MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

FASHION

2023.06.22

ピアジェの時計技術から生まれた、回転するジュエリー

連載「I Don’t WEAR Jewelry. I WEAR Art」。今回は、I Don’t Like Mondays.のYUが魅せる、デザインとクラフトマンシップをラグジュアリーに融合させた「ピアジェ」。

ピアジェの「ポセション」とYU

ただそこに存在するだけでなく、魅せるギミックを備える

「ポセション」を直訳すると、所有する、手に入れるとなる。ピアジェが込めたのは、幸運や前向きといったポジティブエネルギーを呼びこむジュエリーであれという願い。1990年に誕生したコレクションは、ジュエリーの一部が回転するのが特徴だ。例えば18Kホワイトゴールドにラウンドブリリアンカットのダイヤとブラックセラミックをあしらったリングでは、その中央の2列分が回転する。

ピアジェといえば、1874年に時計のムーブメント製作に端を発する。そこで培った技術をジュエリーに融合させ、時計とジュエリーともに数々の名作を生みだしてきた。「ポセション」は、まさにそんなピアジェを象徴するひとつ。単なるデザインではなく、クラフトマンシップに基づくものだ。

ピアジェの「ポセション」

ブレスレット上¥915,200、ブレスレット下¥1,909,600、リング上¥358,600、リング下¥2,728,000(すべてピアジェ/ピアジェ コンタクトセンター TEL:0120-73-1874)

見る人によってではなく、見るから輝きを変える

K18ホワイトゴールド製のバングルでは、トップにブラックセラミックを据えたダイヤをあしらうリングの部分が、そして同素材のリングでは、手作業で彫りこむことで柄を表現するパレス装飾にブリリアンカットダイヤモンドを一粒セットした部分が回転する。それにより生まれるのは、言うまでもなく変化する輝き。身につけたままで変化し、すべての人に輝きを届ける。

そんなジュエリーに今回合わせたのは、ワイドショルダーのコートにダブルブレステッドのジャケット。共地によるアンサンブルに、ポセションを身につけた手元が華やかさを与える。このジュエリーをつけるなら、余計な装飾は必要ないだろう。どちらにしろ、人々の視線は「ポセション」に集まってしまうのだから。

ピアジェの「ポセション」を纏うYU

コート¥486,200、ジャケット¥369,600、パンツ¥1,089,000(すべてボッテガ・ヴェネタ/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン TEL:0120-60-1966) ジュエリーはすべて上と同じ。

 
■連載「I Don’t WEAR Jewelry. I WEAR Art」とは……
時にファッションとして、時にシンボルとして、またはアートに……。ジュエリーを身につける理由は、実にさまざまだ。だが、そのどれもがアイデンティティの表明であり、身につけた日々は、つまり人生の足跡。そんな価値あるジュエリーを紹介する。

↑ページTOPへ戻る

 

過去の連載記事はこちら

TEXT=安岡将文

PHOTOGRAPH=秦淳司

STYLING=櫻井賢之

HAIR&MAKE-UP=MAKOTO(juice)

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる