MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH

2023.08.26

「グランドセイコースタジオ 雫石」へ! ここでしか買えない特別モデルとは

男性にとって数少ないアクセサリーでもある腕時計。だからこそ、時計選びには個性とともに語れる“ストーリー”も腕元に纏いたい! 今回は、岩手の「グランドセイコースタジオ 雫石」を訪れた。

「グランドセイコースタジオ 雫石」の跳ね上げ屋根

世界が注目する盛岡。ほど近くにある機械式腕時計の聖地へ

世界から見たホットな日本の地で、グランドセイコーが活発な動きを見せている。

ひとつは東京・銀座。2023年6月後半の「グランドセイコーフラッグシップブティック 銀座並木通り」オープンは記憶に新しい。

もうひとつは今回訪れた岩手・雫石。アメリカの有力紙「ニューヨーク・タイムズ」が発表した“2023年に行くべき52ヵ所”にて、1位のロンドンに次いで2位に岩手・盛岡がノミネートされたが、そんな盛岡にほど近い雫石に建つのが「グランドセイコースタジオ 雫石」である。

ブランド誕生60周年にあたる2020年に盛岡セイコー工業内にできた、グランドセイコーの機械式腕時計製造を担うスタジオだ。

「グランドセイコーが自負する、腕時計としての機能的な価値、ダイヤルなどの装飾で表現している感性的な価値、高級時計ブランドとしての社会的な価値。この3つをしっかりと発信していく場所としてこのスタジオは位置づけられています」と、盛岡セイコー工業代表取締役社長の加藤幸則氏は語る。

スタジオの設計は日本を代表する建築家・隈研吾氏だ。開放感あるガラス張りの木造建築に、精緻な時計製造に適したクリーンルームを併設。

「グランドセイコースタジオ 雫石」のクリーンルーム
ムーブメントの組み立てや調整を行う様子をガラス越しに見学できるクリーンルーム。高品質をとおした信頼感を目の当たりにできる空間だ。
「グランドセイコースタジオ 雫石」の展示スペース
歴代のグランドセイコーや最新ムーブメントなどを陳列した展示スペース。木の温もりを生かした建築で、外には豊かな緑と岩手山が見える。

特別天然記念物のニホンカモシカが庭に出現することもあるというからその自然環境の豊かさに驚く。精密機械である時計と、自然との共生が感じられるスタジオは世界でもまれだ。

これまで歴史に名を残す数多くの名作を生みだした「機械式腕時計の聖地」とも呼ばれる雫石。ここでしか購入できないモデルもあり、海外からも問い合わせが増えているという。

「グランドセイコースタジオ 雫石」特別モデル
グランドセイコースタジオ 雫石でしか手に取ることのできない特別モデル。スタジオを取り巻く森の新緑をイメージしたグリーンカラーダイヤルに縦のストライプ模様を施した。「Shizukuishi Limited」の刻印入り。「グランドセイコー ヘリテージコレクション SBGH283」¥792,000(セイコーウオッチお客様相談室 TEL:0120-302-617)
加藤幸則氏
加藤幸則
盛岡セイコー工業代表取締役社長
1959年島根県生まれ。2023年4月より現職。「我々が何をしたいのか、どこに向かっているのかをお客様にしっかりと伝えていくことが使命です。仕事のモットーは、“我以外、皆我が師なり”。新入社員から学ぶこともあるし、先輩から学ぶこともある」と語る。

TEXT=ゲーテ編集部

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

2024年8月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

バックナンバー一覧

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ8月号』が2024年6月25日に発売。今号は、フランス発祥の“泊まれるレストラン”、オーベルジュを大特集。今市隆二は、2024年2月にグランドオープンしたばかりの「仙石原古今」を訪れた。

最新号を購入する

電子版も発売中!

バックナンバー一覧

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる