MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2024.05.31

「効率化」を叫び、労働時間の上限を獲得した若者たちの不幸が始まっている!? ――西野亮廣が見た、クリエイティブの現場の真実

23万部のロングセラー『夢と金』の著者であり、今、ビジネスパーソンが追うべき人物の筆頭である西野亮廣さん。今回は、若者と仕事をすることも多い西野さんが、「働きたくても働けない若者」の悲鳴を掬い上げた。コスパ・タイパを主張する若者が増え、労働時間の制限を獲得した若者たちは、自分で自分の首を絞めている! 音声メディア「voicy」で配信中の「#西野さんの朝礼」から編集してお届けする。(※今回の記事を音声で楽しみたい方はコチラ■連載『革命のファンファーレ』から『夢と金』とは

【連載  『革命のファンファーレ』から『夢と金』】

今日は【働けない時代 〜雇用形態の正解を探す〜】です。

第146回 「仕事量」より「効率化」を選んだ若者たちへ。「量」をこなさないと「効率化」できないのが現実だ!

西野亮廣

働きたくても働けない世界を作ったのはキミ達だよ

隙間時間を見つけて、CHIMNEY TOWNの若手と「ぶっちゃけ、仕事、どんな感じっすか?」という話をすることがよくあるのですが、先日、CHIMNEY TOWNの山崎が面白いことを言っていて、曰く「若くて、体力があるうちに、もっと働きたいのに、労働基準法があるので働けない」と。

それに関しては詳しくは言えませんが「上手く(いい感じに)やれよ」と思っているのが一点、そしてもう一点は「その世界を作ったのはオマエの世代だから、矢印を向けるならオマエの世代に向けろよ」というのが一点。

今はタレントさんの労働時間もある程度は守られてるんですかね?
僕が20代の時は少なくともそんなものはなくて、梶原さんに聞いていただければ分かると思いますが、1日平均20時間ぐらいは働いていました。
会社としては「いやいや、そこまでスケジュールを詰めてないでしょ?」という逃げ道を用意していたのかもしれませんが、「いやいや、ここに新ネタの番組が入っているってことは、この移動中にネタ作りとネタ合わせをしないといけないわけで…」ということだらけで、とにかく長時間働いたんです。

ところが、僕の下の世代になると、「パワハラだー」「モラハラだー」という感じで、やたら権利を主張するようになり当然、その中には「労働時間を見直せー」という主張もあり、見事にその主張を通し、「働きたい子が働けない世界」を勝ち取ったわけですが、それは、くれぐれもオッサン連中から求めた世界ではありませんでした。

オッサン連中は口にしないだけで(口にできないだけで)、今でも内心「もっとやれよ。その量で勝てるわけねーだろ。実際、勝ってねーし」と思っています。

なので、ここはハッキリさせておきたいのですが、「『労働量』で逆転できない世界を作ったのはオマエ達だぞ」ということと、「『効率化』『効率化』と言いますが、量をこなさないと『効率化』できませんから。残念」というギター侍だけお届けしておきます。
#懐かしい

これは、結構由々しき問題だと思っていて、僕は友人に30代や40代の友達が多いんですけども、その多くは「下の世代からの突き上げ」にまったくビビってないんです。

むしろ、彼らの悩みは「下の世代の育児なのか、若年性老害の介護」で、まさか自分の身が脅かされるなんて思っていない。

逆に、今「量をこなすヤツ」は昔よりも取り分が大きい…とも言えるので、チャンスっちゃあチャンスですが、「働きたくても働けない世界を作ったのはキミ達だよ」ということは、繰り返しお伝えしておきます。

クリエイティブの現場は、世間一般の時計を基準に動いていない

さて。
会社として動かす以上は泣いても笑ってもルールは守らなきゃいけないわけで、我々、CHIMNEY TOWNも色々と工夫しています。
というのも、クリエイティブの現場においては「長時間労働」というよりも、「営業時間」の問題があって、僕らは世間一般の時計を基準に動いていないんです。

それこそ分かりやすいところでいうと、イベントは土日(祝)がメインだし、会場の設営は、お客さんが会場を利用しない夜中にあります。
これに加えて、脚本(漫画家さんの場合ならネーム)は時間通りには仕上がらないし、僕らのように毎回新しいチャレンジをするチームだと、ほぼ毎日のようにトラブルは起きるし、あと、決定打は、僕ら海外でも仕事をしてるんです。

ちなみに、日本の朝7時はニューヨークの夕方6時なので、日本の皆さんが寝ている時間が、ニューヨークの働き時なんです。
日本時間の朝4時とか5時にミーティングが入っていたりするんです。
ニューヨークで「今日の17時までに契約を結ばないと、この話はナシ」みたいな場面がリアルにあって、「いや、日本時間の朝6時。皆、寝てまーす(涙)」という八方塞がりです。

これは本当に今の時代なかなか言えないんですけども、クリエイティブの現場では、「予定時間をオーバーしようとも、ここまでやりきった方がラクだ」と、ほぼ全員が思っている場面があるのですが、労働基準法をキッチリ守ると、それが叶いません。

それを突破するには、「役員になる」か、「別の会社の人になって『業務委託』という形をとる」ぐらい。

吉本興業に所属していた時に一番難しかったのがココで、担当マネージャーに対して「吉本の役員になってくれない?」とは言えないし、「吉本を抜けて、吉本と業務委託契約を結んでくれない?」とも言えないので、結構、クリエイティブよりの活動に制限がかかっていたんです。

CHIMNEY TOWNインターン生から『業務委託』がかなりいい

そんな中、CHIMNEY TOWNで僕の下でクリエイティブの現場に入っていたタケダというインターン生が、この春から、西野亮廣にベタ付きのAD的な立ち位置で『業務委託』になったんです。

CHIMNEY TOWNでインターン生から社員にならずに『業務委託』になったのは今回が初めてなのですが、これが、今のところ結構(というか、かなり)いいんです。
時間の制限を取っ払えるので、クリエイティブにブレーキがかからないし、ゴールデンウィーク中も次のプロジェクトの準備をグイグイと進められています。

もちろんタケダがCHIMNEY TOWNのスタッフに指示を出すのは、CHIMNEY TOWNの社員の営業時間が始まってからになるわけですが、(タケダがしばらく球を持っていようとも)僕としては今やっておきたいことをバッと吐き出せたらそれでよかったりするので、その類いのストレスが消えました。

まぁ、これはあくまで西野亮廣用のフォーメーションではありますが、雇用形態の最適解を探り続けないと勝ちきれない時代だなぁと感じています。
皆さんの会社はどんな感じですか?

  

お知らせ!ミュージカル『えんとつ町のプペル 2025』(日本公演)に2500名の子ども達を無料招待したい!

経済的な理由でイベントに参加することが難しい子ども達を、ミュージカル『えんとつ町のプペル』(2025年8月9日〜8月30日)に無料で招待して、日本にも楽しい世界や夢や希望があることを伝えよう! 【コチラから】

  

お知らせ! クラウドファンディングに参加しよう。『令和6年能登半島地震』の被災地に絵本「えんとつ町のプペル」を届けたい!

絵本を通じて心の復興を! 2024年5月16日:市立図書館や放課後児童クラブへ50冊の追加支援が決定いたしました。
※絵本「えんとつ町のプペル」絵本支援の売上は、PICTURE BOOKの手数料を差し引いて、寄贈する絵本や配送費用に充てさせていただきます。【コチラから】

  

お知らせ! 西野さんの最新作、コマ撮り短編映画『ボトルジョージ』が世界に!

ボトルジョージ
【詳細はコチラ】
【西野さんの『ボトルジョージ』に対する想いとは】

  

お知らせ! 予算の作り方がリアルに学べる! 大劇場版ミュージカル『えんとつ町のプペル』"予算会議" オンライン視聴チケット(アーカイブ)発売中

チケットはコチラ

  

お知らせ ! 西野亮廣のビジネス書最新刊『夢と金』が各ランキングの年間1位に!

■楽天Kobo ビジネス書2023年間ランキング1位
■2023年オリコン年間”本”ランキング「自己啓発書」ジャンル1位
■ビジネス書累計が100万部突破!
※Amazonランキング書籍総合1位にも! コチラから

西野亮廣「夢と金」
撮影:鞍留清隆

  

お知らせ! 《大阪平野の夜景を一人占め》HIBARI GOLF(宝塚市)のVIPラウンジ『星の絨毯』(2024年9月オープン)の【1日利用権】仮予約受付中!

【コチラから】

  

お知らせ! 公式LINEができました

【西野亮廣 公式LINEはコチラ】

 

お知らせ! バンドザウルスについて

【バンドザウルスのYouTubeチャンネル登録者数、スタートたちまち1万人突破!】

【バンドザウルス最新インタビュー!】

【バンドザウルスのインタビュー 第1回】
全てが謎に包まれた絶滅系アイドル『バンドザウルス』。ラストシングル『隕石、ダメ、ゼッタイ!』に込めた想いとは?
【バンドザウルスのインタビュー 第2回】
デビュー前に販売した5000円のライブタオルが即完! 未だ楽曲を発表しない絶滅系アイドル『バンドザウルス』の葛藤とは!?
【毎日更新! バンドザウルスのインスタグラム】
【バンドザウルスのNFTの購入サイト】

 

お知らせ! 子供たちに絵本を贈るプロジェクト「『CHIMNEY TOWN GIFT』のNFT」が話題に!

これは「子供施設に絵本を支援したことを証明してくれるNFT」で、NFTの売り上げで絵本を購入して子供施設にプレゼントします。

 

お知らせ!『西野亮廣講演会』全国各地で続々開催決定!

『西野亮廣講演会』のお知らせです。
下記の都道府県で開催が決まっています。
6月27日(木)に東京、
8月12日(火)に関東近郊、
8月26日(月)に東京、
8月29日(木)に山口でそれぞれ『西野亮廣講演会』がございます。
私、西野亮廣がマイク一本で1時間半ほど喋る変なイベントです。
チケットをお求めの方は、『西野亮廣全国講演会』で検索してみてください。
サロンメンバーさんが作ってくださったイイ感じのホームページに飛びますので、そちらから。
会場によっては、まだ、チケットを発売してなかったりしますが、そのへんはご容赦ください。
講演会開催情報

よろしくお願いします。

 

西野亮廣氏ポートレイト

西野亮廣Akihiro Nishino
1980年生まれ。芸人・絵本作家。モノクロのペン1本で描いた絵本に『Dr.インクの星空キネマ』『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』。完全分業制によるオールカラーの絵本に『えんとつ町のプペル』『ほんやのポンチョ』『チックタック~約束の時計台~』。小説に『グッド・コマーシャル』。ビジネス書に『魔法のコンパス』『革命のファンファーレ』『新世界』。共著として『バカとつき合うな』。製作総指揮を務めた「映画 えんとつ町のプペル」は、映画デビュー作にして動員196万人、興行収入27億円突破、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞という異例の快挙を果たす。そのほか「アヌシー国際アニメーション映画祭2021」の長編映画コンペティション部門にノミネート、ロッテルダム国際映画祭クロージング作品として上映、第24回上海国際映画祭インターナショナル・パノラマ部門へ正式招待されるなど、海外でも注目を集めている。また「えんとつ町のプペル」は、ミュージカルや歌舞伎にもなっている。

●国内最大となる、約4万人の会員数を誇る有料会員制コミュニティー(オンラインサロン)「西野亮廣エンタメ研究所」はこちら
●70万部の絵本『えんとつ町のプペル』のご購入はこちら
●最新絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』のご購入はこちら

■連載 『革命のファンファーレ』から『夢と金』とは
猛烈な勢いで仮説・検証・実行・改善を繰り返し、多彩なプロジェクトを成功させてきた西野亮廣さん。ベストセラー『夢と金』の著者でもあり、現代の日本において、ビジネスパーソンがベンチマークすべき人物の筆頭といえる西野さんの“今”をお届けする連載。

↑ページTOPへ戻る

この連載をもっと読む

連載
『革命のファンファーレ』から『夢と金』

猛烈な勢いで仮説・検証・実行・改善を繰り返し、多彩なプロジェクトを成功させてきた西野亮廣さん。ベストセラー『夢と金』の著者でもあり、現代の日本において、ビジネスパーソンがベンチマークすべき人物の筆頭といえる西野さんの“今”をお届けする連載。

TEXT=西野亮廣

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる