MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH

2023.05.03

A.ランゲ&ゾーネ「オデュッセウス」、自動巻きクロノグラフ初登場!

連載「意欲的新作ウォッチ」の第150回は、A.ランゲ&ゾーネの「オデュッセウス・クロノグラフ」を取り上げる。

A.ランゲ&ゾーネの「オデュッセウス・クロノグラフ」

世界限定100本で発売される話題作「オデュッセウス・クロノグラフ」の真価

今から4年前、A.ランゲ&ゾーネ初となるスポーツウォッチ「オデュッセウス」の登場に世界中の時計愛好家は歓喜の声を上げた。

ステンレススチールに始まり、18Kホワイトゴールド、さらにはチタンと3つのケース素材を展開する「オデュッセウス」のファミリーに新たに加わったのが、「ウォッチズ & ワンダーズ ジュネーブ 2023」で発表されたステンレススチール製のクロノグラフ「オデュッセウス・クロノグラフ」だ。

A.ランゲ&ゾーネの「オデュッセウス・クロノグラフ」

オデュッセウス・クロノグラフ
世界限定100本。自動巻き、SSケース、径42.5mm。価格要問合せ

新開発されたブランド初のクロノグラフ専用自動巻きムーブメントCal.L156.1 DATOMATICからも分かるように、このモデルの製作に対するA.ランゲ&ゾーネの意気込みは生半可ではない。

A.ランゲ&ゾーネの「オデュッセウス・クロノグラフ」

組立時に見え隠れする箇所も含め、A.ランゲ&ゾーネらしい仕上げの美しさが感じられるCal.L156.1 DATOMATIC。

3時位置にアウトサイズデイト、9時位置に曜日表示を配した「オデュッセウス」特有のダイヤルデザインを維持しつつ、ダイヤルの中央に60分まで計測できる分積算針と赤いクロノグラフ秒針を備えたCal.L156.1 DATOMATICは製造が非常に困難であるため、「オデュッセウス・クロノグラフ」は世界限定100本という希少性を持っている。

高級時計の世界において複雑な機構は珍しいものではないが、見応えのあるパフォーマンスと優れた操作性を兼ね備えた「オデュッセウス・クロノグラフ」の機能は特異な存在を放つ。

A.ランゲ&ゾーネの「オデュッセウス・クロノグラフ」

従来のクロノグラフと大きく異なる、ケースと一体化したプッシュボタンのデザイン。

計測後に4時位置のリセットボタンを押すと、分積算針が瞬時に戻る一方、赤いクロノグラフ秒針は進んだ距離の分だけ逆回転する。さらに詳しく説明すると、分積算針が30分未満の場合は両方の針は0位置に向かって反時計回りに動き、分積算針が30分を越える場合だと両方の針は時計回りの方向に帰零する。

2時位置と4時位置にある2つのボタンはまったく新しいデュアル機能を備えている。ねじ込み式のリュウズが通常位置にある時はクロノグラフの操作を、リュウズを引いて中間位置に入れるとボタンで日付と曜日の調整ができる。

これらの機能に加えて、120mの防水性能と約50時間のパワーリザーブを備えていることは驚異的だと言えるだろう。

A.ランゲ&ゾーネの「オデュッセウス・クロノグラフ」

スポーティでありながら洗練された印象のケースバック。

1999年のブランドの復興時からCal.L156.1を含め、これまで14にも及ぶクロノグラフムーブメントを手がけてきたA.ランゲ&ゾーネならではのスペシャルエディション。コレクターズピースとしての価値もさることながら、前人未到の領域へ挑んだ姿勢にこそ、この時計の真価があるのだと思えてならない。

問い合わせ
A. ランゲ&ゾーネ ブティック 銀座 TEL:03-3573-7788

■連載「意欲的新作ウォッチ」とは……
2022年も高級ウォッチブランドから続々と届く新作情報。その中から、新鮮な驚きや価格以上の満足感が味わえる“活きのいい”モデルを厳選! 時代を超えて輝き続ける、腕時計のパワーを改めて感じて欲しい。

↑ページTOPへ戻る

過去連載記事

この連載をもっと読む

連載
意欲的新作ウォッチ

高級ウォッチブランドから続々と届く新作情報。その中から、新鮮な驚きや価格以上の満足感が味わえる特別なモデルを厳選! 時代を超えて輝き続ける、腕時計のパワーを感じろ!

TEXT=戸叶庸之

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる