MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH

2022.09.21

小径36.5mmが新鮮なグランドセイコーの最新手巻きモデル

連載「意欲的新作ウォッチ」の第129回は、グランドセイコー「SBGW291」を取り上げる。

グランドセイコー「SBGW291」

小ぶりのサイズ感と落ち着いた雰囲気を兼ね備えた注目作

腕時計のサイズ感とは、その時代の流行が大きく反映される要素であり、グランドセイコーの手巻きモデル「SBGW291」は、腕元に馴染みやすい36.5mm径のケースが新鮮に映る。

グランドセイコー「SBGW291」

SBGW291
手巻き、SSケース、径36.5mm。¥605,000

たとえば1960年代に流通していた腕時計の多くは、今よりも小ぶりなサイズが主流であった。それは1960年に立ち上げられたばかりのグランドセイコーも然りでファーストモデルの「J14070」は35mm径で提案されていた。

これに対して、現代のグランドセイコーを象徴するエボリューション9 コレクションの人気モデル「SLGH005」は、40mm径のケースに22mm幅のブレスレットを合わせたスポーティな雰囲気が人気を集めている。

ここで紹介する「SBGW291」はいわゆる復刻モデルではないが、1967年に発表されたグランドセイコーの傑作「44GS」のデザインを色濃く受け継いでいる。

ケースサイズを比較すると、オリジナルの「44GS」が38mm径に対して一回り小ぶりな設定であることがわかる。さらに付け加えると、「SBGW291」の36.5mm径は、グランドセイコーのヘリテージコレクション及びメンズモデルとしては最小に近いサイズだ。ケース厚は11.6mmのため手に置くと適度なボリュームが感じられる。

ディテールの無駄を省くことで「44GS」を現代的に再解釈したスタイリングも大きな魅力だろう。放射模様を施したシルバーダイヤルを中心に全体をグレートーンでまとめたことで落ち着いた雰囲気に仕上げている。

グランドセイコー「SBGW291」

ケースに合わせた細めの略字や針は、端正なダイヤルデザインを引き立たせている。

近年では、優れた精度のみならず、デザインの面においても世界的な評価を得ているグランドセイコー。オーセンティックを追求した小径サイズの「SBGW291」は、現代のライフスタイルにこの上なくフィットするはずだ。

問い合わせ
セイコーウオッチ お客様相談室 TEL:0120-061-012

■連載「意欲的新作ウォッチ」とは……
2022年も高級ウォッチブランドから続々と届く新作情報。その中から、新鮮な驚きや価格以上の満足感が味わえる“活きのいい”モデルを厳選! 時代を超えて輝き続ける、腕時計のパワーを改めて感じて欲しい。

↑ページTOPへ戻る

過去連載記事

TEXT=戸叶庸之

PICK UP

STORY

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

月刊誌「ゲーテ」2022年11月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]11月号が2022年9月24日に発売となる。今号は秋のファッションと京都の2大特集。さらに、くりぃむしちゅー有田哲平に密着し、普段は見せないビジネス脳を丸裸にする企画ほか、相葉雅紀のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる