MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

CAR

2023.04.20

レクサス初のBEV専用モデル「RZ」の実力とは<試乗>

レクサス初のBEV(バッテリー式電動車)専用モデルとして、電動化技術がもたらすレクサスらしいクルマをデザインし、走りの面でも体現。BEVを軸とするブランド変革の起点となるのが、このレクサスRZだ。前後にモーターを搭載し、それに「DIRECT4」なる独自の4輪駆動技術を組み合わせ、モーターならではのリニアな加減速、しなやかかつスムーズな乗り味と気持ちのよい操舵性を実現する。連載「NAVIGOETHE」とは……

レクサスRZ

いわゆるミドルサイズSUV。余裕のある2850㎜のホイールベース内下部をバッテリースペースとすることで71.4kWhの大容量バッテリーを確保&低重心化を実現した。満充電時における航続可能距離は約500㎞を予定。

“らしさ”を満載したレクサスの新世代BEV

2035年までにはグローバルで全販売車両の100%BEV化を目指しているレクサス。レクサスRZはそんな同ブランドにおいてUX300eに次ぐ第2弾のBEVであり、専用設計・専用銘柄としては初めてのモデルにもあたる。

そのスタイリングにおいて特徴的なのは、従来のスピンドルグリルが車体前部と一面化することで生みだされる未来的な顔立ちだ。“スピンドルボディ”と呼ばれるこの意匠は、熱源の小さな電動化車両の機能的特徴をデザインにインテグレートしたもので、先に発売された新型RXなども同じ韻を踏むかたちでグリルデザインを刷新している。

お察しの方もいらっしゃるだろうが、RZのベースとなっているのは同門のトヨタ側でサブスクリプション扱い銘柄となっているbZ4Xだ。が、モーターの出力や駆動マネジメント、サスペンション設定などすべてはRZ専用となるほか、ボディも設計、素材、工法とすべてが異なっており、当然ながら各部剛性も別物となっている。

もちろん内装のデザインも違えており、トリムの質感からイルミネーションなどの演出、インフォテインメントや遮音制振関係にいたるまで、レクサスクオリティが踏襲された。特徴的なのは人工皮革のL-TEXやバイオ素材を30%使用したウルトラスエードなどの代替品を用いることで、アニマルフリー化を果たした。次世代の新しい選択肢たり得るのみならず、実物に触れてみると清潔感とともにレクサスらしいラグジュアリー性を感じ取ることができた。

レクサスRZのコックピット

ドライバーオリエンテッドなコクピット。タッチパネル液晶に加え、新たにダイヤルシフトノブを採用。

レクサスらしさを追求し続ける

床下に配されるバッテリー容量はbZ4Xと同じ71.4kWh。日本仕様の航続距離は約500㎞と想定される。充電時間はbZ4Xの場合、家庭用6kWの普通充電で0〜100%まで約12時間。50kWの急速充電では約60分で80%まで回復するというが、ほぼ同じ性能だろう。

レクサスRZの充電口

急速充電CHAdeMO規格、200V普通充電に対応。10年後の電池容量維持率は90%以上を開発目標とし、劣化抑制機能も備わる。

モーターは前後軸各々に配されており、その出力は前が150kW、後ろが80kW。ちなみに0→100㎞/h加速は5.6秒と、数字を上げるだけならまだまだ余剰はあるはずだ。が、十二分な速さとともにその動的質感にこだわってのチューニングだと思われる。貯めた電気をジャバジャバ流しての馬鹿げた加速こそがBEVという価値観はあまりに本末転倒だし、古すぎる。

それゆえ、RZの走りはどこまでもすっきりと整っていることが印象的だ。加減速の粒立ちは絹漉(きぬご)しのように滑らかで、ドライバーの急な操作にも爪を立てることなくしなやかに、でも素早く応答する。

レクサスRZの後ろ姿

走りのコンセプトは“The Natural”。操作に対して車両が素直に応える乗り味を実現する。

ボディ剛性はすこぶる高いが、ステアリングやサス回りの剛性感もそれに負けていない。鋼の頑強さで曖昧な動きをとことん排しながらも乗り心地には温かみがある。BEV化はレクサスの走りの世界観を体現するに、とても相性がいいように思えてくる。

チーフエンジニアとしてRZをはじめ、レクサスの電動化をエンジニアリング面でこれまで牽引してきた渡辺剛氏は、2023年3月付けでレクサス・インターナショナルのプレジデントに電撃就任を果たした。

レクサスRZと渡辺剛氏

レクサス・インターナショナル
プレジデント
渡辺剛

1972年群馬県生まれ。1993年トヨタ自動車入社。エンジン開発、レクサスFR車製品企画を経て、2017年よりレクサスEVモデルの企画、指揮を執る。2023年3月、これまでプレジデントを務めてきた佐藤恒治氏(2023年4月よりトヨタ自動車CEO)からバトンを渡されることが発表された。

「このRZ然り、我々がこだわる『LEXUSらしさとは何か?』ということをこれからも追求し続ける。レクサスブランドのクルマを見て、乗って、走りだした瞬間にこれはレクサスだ! と感じられる、ブランドとしての一貫性・共通性を持ったクルマづくりを、今後もより深化させていきたいと思っています」

2035年、100%BEV化への目標を掲げて、躍進をし続けるレクサスブランド。今後、氏の手腕でレクサスは間違いなくBEVラインナップの厚みを増していくことになる。RZはその皮切りとして間もなく日本での販売を開始する。

ステアバイワイヤシステム

開発中の新技術「ステアバイワイヤシステム」。左右150度ほどの切れ角でUターンなど持ち替えなしでハンドル操作が可能に。

レクサスRZのスポーツコンセプト

レクサスRZのスポーツコンセプト。レーシングドライバーの佐々木雅弘選手が監修をし、レーシーな専用ボディで武装。リアモーターを80kWから150kWへと出力強化している。

並ぶレクサスRZ

<SPEC>
レクサス RZ 450e
ボディサイズ:全長4805×全幅1895×全高1635㎜
ホイールベース:2850㎜
駆動方式:AWD
電池容量:71.4kWh
出力フロント:150kW
出力リア:80kW
航続距離:約500㎞
2023年春発売、価格未定。

問い合わせ
レクサスインフォメーションデスク TEL:0800-500-5577

■連載「NAVIGOETHE」とは……
魂を刺激する、見て・乗って・操る楽しさのあるクルマ。所有欲をくすぐるステータスシンボルから、クルマと対話できる生粋のスポーツカー、ヘリテイジのある一台まで、連載NAVIGOETHEでは、大人の我儘をかなえる、心躍るクルマを紹介する!

↑ページTOPへ戻る

過去連載記事

この連載をもっと読む

連載
NAVIGOETHE

魂を刺激する、見て・乗って・操る楽しさのあるクルマ。所有欲をくすぐるステータスシンボルから、クルマと対話できる生粋のスポーツカー、ヘリテイジのある一台まで、連載NAVIGOETHEでは、大人の我儘をかなえる、心躍るクルマを紹介する!

TEXT=渡辺敏史

PHOTOGRAPH=デレック槇島(StudioMAKISHIMA)、レクサス

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる