MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

FASHION

2023.05.20

野口強が提案、シックに着こなすレインウェアコーデ6選

紳士たるもの、少々の雨であれば濡れて歩くほうが潔く格好いいというもの。だが、いかんせん日本の梅雨は雨量も多いうえ、高温多湿だからやっかいだ。機能的かつシックなレインウェアで憂鬱な時期を快適に。レインウェア、コーディネイト編。スタイリスト・野口強による連載「The character of G」。

レインウェアコーデ6選

1. コム デ ギャルソン・オム/ふだんの装いにさり気なく取り入れられる通な本格派

オーセンティックなフィールドジャケットを、ナイロンやピケ素材で軽量かつモダンにアレンジ。脇下のベンチレーションなど、機能性も完璧。

コム デ ギャルソン・オムのレインウェア

ジャケット¥92,400、パンツ¥38,500(ともにコム デ ギャルソン・オム/コムデ ギャルソン TEL:03-3486-7611) ニット¥36,300(マッキントッシュ クラフテッド バイ バトナー) シャツ¥36,300(マッキントッシュ/ともにマッキントッシュ ギンザシックス店 TEL:03-6264-5994)

 

2. ハンター/バッグの中に忍ばせたい、軽量コンパクトなポンチョ

デイリーユースはもちろん、雨天のアウトドアやフェスでも活躍しそうな極薄・軽量なナイロンポンチョ。携帯に便利なパッカブルで、ユニセックス仕様。伸縮自在なストラップや袖口のスナップボタンなど、機能面も優秀だ。

ハンターのレインウェア

ポンチョ[参考商品]、ブーツ¥20,900(ともにハンター/ハンタージャパン カスタマーサービス TEL:0120-563-567) パンツ¥31,900(エンジニアド ガーメンツ/エンジニアド ガーメンツ TEL:03-6419-1798)

 

3. マッキントッシュ/オーセンティックな1着をモードなテンションで纏う

マッキントッシュのトレンチコートの原型となったタイロッケンコート「ラガン」がリニューアル。半裏に鮮やかなオレンジを配したオーバーサイズシルエットは、シンプルに着るだけでスタイリッシュなムードに。

マッキントッシュのタイロッケンコート「ラガン」

コート¥198,000(マッキントッシュ/マッキントッシュ ギンザシックス店 TEL:03-6264-5994) レーシングスーツ¥70,400(エンジニアド ガーメンツ/エンジニアド ガーメンツ TEL:03-6419-1798) 他スタイリスト私物

 

4. マッキントッシュ/ポップな柄との粋な対比がコートの魅力を一段あげて

米海軍のデッキパーカが着想源の「カークトン」は、ボディと一体型のフードが雨風の侵入をブロック。

の「カークトン」

コート¥198,000(マッキントッシュ/マッキントッシュ ギンザシックス店 TEL:03-6264-5994) ジャケット¥60,500、パンツ¥35,200(ともにニードルズ/ネペンテス TEL:03-3400-7227) シャツ¥139,700(ポール・ハーンデン・シューメーカーズ/モアライド TEL:03-6450-2620) 傘¥48,400(フォックス・アンブレラ/ヴァルカナイズ・ロンドン TEL:03-5464-5255)

 

5. バブアー/オーセンティックな1着は、重ね着映えするスタイルで

バブアーのワックスジャケットのなかでも、長めのレングスとポーチャーズポケットなどの収納力が出色な「ボーダー」。選ぶなら、スーツやセットアップに羽織っても着ぶくれして見えないオーバーサイズモデルがお薦め。

バブアーのレインウェア

コート¥67,100(バブアー/バブアー パートナーズ ジャパン TEL:03-6380-9170) ジャケット¥95,700、パンツ¥42,900(ともにコム デ ギャルソン・オム/コム デ ギャルソン TEL:03-3486-7611)

 

6. ポール・ハーンデン・シューメーカーズ/雨の日に着てこそ絵になる、高密度素材のロングコート

ヴィンテージのような佇まいのロングコートは、表地の織りの打ち目を高密度にしているため、少々の雨なら弾いてくれる。なるべく傘を持ち歩きたくない手ぶら派にはもってこい。

ポール・ハーンデン・シューメーカーズのレインウェア

コート¥514,800、ジャケット¥363,000、シャツ¥139,700、パンツ¥279,400(すべてポール・ハーンデン・シューメーカーズ/モアライド TEL:03-6450-2620) ブーツ¥13,200(バブアー/バブアー パートナーズ ジャパン TEL:03-6380-9170)

TEXT=畠山里子

PHOTOGRAPH=戎康友

STYLING=野口強

HAIR&MAKE-UP=TAKU(VOW-VOW for CUTTERS)

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる