MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

FASHION

2024.03.06

現代のキング・オブ・ダイヤモンド「グラフ」の最高峰ジュエリー

連載「I Don’t WEAR Jewelry. I WEAR Art」。第23回は、ダイヤモンドの輝きでジュエリーの本質を提示するグラフ。

グラフのジュエリー

ダイヤモンドの純粋な魅力を余すことなく楽しむ

小指のエタニティリングは、ダイヤモンドの輝きを最大に引きだすために裏側がスケルトンになったプラチナ製のもの。エメラルドカットされたダイヤモンドから放たれる強い煌めきは、まさしくダイヤモンドの魅力を知り尽くしたハイジュエラーならではといえる。

人差し指には「ローレンス グラフ シグネチャーシリーズ」のリングを3連で重ねづけ。多面的なファセットを施したゴールドにパヴェダイヤモンドをセットしたリングは、ダイヤモンドの輝きをコンテンポラリーな顔つきへと導いてくれる。

時にプリミティブに、時にアーティスティックに、ダイヤモンドは無限の表現力を持つ。

グラフのリング
リング人差し指上¥344,000、中¥1,000,000、下¥414,000、小指¥10,160,000(すべてグラフ/グラフダイヤモンズジャパン クライアントサービス TEL:0120-667-687)、パンツ¥757,900(リック・オウエンス/イーストランド TEL:03-6231-2970)

その輝きは、ジュエリー史における転換点の印

バゲットカットダイヤモンドを敷き詰めたクロスペンダント。全体にあしらわれたバゲットカットダイヤモンドのシャープな輝きが、コンテンポラリーな存在感を印象づける。

クロスモチーフはクラシックであるが、エッジのきいたシルエットは実にモダン。そのバランス感こそ1960年に始まり一代で「21世紀のキング・オブ・ダイヤモンド」の称号を得たグラフの神髄だ。

創業者ローレンス・グラフ氏は、多くのデザイナーを輩出したセントラル スクール オブ アーツ&クラフツで修学し、22歳という若さでグラフを設立。歴史に名を残すダイヤモンドを数多く手がけ、わずか60年余りでトップジェエラーに名を連ねた。このペンダントの輝きもまた、それを称える。

グラフのネックレス
ペンダント¥13,750,000、(グラフ/グラフダイヤモンズジャパン クライアントサービス TEL:0120-667-687)、タンクトップ¥162,800(リック・オウエンス/イーストランド TEL:03-6231-2970)

■連載「I Don’t WEAR Jewelry. I WEAR Art」とは……
時にファッションとして、時にシンボルとして、またはアートに……。ジュエリーを身につける理由は、実にさまざまだ。だが、そのどれもがアイデンティティの表明であり、身につけた日々は、つまり人生の足跡。そんな価値あるジュエリーを紹介する。

↑ページTOPへ戻る

TEXT=安岡将文

PHOTOGRAPH=秦淳司

STYLING=櫻井賢之

HAIR&MAKE-UP=MAKOTO(juice)

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる