MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

FASHION

2024.01.27

ヴァン クリーフ&アーペル、遊び心あふれる3つのジュエリーコレクション

連載「I Don’t WEAR Jewelry. I WEAR Art」。第21回は、伝統と革新を繰り返すヴァン クリーフ&アーペル。

ヴァン クリーフ&アーペルのジュエリー

繊細にして印象深い、シンプルななかに存在する精神性

言わずと知れた世界5大ジュエラー。創業は1906年のパリ。さまざまなコレクションを生みだすなか、2008年に誕生したのが「ペルレ コレクション」だ。

特徴は、繊細なゴールドビーズのデザイン。小さな粒が連なる姿は、シンプルにして実に多彩な表情を見せる。素材によって、貴石との組み合わせによって、ゴールドビーズはゴージャスにもポップにもなる。

腕に纏ったのは、イエローゴールド、ローズゴールド×ダイヤモンド、ホワイトゴールド×ダイヤモンドのリングとブレスレット。どれほど重ね着けをしても上品で、品格ある姿に見せてくれる。

ヴァン クリーフ&アーペルの「ペルレ コレクション」
ブレスレット[上]¥3,630,000、ブレスレット[真ん中]¥990,000、ブレスレット[下]¥3,418,800、リング[人差し指]¥379,500、リング[薬指]¥1,174,800(すべてヴァン クリーフ&アーペル/ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク TEL:0120-10-1906)、ジャケット¥470,800(ランバン/コロネット TEL:03-5216-6518)

飾る、魅せるではなく、愛でるという楽しみ方

1950年に発表された「ラ ブティック コレクション」。動物の愛らしい姿をジュエリーへと落としこむ提案は当時大きな話題を呼んだ。その遊び心は現在「ラッキー アニマルズ コレクション」にて引き継がれ、胸に飾るクリップではカエルが象(かたど)られた。

18Kイエローゴールドにビーズの縁取りが施され、美しいグリーンにはマラカイト、ホワイトにはマザー オブ パール、さらに瞳にはオニキスがあしらわれる。

そんなコレクションとともに、メゾンの伝統を受け継ぐのが「ゾディアック コレクション」。’50年代以降12星座をテーマに、メダルやチャームで表現。18Kイエローゴールドのメダルに刻まれた射手座のデザインは、お守りのような存在となってくれるはず。

ヴァン クリーフ&アーペルの「ラッキー アニマルズ コレクション」と「ゾディアック コレクション」
メダル¥352,000、チェーン[70cm]¥202,400、クリップ¥1,161,600(すべてヴァン クリーフ&アーペル/ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク TEL:0120-10-1906)、ジャケット¥470,800(ランバン/コロネット TEL:03-5216-6518)

■連載「I Don’t WEAR Jewelry. I WEAR Art」とは……
時にファッションとして、時にシンボルとして、またはアートに……。ジュエリーを身につける理由は、実にさまざまだ。だが、そのどれもがアイデンティティの表明であり、身につけた日々は、つまり人生の足跡。そんな価値あるジュエリーを紹介する。

↑ページTOPへ戻る

TEXT=安岡将文

PHOTOGRAPH=秦淳司

STYLING=櫻井賢之

HAIR&MAKE-UP=MAKOTO(juice)

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる