MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2023.10.28

高橋幸宏、鈴木慶一。原田知世の人生観を変えた3人

2023年10月25日に新作『恋愛小説4~音楽飛行』をリリースした原田知世はデビュー以来41年、シンガーソングライターと俳優、両方で質の高い作品をつくっている。ミュージシャンであり役者でもあり続けるそのマインドとは。#前編

椅子に座っている原田知世

俳優の現場は一期一会。ミュージシャンの現場はホーム

原田知世のミュージシャンシップは高い。ほぼ1年に1枚のペースで新作をレコーディングしている。

だから当然、彼女をミュージシャンと思っているリスナーは多い。その一方で、俳優だと思っているファンも多い。

14歳から彼女はミュージシャンで俳優だった。スクリーンデビューは1983年。大林宜彦監督作品『時をかける少女』の主人公、芳山和子役だった。

主題歌も歌った。松任谷由実が作詞・作曲した「時をかける少女」は原田のまだあどけない歌唱で大ヒットした。

それからずっと、原田はミュージシャンと俳優を続けている。

では彼女のなかで“シンガーソングライター・原田知世”と“俳優・原田知世”は、どんなバランスで共存しているのだろう。

「10代のころは女優の意識のほうが強かったと思います。女優のオーディションに受かってデビューしたので。“女優で歌も歌う”というスタンスでした。

音楽でも自分の人生を開いていきたいと思い始めたのは20代後半くらいでしょうか。『GARDEN』とか『カコ』とか、鈴木慶一さんと出会い、プロデュースしていただくようになった時期です」

そのころから少しずつミュージシャンシップが上っていき、音楽をつくる現場を自分の“ホーム”のように感じるようになった。

「映画やドラマの現場は一期一会が多いですよね。作品をつくるために出会い、親しくなり、濃密な時間をともに過ごして、撮影が終わると別れていきます。そしてそれぞれがまた別のチームで別の新しい作品をつくる。

一方音楽は、ほとんど同じメンバーで作品をつくります。最近はずっと伊藤ゴローさんにプロデュースやアレンジをお願いしています。レーベル担当は斉藤嘉久さん。私を長く見つめてくださり、深く知ってくれている方々に囲まれて音楽制作を行っています。

だから、毎年音楽の制作が始まると、ホームに戻ってきた感覚になれる。ゴローさんとの現場では、いつも素の自分でいられます。私らしい私、です」

鈴木慶一、トーレ・ヨハンソン、伊藤ゴローといったプロデューサーと出会うことで、ミュージシャンとしてのキャリアを重ねてきた自覚がある。

「この三人のプロデューサーとの出会いで、私は変わってきたというか、新しい自分になれたと感じています。皆さん、私にとって大きな存在です。

音楽に限らず、そういう出会いって、最初に気づきますよね。あっ、今出会うべき人に出会えたな、って」

音楽制作を行うことは、俳優としての原田にもいい影響を与えてきた。演じる仕事も、ミュージシャンとしての原田の刺激になった。

「結果的にですけれど、何年もの間、音楽と俳優それぞれがいいサイクルで続いてきました。撮影がクランク・アップすると、間をおかずに、音楽制作がスタートします。撮影して、レコーディングして、ツアーをしてという1年を重ねることができました。撮影のときの熱量のままでレコーディングに臨めました」

笑っている原田知世
原田知世/Tomoyo Harada
1967年長崎県生まれ。1983年映画『時をかける少女』(大林宜彦監督)でスクリーンデビュー。以降、多数の映画、ドラマに出演。また、歌手としてもデビュー当時からコンスタントにアルバムを発表。鈴木慶一、トーレ・ヨハンソン、伊藤ゴローなど様々なアーティストとのコラボレーションが話題に。近年は映画『サヨナラCOLOR』『あなたの番です 劇場版』、ドラマでは「半分、青い。」「スナックキズツキ」など数々の話題作に出演する。

「空の上の幸宏さんもきっとほめてくれると思います」

鈴木慶一や伊藤ゴローのほかにもう1人、原田のキャリアでは重要な存在がある。

2023年1月11日に70歳で永眠した高橋幸宏だ。高橋は2007年、高野寛、高田蓮らとポップ・エレクトロニカのバンド、pupaをスタートした。“pupa”とはさなぎのこと。そのヴォーカリストとして、原田も参加した。彼女にとっては現状唯一のバンド経験になる。

pupaへの参加は急な展開だった。ある日食事に入った店で、原田は偶然高橋と遭遇する。10年ぶりくらいの再会だった。

「知世ちゃん、一緒にバンド、やらない?」

カウンター席で、高橋に誘われた。原田の心は動いた。

「pupaは楽しい体験でした。バンドのみんなで意見を出し合いレコーディングして、ツアーをまわって。バンドメンバーはみんな幸宏さんが大好き。幸宏さんも自分のことが大好き。

私、自分を愛せる人でないと、なかなか他人を愛せないと思っているんですよ。実際、幸宏さんは温かい方で、みんなに愛情を注いでいました。私自身、厳しくされたことは一度もありません」

アルバムをリリースすると、よく連絡をくれた。

「知世ちゃんが書いて歌った『ロマンス』にも驚かされたけれど、伊藤ゴロー君と組んでつくっている今の作品も素晴らしいよ」

いつもほめてくれた。今もまだ、原田は高橋がいなくなったとは思えない。

「今回のアルバム『恋愛小説4~音楽旅行』では、ニール・ヤングの『オンリー・ラヴ・キャン・ブレイク・ユア・ハート』を歌っています。この曲は幸宏さんも好きで、アルバム『ア・デイ・イン・ザ・ネクスト・ライフ』のなかでカヴァーしています。

私は幸宏さんの声が大好きで、あの声で歌うニール・ヤングの曲もとても素敵でした」

だからこそ『恋愛小説4』で自分の歌う「オンリー・ラヴ・キャン・ブレイク・ユア・ハート」を聴いてほしかった。

「たぶんほめてくれていると思います。空の上で」

2022年にデビュー40周年を迎え、2023年に『恋愛小説4』をリリースした後も、原田はミュージシャンと俳優の両方の道を進む。

「私のようなスタイルでやっている先輩はほとんどいないですよね。だから、どなたかをお手本にするという発想もない。自分と向き合い、自分自身でキャリアを切り開いていくしかないと思っています」

▶︎▶︎インタビュー前編はこちら

『恋愛小説4~音楽飛行』
2023年10月25日にリリースされる原田の最新カヴァー・アルバム。ビートルズの「ヒア・カムズ・ザ・サン」「イン・マイ・ライフ」カーペンターズの「遥かなる影」、モンキーズの「デイドリーム・ビリーバー」、ニール・ヤングの「オンリー・ラヴ・キャン・ブレイク・ユア・ハート」など9曲収録。写真は初回限定盤¥4,070。通常盤は¥3,300(ともにユニバーサルミュージック)。

TEXT=神舘和典

PHOTOGRAPH=鮫島亜希子 STYLING・HAIR&MAKE-UP=藤川智美(Figue)

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる