MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2023.10.30

同じメンバーでツアーし続ける【井上陽水】、マンネリにならない工夫とは

美しいメロディの上に美しい声で歌われる不思議な言葉の羅列。ほかの誰にも真似できない“陽水ワールド”だ。“ものぐさ”と“社交的”、相反する面をしなやかに行き来する井上陽水の音楽術に迫った伝説の企画を振り返る。第3回。※GOETHE2006年9月号掲載記事を再編。掲載されている情報等は雑誌発売当時の内容。【特集 レジェンドたちの仕事術】 #1 #2

「ツアーをバスで回るときメンバーが阿吽の呼吸で、順番に車内を仕切るんです。そういう“呼吸”が演奏を深みのあるものにします」

「日本の路地に入り込んで新鮮な気持ちで歌っています」

井上陽水という人は、相反する二つの面をしなやかに行き来する。人を驚かせたいけれど恥ずかしいという二面性と同時に、ものぐさに見えて働き者という二面性も持つ。

この7年、陽水は毎年全国ツアーを行っている。それも、稚内、帯広、八王子、湯沢、能登、福山、米子、壱岐、鳴戸、四万十、鳥栖、沖縄市……など、まさしく日本全国津々浦々まで回った。六本木スイートベイジルでのシークレットギグやブルーノート東京でのジャズライヴもやった。

「リハーサルで歌った曲は本番ではやらないんです。お客さんの前で新鮮な気持ちで歌えるようにね。工夫しているわけです」

さらに、孤高に見えて、実に多くのミュージシャンと共演している。

吉田拓郎や小室等ら旧友はもちろん、玉置浩二、奥田民生、忌野清志郎、持田香織……など。昨年末の恵比寿でのライヴには宇多田ヒカルが飛び入り、二人で「氷の世界」と「Automatic」を歌った。

「同じメンバーでツアーをすると余裕や安心感が生まれて、それが演奏にも表れてきます」

「周りに手を差し伸べられて外へ出て行って仕事をしている感じで。僕の中に社交性が溢れている時期には共演なんかもね(笑)。

でも、昔は旅嫌いだったのに、最近は、ライヴはいいなー! と思っています。特にこの3年、チームの魅力をすごく感じている。

同じメンバーでこんなに何年もやるのは初めてでね。北海道で6時間も一緒にバスに揺られたり、食事やお酒をともしたり、時には神社仏閣や城を見学したり(笑)。若い頃はやらなかったことばかり。やがて、阿吽の呼吸が生まれてきてね。演奏も練れていく」

気づいたら陽水は7年間のうち6年はツアーをやっていた。ステージ以外の時間をバンドの仲間と過ごし、音楽がより深まった。

「7大都市中心のコンサートがやがて横道に逸れ、路地に入り込んだというね。同じメンバーでツアーをする場合、マンネリが一番怖い。だから、そこにはまり込まないための工夫は意識的にやっています。

リハーサルと本番ではまったく違う曲を演奏したり。長く演奏していない曲を発掘したり。『鍵の数』とか。『白いカーネーション』とか。あー、こんな曲もあったんだ、と感嘆しつつね、新鮮な気持ちで歌っています」

井上陽水
井上陽水/Yosui Inoue
1948年福岡生まれ。1969年、アンドレ・カンドレの名前で「カンドレ・マンドレ」でデビュー。1972年、井上陽水と改名。1973年、『氷の世界』発売。新しい音楽の登場に日本中が騒然となる。「いっそ セレナーデ」「飾りじゃないのよ涙は」「リバーサイド  ホテル」「少年時代」など名曲は数知れず。

TEXT=神舘和典

PHOTOGRAPH=三浦憲治

HAIR&MAKE-UP=沢田哲哉

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる