MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

AND MORE

2022.11.03

有事に強い! 持ち運べる資産”アンティークコイン”入門

世界の富裕層の間で高い注目を集めるアンティークコイン。連載「教養としてのアンティークコイン」では、40年にわたってコイン販売専門店を経営し、日本におけるアンティークコイン収集の第一人者である大谷雄司氏が、資産性、アート性、歴史的価値などその多様な魅力を解説!

アルシノエ2世の金貨

《Pick-up Coin》アルシノエ2世の金貨
古代エジプトのファラオ・プトレマイオス1世の娘であり、実弟のプトレマイオス2世と結婚して国を統治したアルシノエ2世のオクトドラクマ金貨。発行は紀元前285~246年頃。“プトレマイオス朝の女傑”と称された人物とあって、非常に人気が高いコインだ。コインの市場価格は約¥3,500,000。

激動の時代を生き抜いた女傑の権威を象徴する金貨

アンティークコインとは、主に、紀元前7世紀頃から20世紀初頭までに発行された硬貨を指す。海外では、古(いにしえ)より富裕層の収集アイテムの定番だったが、近年日本でも注目度が急上昇。レアなものは市場に出るや否や売れてしまい、取引価格は年々高騰している。その理由を、コイン販売専門店ダルマ代表の大谷雄司氏は「希少性や資産性に加え、美術品としての魅力が時や国境を超え、人々を惹きつけているのでしょう」と分析する。

流通枚数は減りこそすれ増えないため希少価値が担保され、コンパクトで保管しやすく、世界中どこでも換金が可能。有事に強い、ポケットに入る高額資産として、昔から権力者や特権階級に活用されてきた。かのユリウス・カエサルやナポレオン・ポナパルトなども熱心な収集家だったという。

「コインの多くは当時の統治者の肖像画や紋章が描かれ、ラテン語やヘブライ語の名句が刻まれています。いわば、歴史や地理、語学や文学的要素が凝縮されているということ。そのため、ヨーロッパの特権階級では昔から、自らの教養の高さを示す手段としても重用されていました」

英雄も虜になったアンティークコインの世界。次回から詳しく紐解いていく。

Yuji Otani
1978年に外国貨幣の鑑定・販売を手がけるダルマを設立。自身も数千枚のコインを持つ収集家であり、著書に『あなたも虜になる アンティークコイン』(幻冬舎)等がある。

TEXT=村上早苗

PHOTOGRAPH=古谷利幸

PICK UP

STORY

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

ゲーテ3月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]3月号が2023年1月25日に発売となる。今号の表紙を飾るのは三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE。さらなる高みへと挑戦する彼らの想いに迫った。総力特集は鮨&BAR。これから10年、20年通いたい、とっておきのカウンターを紹介する。そのほか、プロ野球選手・鈴木誠也やロック歌手・宮本浩次、シンガーソングライター/俳優・泉谷しげるのインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる