MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

FASHION

2024.04.03

全てがハンドメイド。ノブ イケグチが生み出す唯一無二のジュエリー

連載「I Don’t WEAR Jewelry. I WEAR Art」。第24回目は、寡黙にして揺るぎない哲学を貫く孤高の職人、ノブ イケグチの哲学に迫る。

池口泰信氏

シンプルゆえの繊細さ、30年の時を経てたどりついた境地

デザイナーでありながら、職人として。留め具のパーツまで細部まで徹底して手作業で作る池口泰信氏がジュエリーブランド、ファンタスティックマンを経てノブ イケグチと自身の名を冠し再始動したのも、その矜持を誇示するため。「思い描く形を具現化するには、必然的に手作業になります」

池口氏のジュエリーは、その手作業を経て描きだされる曲線美が高い評価を得ている。そもそもは、インディアンジュエリーが原点。今も面影を残すが、スタイルは枠に捉われない。スーツにも革ジャンにも合う造形は普遍的だ。

「服の好みが変わっても、ジュエリーの好みは不変という人は多いはず。スタイルにも時代にも左右されないジュエリーを追い求めた結果、今にたどりついたんです」。

時代を問わず着用できるノブ イケグチのジュエリーは、人生に寄り添ってくれる。

ノブ イケグチのジュエリー
ノブ イケグチのジュエリー(番号入り)
IDブレスレットを想起させるK18ゴールド製バー。[オーダーメイド参考商品]
各コマが美しいK18ゴールドチェーンブレス。注目すべきはその密度。密接に折り重なるようなつながり方は、緻密な造形なればこそ。¥187,000
コマとコマの空間を強調したチェーンリング。曲げ、捻りを駆使し、つながるというより絡み合う。¥47,300
チェーンをモチーフにしたリング。素材はK18ゴールド。¥132,000
3連構造にナバホの面影が見えるシルバーリング。石はブルートパーズ。¥143,000
チェーン同様、極細の差しこみ式留め具に注目。内部にいたるまで手製。¥85,800
7・8ともにオーダーメイドで制作したもの。[参考商品]
シンプルなリンクチェーン。しかしよく見れば、各コマには鋭角な角度がつけられており、それに光が反射することで煌めきを増す。¥132,000(すべてノブ イケグチ/ノブ イケグチinfo@nobuikeguchi.co.jp)

■連載「I Don’t WEAR Jewelry. I WEAR Art」とは……
時にファッションとして、時にシンボルとして、またはアートに……。ジュエリーを身につける理由は、実にさまざまだ。だが、そのどれもがアイデンティティの表明であり、身につけた日々は、つまり人生の足跡。そんな価値あるジュエリーを紹介する。

↑ページTOPへ戻る

TEXT=安岡将文

PHOTOGRAPH=秦淳司

STYLING=櫻井賢之

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる