MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2022.10.10

門前仲町のビストロ「渡辺料理店」とは? 銀座レカン元総料理長のレストランを紹介

2022年7月、門前仲町にオープンしたのはアラカルトで気軽に楽しめるスタイルのビストロ。「銀座レカン」元総料理長が腕を振るうレストラン「渡辺料理店」を紹介する。

「渡辺料理店」

「シャルキュトリー 肉前菜盛り合わせ」¥4,300。写真はパテ・ド・カンパーニュや白レバームース、ブーダンノワール、豚ももジャンボンハムなど。

名人の技が冴える、極上のビストロ「渡辺料理店」

「揺るぎない美味しさがあるフランスの伝統料理に少しのエスプリを加え、奇を衒わずに美味しさを伝えていきたい。なるべく多くの人に伝えられるように、入りやすい店をつくりたい」

そんな想いを込めて門前仲町の路地にビストロをオープンした渡邉幸司氏は、名店「銀座レカン」の元総料理長。十分すぎる経歴を持っているにもかかわらず開業前に豊洲市場の鮮魚店に9ヵ月勤めたのは、「日本でビストロをやるメリットは質のよい鮮魚を使えること」だと考えたためだとか。

「渡辺料理店」

左:オーナーシェフの渡邉幸司氏。右:門前仲町の路地に2022年7月オープン。店名の最後の「店」は関西式に「みせ」と読む。

「渡辺料理店」

フォアグラのコクと柳松茸の風味、アーモンドの香りがハモの旨味を引き立てる「ハモのムニエル」は時価。バターソースと根セロリのピュレで。

「渡辺料理店」

「ニュージーランド産仔羊ロースト」¥3,500。仔羊のダシに玉ねぎの甘みを加えて酸味を利かせたソースと、ハーブバターソースで。

関西で好まれる魚のハモの身にフォアグラと柳松茸を包んで焼いた「ハモのムニエル」は、魚に恵まれた日本という国のアドバンテージを生かしつつ、大阪出身のシェフのアイデンティティも投影した秋メニューのひと皿。手間暇かけて作られた自家製シャルキュトリーや、火入れが絶妙なロースト料理などと合わせて楽しみたい逸品だ。

黒板のメニューには和牛ほほ肉の赤ワイン煮込みやフランス各地の郷土料理など、ベーシックなアラカルトが約20品。数人で料理をシェアして、ワインと一緒にビストロらしい時間を満喫したい。

渡辺料理店
住所:東京都江東区富岡1-2-9 エンゼルII 1F
TEL:03-6381-8899
営業時間:11:30~L.O.13:00、18:00~L.O.21:00
定休日:月曜、他不定休あり
席:カウンター5 席、テーブル12席
料金:ワイン/グラス1,000円台~、ボトル4,000円台~

【関連記事】
焼肉やっちゃん 西葛西店|秋元康が指原莉乃の誕生日会に選んだ、気取らず飲める大衆焼肉店1日1組限定! 伊勢志摩・英虞湾に浮かぶ極上鮨店「鮨裕 禅」
中田英寿が厳選! 飲みやすい日本酒5選
新幹線1時間で行けるビール天国。いま、静岡のクラフトビールが面白い!
CROSSOM MORITA|携帯禁止、私語厳禁。 ルールの先にある美味な肉懐石
食堂とだか|"口福"の絶頂体験が待つ、食いしん坊のためのエンタメ食堂

NAVIGATOR
Megumi Komatsu

気軽に美味しいものを楽しめるアラカルトのお店は何軒知っていても困らない。今回の2軒は親しい友人と積もる話をしたい時にもピッタリ。Instagram:@komatsung

この連載をもっと読む

連載
仕事に効くレストラン

TEXT=小松めぐみ

PHOTOGRAPH=上田佳代子

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる