MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

CAR

2023.11.28

エンジン音で名声を得た「アバルト」が、無音の電気自動車をつくると……こうなる!【試乗】

エンジンで名を成した自動車ブランドは、電気自動車の時代にどうやって差別化を図るのか。アバルト500eに試乗しながら考えた。 ■連載「クルマの最旬学」とは

アバルト500e

電気自動車でも武闘派の演出

アバルトというブランド名を聞くと、クルマ好きは特別な感情を抱く。第二次大戦後、伝説のチューナーだったカルロ・アバルトが立ち上げたこのブランドは、高度な技術力でエンジンをチューニング、1950年代から60年代のサーキットで大暴れをしたのだ。

小排気量のエンジンを極限までチューンアップした小さな赤いクルマが、大排気量エンジンを積む有名ブランドを追いかけ回す姿は伝説となっている。そんなわけでアバルトは、クラシックカー市場でも大きな人気を集めている。

その後、1970年代にアバルトはフィアットに吸収されるけれど、その後もアバルトの各モデルは、刺激的なエグゾーストノート(排気音)で存在感を放っていた。

「ブババババ」というエキサイティングな音で自ブランドの個性を表現していたアバルトが、BEV(バッテリーに蓄えた電気で走るピュアな電気自動車)を発表すると聞いて、こりゃおもしろいと直感した。ご存知のように、モーターで駆動するBEVはほぼ無音で無振動。エキサイティングな音で名声を得たアバルトがどう対応するのか。早速、アバルト500eに試乗した。

アバルト500e
アバルト500eには、ハッチバックとカブリオレの2種類のボディ形状がある。価格は前者が615万円、後者が645万円となる。

外観のスタイリングは、ベースとなったフィアット500eから大きな変化はない。ただし、アルミホイールやボディサイドにあしらわれたサソリのエンブレムが、ただ者ではない雰囲気を漂わせる。ちなみにこのエンブレムは、創始者のカルロ・アバルトがサソリ座の生まれだったことにちなむ。

ブラックを基調にしたインテリアはスポーティな装いで、グリップの太いステアリングホイールを握ると気分が高まる。ステアリングホイールの頂点に青いマーカーがあるけれど、これは競技中にぐるぐるとステアリングホイールを回したときに、センターの位置を把握するための目印。アバルトは、BEVの時代にあっても武闘派なのだ。

ところが……。

アバルト500e
メーター類のレイアウトは、基本的にはフィアット500eと共通。ブラックで統一されたインテリアが、レーシィな印象を与える。

2年の歳月を費やしてエンジン音を開発

システムを起動して走り出すと、アバルト500e音もなく、スムーズに発進した。乗り心地がしっとりと落ち着いているのは、重量物であるバッテリーを床下に敷き詰めるレイアウトによるものだろう。

良い、悪いで言えば、静かで乗り心地も快適な良いクルマだ。でも、アバルトらしいかと問われれば、首を横に振らざるを得ない。爆音とともに、飛び跳ねるようにやんちゃに走るのがアバルトらしさだったからだ。

ここで、タッチスクリーンを操作して、レコードモンツァと呼ばれるサウンドジェネレーターを立ち上げる。レコードモンツァとは、エンジン車を作っていた頃のアバルトの名物商品で、簡単に言えば爆音マフラー。さらに遡れば、1950年代後半のモータースポーツシーンを席巻した名車、フィアット・アバルト750レコルト・モンツァ・ザガートに由来する。

アバルト500e
エンジンが存在しないアバルト500eは当然ながら排気もなく、ご覧のようにマフラーも存在しない。

内燃機関のないBEVは、当然のことながら排気はゼロで、マフラーもない。では、どうやって音を再現するのか?

荷室の床下にアンプを、ボディの底にスピーカーを配置して、疑似エンジン音を響かせるのだ。レコードモンツァの存在を知ったときには、ギミックかと思ったけれど、これが想像よりはるかに良くできていた。アクセルペダルの踏み加減に応じて、微妙に音色を変えたり、アクセルペダルから足を離してブレーキペダルを踏む瞬間の音の変動を再現するなど、ドライバーの動きに追従する。

音が出ると気分がアガるのと同時に、エンジン車で育った身としては、やはり音の高まりを手がかりに運転していたことを思い知らされる。

ただし、音質がゲームっぽいのは間違いなく、ずっとこの音を聞きながら走らせていると、正直、飽きる。個人的には、気が向いたときに遊ぶくらいがちょうどいい。ちなみに音量はなかなかのもので、深夜や早朝にガレージから出す際は、オフっておくほうが無難だ。

このレコードモンツァ、騒音と振動に対応する部署とサウンドデザインスタジオが共同で開発したとのことで、2年の歳月をかけて完成させたという。加速、減速、そしてブレーキなどあらゆるシーンでエンジン車の音を録音し、アバルトの特徴的な周波数をすべて抽出することで実現した。

アバルト500e
レコードモンツァというサウンドジェネレーターは、このような操作で呼び出すことができる。

アバルトは、無音のBEVで個性を表現するために、あえてエンジン音を作った。他社もBEVの音についてさまざまな取り組みをしており、たとえばBMWだったら映画音楽の作曲家と協力して、未来的な音が出る仕組みを開発した。

現状ではどこも試行錯誤で、決定打となるような解は出ていない。けれども過渡期であるからこそ各社それぞれのチャレンジを経験することができる、いまはおもしろい時期なのだ。

アバルト500e
アバルト500e
 全長×全幅×全高:3675×1685×1520mm
ホイールベース:2320mm
駆動方式:前輪駆動
モーター最高出力:114kW(155ps)
モーター最大トルク:235N・m
バッテリー:リチウムイオンバッテリー
価格:615万円(税込)〜

問い合わせ
ABARTH TEL:0120-130-595(受付時間9:00~21:00、年中無休)

サトータケシ/Takeshi Sato
1966年生まれ。自動車文化誌『NAVI』で副編集長を務めた後に独立。現在はフリーランスのライター、編集者として活動している。

■連載「クルマの最旬学」とは……
話題の新車や自動運転、カーシェアリングの隆盛、世界のクルマ市場など、自動車ジャーナリスト・サトータケシが、クルマ好きなら知っておくべき自動車トレンドの最前線を追いかける連載。

↑ページTOPに戻る

この連載をもっと読む

連載
クルマの最旬学

話題の新車や自動運転、カーシェアリングの隆盛、世界のクルマ市場など、自動車ジャーナリスト・サトータケシが、クルマ好きなら知っておくべき自動車トレンドの最前線を追いかける連載。

TEXT=サトータケシ

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ4月号』が2月24日に発売となる。簡単には経験できない、人生を変える過激な旅を総力取材。さらに旅のエキスパートたちの相棒アイテムも紹介。プロスケーター高橋大輔の貴重な撮り下ろしカットを多数掲載収録。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる