MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

FASHION

2023.06.15

エルメスの雨具、セレブ愛用長靴etc.最上級レインウェア6選【まとめ】

雨の季節に頼れる、エグゼクティブのための最強レインギアを厳選。※2023年5〜6月掲載記事を再編。【2023夏の最上級ギア】記事を再編。

最強レインギア6選

1. エルメス、最上級レインウェア&ハット。軽量撥水素材

エルメスのフーデッドパーカとボブハット

雨が続くレイニーシーズンは、とかく気分まで憂鬱になるものだ。

それは主に気圧の変化が引き起こす「気象病」として医学的なエビデンスも得られていることだが、そんな憂鬱さを払拭してくれるに違いないのが、エルメスが2023年春夏プレタポルテショーにて発表したパーカとハットだ。

双方とも撥水加工を施した軽量テクニカル素材で、パーカは着脱式フードや遮風性を高めるウエストドローコード、ムレを抑える脇のベンチレーションなど、雨の日を快適に過ごすための機能が満載。

さらに特筆すべきは、軽やかで美しいライラックカラーのワントーンで統一されている点であり、羽織れば気分まで晴れやかになる。これぞ最上級のレインギアだ。

【続きはこちら】
 

2. ジョンロブ、雨の日用ドレスシューズの最高峰

ジョン ロブのドレスシューズ

この時期、ビジネスパーソンなら誰もが悩むのが、雨の日に履くシューズだ。

レザーのドレスシューズは間違っても濡らしたくないが、ラバーのレインブーツなどはエレガンスに欠けてしまうからである。

そんなビジネスパーソンにとっての永遠のジレンマを解決してくれる“最上級の答え”がジョンロブの撥水レザー「アクアカーフ」を用いたドレスシューズだ。

撥水レザーは人工的な表情になりがちだが、アクアカーフはナチュラルかつスムースな高級レザーそのものであり、ジョンロブならでは一流の流麗なフォルムと相まって格式高いエレガントな足元をキープ。

防滑(ぼうかつ)性に優れたラバーソールと組み合わせ、雨の日のジレンマを永遠に解決してくれる1足が完成した。

【続きはこちら】
 

3. エンポリオ アルマーニ、全天候型の最上級コート

エンポリオ アルマーニの2wayコート

急に雨が降ったかと思えば、すぐに晴れ渡る。汗ばむような強い日差しが翳(かげ)ると、冷たい風が肌を撫(な)でる。気候が変わりやすく、時間帯による寒暖差も激しいのがこの季節。天気予報を入念にチェックしても、どんな服を着て出かけるのが正解かは、なかなかわからない。

その点、エンポリオ アルマーニの新作コートを着れば、目まぐるしく変わる気候にも対応できるはず。コットンライクなポリエステル素材は撥水加工が施され、雨を弾くだけでなく、晴れの日に羽織ってもまったく違和感はない。

さらにそのまま着れば膝上丈のバルカラーコートだが、ウエストのジッパーで裾が着脱でき、外すとショートブルゾンに早変わりする。全天候に対応する最上級コートだ。

【続きはこちら】
 

4. ブリオーニ、大人のための最高峰の傘

ブリオーニの傘

紳士服はトータルコーディネイトが鉄則である。

つまり、スーツ、シャツ、ネクタイをはじめ、すべてのアイテムが完璧に調和してこそ完成を見るもの。ハズしや抜け感といった技に走るよりも、細部まで調和を心がけることが、結局は上級者への早道となるはずだ。

ブリオーニの傘は、まさに紳士のスタイルと調和する1本である。

黒地にグレーのストライプが走るテクニカルファブリックに、チェスナットシャフト、オーストリッチレザーの革巻きハンドル。ラグジュアリーなだけではない、正統なエレガンスを感じるデザインだ。

さらにハンマー加工のメタルロゴプレートが手仕事の妙味を加える。もちろんカジュアルでも活躍する、現代紳士の最上級傘である。

【続きはこちら】
 

5. ホワイトマウンテニアリング、軽量ゴアテックスの雨用コート

ホワイトマウンテニアリングの高機能レインコート

レインギアを選ぶうえで考慮したいことのひとつが携帯性である。

なぜなら雨は、継続的に降ることもあれば断続的なこともあり、いざというときに備えてレインギアを持ち歩くことは少なくないからだ。

ホワイトマウンテニアリングのコートは、そんなレインギアの勘所を押さえた最上級品である。

防水素材の最高峰ゴアテックスのなかでも、薄手で軽量性に優れたゴアテックス パックライト プラスを採用。

裏地のない一枚仕立てでかさばらず、たたんでブリーフケースに収まるほどだ。

それでいて防水性は折り紙付きであり、透湿性やベタつきにくい肌離れのよさを備え、夏場の急な雨でも快適に凌ぐことができる。

モッズコート風の都会的スタイルもクールだ。

【続きはこちら】
 

6. ボッテガ・ヴェネタ、セレブも愛用する最上級レインブーツ

ボッテガ・ヴェネタのレインブーツ

防水性に履き心地、ファッション性など、レインブーツを選ぶ際のポイントはいくつかある。

どれも外したくないが、ボッテガ・ヴェネタはそこに新たなポイントを提示した。それはサステナビリティ、すなわち持続可能性である。

2020年秋冬コレクションにてボッテガ・ヴェネタが初披露した「パドルブーツ」は、素材に生分解性ポリマーを使用。

生分解とは微生物によって分解され、最終的には水と二酸化炭素になる、つまり土へと還るということだ。

製造過程で発生する規格外品や余剰材も再利用が可能であり、発生する廃棄物が非常に少なく、高い持続可能性を実現している。射出成形による一体構造で防水性も十分な、最上級レインブーツだ。

【続きはこちら】

TEXT=竹石安宏(シティライツ)

PHOTOGRAPH=鈴木規仁

STYLING=久保コウヘイ

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる