアム ヴォヤージュ」¥352,000、ジャケット¥434,500[ともに予定価格]、タンクトップ、レザーパンツ[ともに参考商品](すべてセリーヌオム バイ エディ・スリマン)、サングラス¥82,500[予定価格](セリーヌバイ エディ・スリマン/すべてセリーヌ ジャパン TEL:03-5414-1401)

8.ゴローズ|互いの風格がより際立つパワーアイテム、夢の饗宴

ディアスキンを用いたショルダーバッグは、発色の美しさと丁寧な手仕事に裏打ちされたディテールに刮目。ヴィンテージデニムと双璧をなす貫禄にも脱帽。

ゴローズのバッグ
バッグ¥143,000(ゴローズ TEL:03-3404-8079)、ヴィンテージのリーバイス®のデニムジャケット「506XXE」¥5,000,000、ヴィンテージのリーバイス®のデニムパンツ「501XX」¥498,000(ともにベルベルジン TEL:03-3401-4666) その他スタイリスト私物

TEXT=畠山里子

PHOTOGRAPH=WATARU

STYLING=野口強

HAIR&MAKE-UP=TAKU(VOW-VOW for CUTTERS)

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

2024年8月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

バックナンバー一覧

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ8月号』が2024年6月25日に発売。今号は、フランス発祥の“泊まれるレストラン”、オーベルジュを大特集。今市隆二は、2024年2月にグランドオープンしたばかりの「仙石原古今」を訪れた。

最新号を購入する

電子版も発売中!

バックナンバー一覧

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる