MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

LATEST ISSUE
2024年8月号
美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ
STORE

AND MORE

2023.01.11

市場価格1900万円! 英雄・ナポレオンの肖像を刻んだ希少なアンティークコイン

世界の富裕層の間で高い注目を集めるアンティークコイン。40年にわたってコイン販売専門店を経営し、日本におけるアンティークコイン収集の第一人者である大谷雄司氏が、資産性、アート性、歴史的価値などその多様な魅力を解説する連載の第3回。

ナポレオン5フラン金貨

《Pick-up Coin》ナポレオン5フラン金貨
1807年にフランスで発行。古代ローマ帝国の皇帝を彷彿させる月桂冠を戴いた肖像は、名工ニコラ・アントワーヌ・ブレネによるデザインで、ナポレオン1世の絶頂期を象徴している。発行枚数は10枚前後とされ、特に希少性が高い。コインの市場価格は¥19,000,000。

権力の象徴として生まれたナポレオンコレクション

古の時代から権力者が魅せられてきたアンティークコイン。収集に留まらず、自らの肖像を刻んだコインを発行してきた統治者も少なくない。

「古来、時の権力者は戦争に勝利した際や自身が統治者となった際などに、記念のコインを造らせていました。発行枚数が少ない金貨は親族への贈呈のほか、戦いで手柄を立てた将軍への褒美、いわば勲章代わりに使われていたようです。銀貨や銅貨は流通用として大量に発行されましたが、写真のない時代はコインに自分の肖像を刻むことで、支配地域の民衆に、統治者はこんな顔をしているのだと知らしめる意味合いもありました」

代表格が、ナポレオン1世と甥のナポレオン3世だ。自身だけでなく、妻や兄弟など親族の肖像を刻んだコインをフランスやイタリア、スペインといった支配地域で発行したという。

「ナポレオン3世の末弟、ドイツ・ヴェストファーレン王、ジェローム・ボナパルトの子孫が受け継いできたボナパルト家コレクションを、1974年と1975年にオークションに出品。その多くが高値で落札されました」

コインを通して、かの英雄に想いを馳せる。そんな楽しみ方も、また一興だ。

Yuji Otani
1978年に外国貨幣の鑑定・販売を手がけるダルマを設立。自身も数千枚のコインを持つ収集家であり、著書に『あなたも虜になる アンティークコイン』(幻冬舎)等がある。

TEXT=村上早苗

PHOTOGRAPH=古谷利幸

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

2024年8月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

バックナンバー一覧

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ8月号』が2024年6月25日に発売。今号は、フランス発祥の“泊まれるレストラン”、オーベルジュを大特集。今市隆二は、2024年2月にグランドオープンしたばかりの「仙石原古今」を訪れた。

最新号を購入する

電子版も発売中!

バックナンバー一覧

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる