MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

FASHION

2023.05.22

ブルガリ、ロックな強さと色気を纏った最新ジュエリー

連載「I Don’t WEAR Jewelry. I WEAR Art」。今回は、I Don’t Like Mondays.のYUが魅せる、ロックから神話まで、多彩なアプローチで人々を魅了する「ブルガリ」。

YUが纏うブルガリのジュエリー

エレガントにしてセクシー、多様なロックの捉え方

1950年代にブルースやカントリーをベースに生まれたロックは、その後さまざまな要素を取りこみながら多様化してゆく。そう、ロックとは単一じゃなく、表現は無限にある。ブルガリの「ビー・ゼロワン ロック」も。ローマのコロセウムに着想を得た「ビー・ゼロワン」は、スタッズという新たな要素を加え、その名のとおりロックな強さを纏った「ビー・ゼロワン ロック」を生みだし、その印象も変化する。

ここにあるのは、すべてピンクゴールド。スタッズ、そしてブラックセラミックとのコンビネーションは、いわばパンクやロカビリーといったところか。そこから漂うのは、強さだけじゃなく妖艶なまでの色気。ダイヤモンドが加われば、さらにロックで成り上がった成功者の風格が。

ブルガリ「ビー・ゼロワン ロック」

手に持ったネックレス¥1,100,000、リング上から¥2,992,000~、¥476,300、¥415,800、¥370,700(すべてブルガリ/ブルガリ ジャパン TEL:03-6362-0100)

ジュエリーは身につけてこそ本懐、その意味を知る

こと妖艶さにおいては、「セルペンティ ヴァイパー」が目を引く。古代ギリシャやローマに登場する蛇をモチーフにした同コレクション。知性と生命力、そして官能の象徴とされる蛇を、ジオメトリックなデザインで表現する。さらには、バネ構造によって絡みつく様子までも。

それらを身につけた姿から漂うのは、言うまでもなく色気。そしてピンクゴールドやパヴェセッティングされたダイヤモンドが、それをより強調する。一方で、骨格に、そして肌になじむしなやかなつけ心地は、存在を自然に見せてくれる。だから、それぞれをセットアップでつけたくなるのだ。

ブルガリ「セルペンティ ヴァイパー」

ネックレス¥6,237,000、ブレスレット上から¥1,408,000、下¥847,000、リング¥676,500(すべてブルガリ/ブルガリ ジャパン TEL:03-6362-0100)、シャツ¥133,100(ディースクエアード/スタッフ インターナショナル ジャパン クライアントサービス TEL:0120-106-067)

 
■連載「I Don’t WEAR Jewelry. I WEAR Art」とは……
時にファッションとして、時にシンボルとして、またはアートに……。ジュエリーを身につける理由は、実にさまざまだ。だが、そのどれもがアイデンティティの表明であり、身につけた日々は、つまり人生の足跡。そんな価値あるジュエリーを紹介する。

↑ページTOPへ戻る

 

過去連載記事

TEXT=安岡将文

PHOTOGRAPH=秦淳司

STYLING=櫻井賢之

HAIR&MAKE-UP=MAKOTO(juice)

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ4月号』が2月24日に発売となる。簡単には経験できない、人生を変える過激な旅を総力取材。さらに旅のエキスパートたちの相棒アイテムも紹介。プロスケーター高橋大輔の貴重な撮り下ろしカットを多数掲載収録。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる