MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH

2023.03.18

ヴィンテージロレックスの大定番!「エクスプローラー」の希少モデルとは

ヴィンテージ専門店や有力コレクターの協力のもと、ヴィンテージロレックスの奥深い魅力を解説する本特集。第5回は、「エクスプローラー」のRef.1016と「エクスプローラーⅡ」のRef.1655を紹介する。#1 #2 #3 #4

ロレックス エクスプローラー

定番を超える定番ロレックス「エクスプローラー」のヴィンテージモデル

「サブマリーナー」と同じく1953年に発表されたプロフェッショナルウォッチ「エクスプローラー」は、同年にジョン・ハント率いるイギリス遠征隊に所属するエドモンド・ヒラリー卿とテンジン・ノルゲイのエベレスト初登頂を受けて誕生した。

ロレックスは1930年代からヒマラヤ登山の遠征隊へ時計を提供しており、「エクスプローラー」が持つ過酷な環境に耐えられるツールウォッチとしての優れた機能は、冒険家たちの経験からフィードバックを得て開発されたものだ。3・6・9のアラビア数字を配したシンプルな文字盤は、今では時代を超越したアイコンとなっている。

シリーズ初の100m防水を達成したRef.1016は、1960年から30年近く製造され続けてきたロングセラーであり、今日ではヴィンテージウォッチとして親しまれている。そのなかからミラーダイヤルとマットダイヤルの希少モデルをそれぞれ紹介しよう。

Ref.1016の注目ポイントはダイヤルパターンの違い

1960年代初頭は、ロレックスが夜光塗料をラジウムからトリチウムに変更した時期であり、夜光塗料がトリチウムであることを記す様々な表記が生まれた。これはRef.1016についても当てはまる話であり、ラジウムを使用していたのはごく初期モデルに限られる。ダイヤルについては、ミニッツサークルを備えたミラーダイヤルであることを前提に、いくつものバリエーションが確認されている。こちらの1962年製の個体が持つダイヤルもそのひとつであり、6時位置にラジウム夜光のドット型インデックスが配置されている。

ロレックス エクスプローラー

ロレックス エクスプローラー
Ref.1016(1962年製)、自動巻き(Cal.1560)、SSケース、径36mm。¥7,000,000

ロレックス エクスプローラー

このダイヤルの特徴は、ミニッツサークルと6時位置のドット型夜光インデックスの組み合わせにある。

数あるRef.1016の歴代モデルでもひときわ個性を放つダイヤルがある。マットダイヤルの初期に作られた“マーク1ダイヤル”では、3・6・9のアラビアンインデックスの夜光塗料が太めに盛られたパターンが稀に見つかる。これらのダイヤルは、“ファット ルミナス”などのいくつかの通り名で呼ばれている。Ref.1016のマットダイヤルのなかでもずば抜けて希少性が高い。

ロレックス エクスプローラー

ロレックス エクスプローラー
Ref.1016(1967年製)、自動巻き(Cal.1570)、SSケース、径36mm。¥4,150,000

ロレックス エクスプローラー

他のRef.1016のダイヤルと比べても明らかに3・6・9の夜光インデックスが太い。

人気急上昇「エクスプローラーⅡ」のRef.1655

近頃、価格高騰が著しい「エクスプローラーⅡ」のRef.1655についても触れておこう。1971年、洞窟や極地での探検のために開発された「エクスプローラーⅡ」は、24時間目盛り入りのベゼルと24時間針を装備し、前作の「エクスプローラー」よりも堅牢性・視認性などを格段に向上させている。注目すべきは、1970年代ならではのレトロスペクティブなデザインにあり、これこそがRef.1655の最大の魅力だと言っても過言ではない。全5種類のオリジナルのダイヤルのうち(交換用を除く)、こちらは最初期の“マーク1ダイヤル”であることに加えて、整合の取れた“マーク1ベゼル”が付く。さらには、貴重な付属品まで揃う狙い目の一品である。

ロレックス  エクスプローラー Ⅱ

ロレックス  エクスプローラー Ⅱ
Ref.1655(1971年製)、自動巻(Cal.1570)、SSケース、径39.5mm。¥8,600,000

単純にツールウォッチとしての機能だけで比較するなら現代の時計が確実に上回るが、ここで紹介した「エクスプローラー」シリーズの希少モデルは、それを補って余るヴィンテージとしての魅力がある。そしてレトロで趣のあるデザインはファッションとの親和性が非常に高い。「エクスプローラー」のヴィンテージモデルが時代を超えて愛され続ける理由はそこにあるのだろう。

問い合わせ
リベルタス TEL:06-6643-9455

TEXT=戸叶庸之

PHOTOGRAPH=中村光明(TRYOUT)

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる