MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

HEALTH

2023.06.03

癌の予防&超早期発見に! 最先端の血液検査とは

致死率の高い膵臓(すいぞう)癌。もはや検査では発見不可能!? エクソソーム研究の世界的権威の検査で早期リスク管理を。【特集 男の美容最前線】

エクソソームのイラスト

血液だけで疾患やリスクを判定

救急医療や循環器内科の医師として活躍したあと、東京・表参道に衣理クリニック表参道を構え、各々の患者にベストな提案をすると評判の片桐衣理統括院長。近年、クリニックでは先進医療の「リキッドバイオプシー」(血液検査)に力を入れているという。血液だけでさまざまな疾患を見つけ、さらに将来のリスクまでも判定できると、医療現場でも話題。

なかでも見つかりにくく、発見時には既に手遅れになる確率の高い、膵臓癌のリスクを測定できる検査を行うのは今のところここだけ。その指標というのがエクソソームで、同分野の世界的権威・落谷教授を顧問に迎えている。

「膵臓は消化液の膵液を作り、インスリンなどのホルモンを分泌する重要な臓器。胃の裏側にあるので通常の人間ドックの画像診断などでは異常を発見しにくく、さらに癌になっても初期は自覚症状がほぼありません。なので、他の癌と比較して5年生存率が最も低く、近年、毎年3万人以上の方が膵臓癌で亡くなっています」と、片桐先生は警鐘を鳴らす。

また、最先端消化器系癌リスク検査も同時に行えば、「エクソソームの“GI‐1”というマーカーを検査し、一度で胃、食道、大腸、胆のう、肝臓の5種類のリスク測定が可能」だという。日本人の死因の第1位で、そのなかでも癌全体の約半数を占める消化器系の癌。それを自覚のない段階で発見につなげられるというのだからありがたい。

さらに、たとえ癌に罹患してしまっても、自己の免疫細胞を培養して体内に戻す療法も行っているから心強い。特に忙しいビジネスパーソンほど、この恩恵にあずかるところが大きいはず。実際に、シミ取りやダイエットのために通院していたエグゼクティブが、ふとこれらの血液検査を目にとめ、試しに受けたところ超早期に癌の発見にいたったこともあるという。健康や時間に対してシビアなビジネスパーソンこそ、定期的に受けるべき検査といえるだろう。

【エクソソーム検査】
エクソソームを調べれば、超早期の膵臓癌リスクも知ることができる

▶︎ エクソソームとは

エクソソームとは

細胞から分泌されている物質で、50~150nmほどの小さな顆粒状のもの。血液などの体液に存在し、細胞間のコミュニケーションツールの役割を果たす。表面には細胞膜由来の脂質やタンパク質、内部にはマイクロRNAやメッセンジャーRNAなどを含む。癌の転移や増殖にも深く関わっていると考えられ、細胞の特徴を表す情報を持っているため、これを調べることで細胞が今どんな状態にあるのかを把握することが可能となる。

▶︎ わずかな血液で判定可能

正常なエクソソームとがんのエクソソーム

血液中から癌固有のエクソソームを検出する。

▶︎ 検査の流れ

エクソソーム検査:カウンセリング

難しい事柄も丁寧にわかりやすく教えてくれる。

エクソソーム検査:採血

採血は10ccのみ。通常の検査より時短。

エクソソーム検査:結果

約2~3週間後に膵臓癌のリスクが健常人より高いかの判定レベルがでる。また膵炎と膵臓癌との区別なども可能。検査料は¥80,000。

 
「最先端すい臓癌リスク検査」の革新性

国立がん研究センター がん転移研究室室長などを歴任、かつノーベル委員会から「世界で最も注目する医療研究者10人」に選出された落谷孝広教授を顧問に迎えた衣理クリニック表参道では、膵臓癌のリスクを血液のみで知ることができる。癌細胞から分泌されるエクソソームのマーカー“Panc1”“Panc2”を測定。この検査により、通常の人間ドックメニューでは発見が困難な膵臓癌の罹患(りかん)リスクの判定が可能に。

【癌等予防医療 免疫細胞治療・療法】
各種病気を予防したい人からも絶大な支持!

新型コロナ禍で着目された自分の免疫力を用いた療法にも注目したい。その名も「スーパープレミアム免疫治療」で、たとえ癌に罹患しても自身の免疫力で癌細胞を攻撃し、自然治癒力を高めて癌以外のさまざまな疾患からも身体を守るという。これは自分の血液からリンパ球を採取し、培養したものを点滴で身体に戻すという治療法。

種類は4つあり、ハイエンドで病気になれない立場の人が最も多く受けているのが、常に体内をパトロールして癌細胞等を見つけしだい、破壊するNK(ナチュラルキラー)細胞療法。そのほかに2種のαβT細胞(※1)とγδT細胞(※2)、樹状細胞療法があり、癌予防なのか、現在治療中なのか等、患者の状態によってどれを選ぶかは異なる。

原則、2~3週間に1回の投与を6回で、1クール。NK細胞療法の料金は1回あたり¥600,000。検査費用や細胞保管料等は別途。
※1:αβT細胞…癌を含めた異常細胞すべてに対して攻撃し、免疫細胞の働きを維持したり高めたりするのに重要な役割を持つ細胞。
※2:γδT細胞…癌化による細胞の異常変化や細菌・ウイルスなど病原体に感染した細胞を素早く感知し、攻撃を仕かける細胞。

 
スーパープレミアム免疫治療・療法
免疫療法の4つの特徴

①自らの細胞を用いることで、副作用が少ない
②他治療との併用が可能で、併用による相乗効果も期待できる
③外来通院による治療であり、入院の必要がない
④健康な人はもちろん、癌を患った人まで受診可能

クリニックの内装

衣理クリニック表参道
住所:東京都港区北青山3-5-30 入来ビル4F/5F
TEL:03-5786-1155
営業時間:10:00~19:00

【特集 男の美容最前線】
 

この記事はGOETHE2023年7月号「美容特集:艶のある男」に掲載。購入はこちら▶︎▶︎

TEXT=藤村岳

PHOTOGRAPH=舛田豊明 ILUSTRATION=うえむらのぶこ

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる