MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

FASHION

2023.04.20

今大人の男が纏うべきは、タサキのメンズパール

連載「I Don’t WEAR Jewelry. I WEAR Art」。今回は、I Don’t Like Mondays.のYUが魅せる、クラシックとコンテンポラリーの融合をパールを通して表現する「タサキ」。

YUが纏うタサキのパール

シリーズ新作から見える、パールの無限の可能性

昨今ジュエリー界で注目を集めるパール。かつての印象はフォーマル、というより日本では冠婚葬祭といった印象が強く、華やかとは縁遠い存在だった。しかし、メンズパールなるスタイルも定着した今、パールは一転してコンテンポラリーなジュエリーに。

タサキが今シーズン提案する新作は、その急先鋒となる。あこや真珠をシンプルに連ねたネックレスと重ねづけするのは「デインジャー」。自然界の造形美に着想を得るシリーズで、今回はパールの合間にあしらわれたイエローゴールドで牙やサソリをモチーフに表現した。パールのミルキーで品良い輝きとの組み合わせは言うなればギャップだが、しかし意外にも親和する。

タサキのネックレスを纏うYU

ネックレス上¥319,000、ネックレス下¥372,900(ともにタサキ/タサキ TEL:0120-111-446)、シャツ¥129,800、パンツ¥119,900(ともにジル サンダー バイ ルーシー アンド ルーク・メイヤー/ジルサンダージャパン TEL:0120-919-256)

微細なるデザインが、パールの常識を一変させる

「デインジャー」シリーズは自然界の造形から着想を得るだけあり、実にさまざまなアプローチがある。パールにつく無数のトゲが爬虫類を想起させる「デインジャー スパイク」、トゲのついたパールを並べ食虫植物を表現した「デインジャー トライブ」、そしてトゲつきパールをカーブするゴールドバーと組み合わせた「デインジャー プラス」。コンセプトは同じくしながら、時に攻撃的に、時にエレガントにと多様な顔を見せる。

そんな「デインジャー」とは打って変わり、リングは直線と球体による実に規則的な造形から成る。その名も「バランス」。一見シンプルだが、色や輝き、そして大きさが美しく揃っているからこそ完璧なバランスが描けるのだ。高品質のあこや真珠を長年扱ってきた、タサキこそのジュエリーといえる。

タサキのピアスとリングを纏うYU

ピアス上¥621,500、イヤーカフ[片耳]¥273,900、ピアス下¥372,900、リング¥473,000(すべてタサキ/タサキ TEL:0120-111-446)

 
■連載「I Don’t WEAR Jewelry. I WEAR Art」とは……
時にファッションとして、時にシンボルとして、またはアートに……。ジュエリーを身につける理由は、実にさまざまだ。だが、そのどれもがアイデンティティの表明であり、身につけた日々は、つまり人生の足跡。そんな価値あるジュエリーを紹介する。

↑ページTOPへ戻る

 

過去連載記事

TEXT=安岡将文

PHOTOGRAPH=秦淳司

STYLING=櫻井賢之

HAIR&MAKE-UP=MAKOTO(juice)

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は山﨑賢人。家づくりは究極の大人の遊び、“多拠点邸宅”特集

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は山﨑賢人。家づくりは究極の大人の遊び、“多拠点邸宅”特集

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ3月号』が1月25日に発売となる。今回の特集は“多拠点邸宅”。人生を楽しみ尽くすための、こだわりの邸宅をご紹介。表紙を飾るのは俳優・山﨑賢人。その他にも伊勢谷友介の器コレクションや俳優・川口春奈へのインタビューなど必読だ。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる