MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2022.03.26

都心から足を延ばして訪れたい名店「とんかつ 成蔵」「やきとり shira」

秋元康、小山薫堂、中田英寿、見城徹の美食を探求する4兄弟の偏愛レストランを大公開するゲーテレストラン大賞「ゲーテイスト」から、都心から少し足を延ばして訪れたい、私鉄沿線の名店をまとめてご紹介。※GOETHE2020年6・7月号掲載記事を再編

とんかつ 成蔵|秋元康が衝撃を受けた阿佐ヶ谷の奇跡の店

とんかつ 成蔵

――高田馬場で“行列のできるとんかつ店”として名を馳せた『成蔵』が阿佐ヶ谷に移転。ジューシーを超越した豚肉と、食感がとてつもなく軽い純白衣の麗しきコンビネーション。一度食べたら必ず虜になる究極のとんかつ店。

秋元:今までありとあらゆる、とんかつ屋さんに行ったけど『成蔵』は、かなり衝撃的でした。

見城:もう、本当に素晴らしいよね。僕も、秋元には負けるかもしれないけど、大のとんかつ好き。1ヵ月に1度は無性にラーメンとピザ、とんかつが食べたいという波が来るんだけど、とんかつは必須(笑)。

秋元:説明するよりまず、食べてほしいと言いたいところですが何がすごいって、まず見た目が神々しい。見城さんが味も含めてホワイトピュアと言っていたけどまさにそのとおりです。

小山:何が違うんですか?

秋元:衣が真っ白で食感がとてつもなく軽い。それで、中の豚肉が純度100以上の豚の旨味を保ったまま揚げられている。肉が潤っているとんかつというのはなかなかお目にかかれない。

見城:お店によってはロースの脂が重く感じたりもするけど、ここは今まで食べたどのとんかつよりコクとさっぱり感のバランスが秀逸。揚げ油にも美味しさの秘密があるんだろうなぁ。

秋元:パン粉もやや粗めに挽いているんだけど、まったく口の中を攻撃しない。優しくてサクッサクッとしていて。

見城:高田馬場時代は行ったことがないんだけど、すごい行列店だったみたい。それが申し訳なくて、移転してからは完全予約制のお店にしたと言っていた。

中田:そんな人気店だと予約を取るのも難しそうですね。

見城:でもぜひともこのメンバーで行きたいね。薫ちゃんもヒデも絶対に感動すると思うよ。

続きはこちら

Tonkatsu Narikura
住所:東京都杉並区成田東4-33-9
TEL:03-6882-5214(完全予約制)
営業時間:11:00~最終入店13:30/17:30~最終入店20:00
休業日:不定休
座席数:14席(カウンター6席)

やきとり shira|梅ヶ丘にある最強焼き鳥店。リリー・フランキーも弟子入り希望!?

やきとり shira

――世田谷の住宅街、梅ヶ丘に別格の焼き鳥店を発見! 養鶏場より直送された淡海地鶏と天城軍鶏を使った驚嘆の焼き鳥に加え、ゴルゴンゾーラ入り油揚げ、鳥そば、親子丼も絶品。ジューシーすぎる焼き鳥をご堪能あれ。

秋元:ゲーテイストではその年に出合った素晴らしい焼き鳥店をコンスタントにご紹介してきたんですが、最近の大ヒットは梅ヶ丘の『shira』です。

中田:梅ヶ丘? 世田谷の?

小山:秋元さんが梅ヶ丘って正直、意外性しかないです……。

見城:でも、阿佐ヶ谷の『成蔵』とか私鉄沿線にもいいお店が増えている印象があるよね。

秋元:住宅街の焼き鳥店ってちょっとファミリーユースな印象を持たれがちだと思うんですけれど、ここはちょっと別格というか頭抜けているなと思いました。

見城:やっぱり、秋元は守備範囲が相当広いよ。

秋元:焼き鳥のゴールみたいな店があると聞いて、それならリリー(・フランキー)さんを誘わなきゃと。最初に5本おまかせで出てくるシステムなんですけど、僕ははじめのひと串を食べた瞬間に、思わずのけぞりそうになりました。リリーさんは静かにひと言、「これはめちゃくちゃ旨いですね」と。「弟子入りしたい」とまで言っていた(笑)。

続きはこちら

やきとり シラ
住所:東京都世田谷区梅丘1-22-1 y’sステート B1
TEL:03-5450-8808
営業時間:17:00~L.O.23:00
休業日:日曜
座席数:カウンター9席、テーブル4席
料金:おまかせ5本¥1,500

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

shota matsuda

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる