MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

AND MORE

2023.03.25

人物、国、年代etc.アンティークコインビギナーにお薦めな“テーマ決め収集法”とは

世界の富裕層の間で高い注目を集めるアンティークコイン。40年にわたってコイン販売専門店を経営し、日本におけるアンティークコイン収集の第一人者である大谷雄司氏が、資産性、アート性、歴史的価値などその多様な魅力を解説する連載の第5回。

ジョージ4世の5ポンド金貨

《Pick-up Coin》ジョージ4世の5ポンド金貨
1826年、在位7年を記念し高名なイタリア人彫刻師のピストルッチを招聘して製造。400枚発行。表面には王の肖像と「神の恩寵によるジョージ4世」の銘文、裏面には王冠を戴くマントに覆われたハノーファーの紋章と、「英国王にして信仰の守護者」という銘文が刻まれている。コインの市場価格は、¥22,000,000〜¥24,000,000。

国、時代、人物……テーマで変わる集め方

紀元前から長きにわたって、世界各地で発行されてきたアンティークコイン。膨大な種類が存在するため、いざ収集を始めたいと思っても何から集めていいのか迷う人もいるだろう。大谷氏が推奨するのは発行された国や年代など、コレクションのテーマを決めて集めることだ。

「例えば、現在のチャールズ3世にいたるまでの“イギリスの歴代国王のコイン”に絞って集めてみるのはどうでしょうか。また、“ナポレオンゆかりのコイン”など人物にフォーカスを当ててコレクションするのも一興です」

人物でいうと、1839年発行のヴィクトリア女王戴冠記念金貨「ウナとライオン」などの代表作で知られる伝説的な彫刻師、ウィリアム・ワイオンが手がけた一連のコインは、コレクターたちの間でも特に人気が高いという。

権力者の肖像だけでなく、ギリシャ神話の神々や乗り物、街の景観など、アンティークコインのデザインは実に多種多様だ。

「また、硬貨といえば円形が一般的ですが、なかには四角形や八角形など変わった形のコインも存在します。そうしたものに限定して集めてみるのも、興味深いコレクション形成につながると思います」

ジョージ4世の5ポンド金貨の裏面

ジョージ4世の5ポンド金貨の裏面。

Yuji Otani
1978年に外国貨幣の鑑定・販売を手がけるダルマを設立。自身も数千枚のコインを持つ収集家であり、著書に『あなたも虜になる アンティークコイン』(幻冬舎)等がある。

TEXT=村上早苗

PHOTOGRAPH=古谷利幸

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる