MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

FASHION

2023.10.17

「チャールズ国王の婚礼時のスーツは?」英国ブランド専門家に聞く、ブリティッシュルール

ルールがあり、理論があるからこそ、時代の変遷に揺るがされることなく、スーツは100年以上も着られ続いている。しかし、そこには着る人、着せる人、つくる人の独自の理念がある。BLBG代表取締役CEOの田窪寿保氏に聞く、スーツとは――。【特集 テーラード2023】

田窪寿保氏
田窪寿保
BLBGブリティッシュ・ラグジュアリーブランド・グループ 代表取締役CEO
1966年東京生まれ。ヴァージンアトランティック航空を経て、1998年に現会社設立。グローブ・トロッターやギーブス&ホークス、ターンブル&アッサーをはじめとしたイギリスの名門や名品を数多く日本に紹介する。ヴァルカナイズ・ロンドンを運営。

原理原則を知ったうえで、ルールチェンジする

「昨今、クラシック回帰やスーツの復権などいろいろと言われていますが、とはいえ結局のところ何が源流なのかまで、正しくたどり着いていない気がします。それは、もちろんイギリス。現代においてはブリティッシュクラシックだけがスーツではなく、モードなスーツだって確立された存在であり、その概念が変化していることを否定するつもりはありません。

しかし、変化が急激すぎるので、本当の基本を忘れてしまっているように思えます。例えば、スーツがもともとは軍隊のユニフォームであったことなども、なおざりにされている気がします。よく雑誌などで紹介されているスーツにおける基本も、現代における基本であったりしますから。

とはいえ、決して原理原則に従うべき、と言いたいわけではありません。例えばチャールズ国王がロイヤルウエディングに出席する時に、ターンブル&アッサーの吊るしのスーツを着てくるんです。そうした“遊び”も楽しさだと思います。ただし、ビスポークを極めたチャールズ国王だからこそ様になることを忘れてはいけないのです。

1980〜’90年代にかけて、原則一辺倒なイギリスのスーツに対する評価が著しく下がったことがありました。その後、EUに加盟した頃からカルチャーミックスが起き、昨今にかけて柔軟に新たな提案を行うテーラーが出現してきました。スーツの聖地・サヴィル・ロウには、今も才能ある若手がたくさん活躍しています。

実はイギリスには、既存の伝統を敢えて否定する考え方が、かねてよりあるんです。イギリスは常に原則的で、伝統を重んじ、不変性を好むというのは、日本人が勝手に思い込んでいるだけ。ジェントルマンがいる一方で、パンクを生みだしていたり。映画『オースティン・パワーズ』で描かれた’60年代のスウィンギング ロンドンも然りです。

このようにイギリスはルールメイカーでありルールチェンジャーでもあるんです。つまり、伝統と同時に革新も存在しています。その両輪が揃ってこそ、イギリスなのです。ただし、そのチェンジのやり方が実にイギリスらしい。伝統や歴史をある意味で皮肉った、逆に言えば伝統や歴史をしっかりと理解したうえでの“チェンジ”なんです。

スーツには、100万円のビスポークもあれば5万円の吊るしもある。着る人が何を求めるかによりますが、現実的に日常で着るスーツを求めるなら、僕はパターンオーダーで十分と考えています。ただ、現代のイギリス紳士も、吊るしのスーツを堂々と着ています。スーツにおいて何が大切なのか、また着る人をどう美しく見せるかを知り尽くしているテーラーのつくるスーツであれば、吊るしでもいいスーツにたどり着くはずです。

ことスーツになると、どうもテクニカルなことにこだわり、形骸化したスタイルに凝り固まった方をよく見かけます。もう少し肩の力を抜いてもいいのではないでしょうか。トレンドもさほど気にする必要はないと思います。本質を押さえたスーツを直しながら着ればいいんです。イギリスのスーツは、まさにそんな存在だと思っています。

大切なのは、あくまでも着る人のスタイル。それが表現できているのなら、いつの時代も変わらず、それでいていつの時代も様になるはずです。さまざまなスタイルが世に溢れている今こそ、そんなイギリスのスーツの魅力を再認識できると思います。『なるほど、結局、これでよかったんだ』と」

「ハケット ロン ドン」のパーソナルテーラリング
こちらはギーヴス&ホークスの定番のレディメイドスーツ。「イタリアンやアメリカン、はたまたフレンチなど、さまざまなスーツスタイルを楽しんでこられた方ほど、魅力を感じてもらえると思います。スーツは、これでいいのだと」。ブリティッシュと聞くだけで身構える人も多いが、田窪社長によれば「肩の力を抜いて楽しんでください。本質を押さえたブリティッシュスーツなら、誰しもがサマになるから」と。
ギーヴス&ホークスのレディメイドスーツ
ヴァルカナイズ・ロンドンが提案する「ハケット ロンドン」のパーソナルテーラリング。チェルシー・メイフィア・ウィンザー・ベルグラビアの4型をベースに、自分だけの1着に仕立ててゆく。「サヴィル・ロウに行かなくても十分なテーラリング術を、ここ日本でも堪能していただけます。ビスポークでなくとも、誰もがスーツの本質をしっかりと理解していただけるかと」。ならば、初めてのスーツとして選ぶのも、悪くない。

【特集 テーラード2023】

この記事はGOETHE2023年11月号「総力特集:型にはまらない紳士服」に掲載。▶︎▶︎購入はこちら

TEXT=安岡将文

PHOTOGRAPH=舛田豊明

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる