MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOLF

2024.01.06

アプローチでざっくりしない! 絶対にダフらないための打ち方

今回はダフらないアプローチついて。連載【吉田洋一郎の最新ゴルフレッスン】

ライ角を直角に近づけクラブを吊るように構える

グリーン周りのアプローチでは、うまく寄せようと思って力が入り、大きなミスをしてしまうことがある。

トップしてボールがグリーンの反対側まで飛んでしまうとかなり辛いが、ダフってボールが飛ばないのもショックが大きい。クラブが地面に刺さり、1メートルも飛ばないボールを見てがっくりと肩を落とした経験がある人もいるだろう。

ダフリの原因はさまざまだが、ウェッジのリーディングエッジが地面に刺さることで起きるケースが多い。ボールを右に置いて必要以上にダウンブローに打とうとしたり、手先でボールを打ちに行ったりすると、リーディングエッジが地面に刺さりやすくなる。

アプローチショットにはさまざまな打ち方があり、一般的にはボールを右に置いてハンドファーストにボールをとらえる打ち方や、ボールを真ん中に置いてバウンスを滑らせながら打つ方法がある。

通常のアプローチの打ち方以外にも、特定のミスを防ぐための打ち方もある。

例えば、薄い芝やベアグラウンドではダフリのミスが出やすいが、そのような場面では「ダフらないための打ち方」をオプションとして持っているとピンチをしのげる確率が高まるはずだ。

ダフりたくない状況では、クラブのライ角に注意してほしい。ライ角とはクラブを構えたときの地面とシャフトの角度のことで、ライ角が大きいことをアップライト、小さい場合をフラットという。

絶対にダフりたくないときは、クラブを上から吊るように構えてライ角を大きくして打つ方法が有効だ。

クラブを吊るようにして構えることでソールの接地面積が減り、リーディングエッジが地面に刺さりにくくなるため、ボールをクリーンにとらえることができる。スイング軌道もアップライトな軌道になるので、クラブフェースを開閉せず、パターのように振ることができるため再現性が高まるのだ。

クラブのトゥ側にボールを当て、バウンスを滑らせる

クラブを吊るようにして構えるアップライトアプローチの打ち方は、セットアップが重要になる。

まず、シャフトをできるだけ垂直に近づけるように立てて構える。クラブを吊って構えるため、ノーマルのアプローチよりもボールの位置は体に近くなるはずだ。ボールの位置はライや状況にもよるが、スタンスのセンターか、センターより若干左側にセット。また、飛球線に対してオープンに立つ必要はなく、スクエアに構える。

打ち方はパターをイメージし、手首や腕を使わずに上半身の回転で行う。振り幅もパッティングと同じように腰から下で左右対称に振る。

この打ち方はフェースのトゥ側でボールをとらえるため、フェースの芯でボールとらえた時よりも距離が出ない。

グリーン周りではサンドウェッジなどのロフトのあるクラブを使用して打つと、ボールの飛び過ぎを抑えられタッチが合わせやすい。カップまで距離があるときは、8番アイアンなどのロフトの立ったクラブで行うといいだろう。

いかにもダフリそうな難しいライにボールが行っても、クラブを立てて構えるアップライトアプローチをマスターしていれば、心強い味方になってくれる。この打ち方を練習で身につけ、グリーン周りのダフりのミスを減らしてほしい。

動画解説はコチラ

■連載【吉田洋一郎の最新ゴルフレッスン】とは
世界No.1のゴルフコーチ、デビッド・レッドベターの愛弟子によるゴルフレッスン。多くのアマチュアゴルファーを指導する吉田洋一郎コーチが、スコアも所作も洗練させるための技術と知識を伝授する。

↑TOPページへ戻る

この連載をもっと読む

連載
吉田洋一郎の最新ゴルフレッスン

世界No.1のゴルフコーチ、デビッド・レッドベターの愛弟子によるゴルフレッスン。多くのアマチュアゴルファーを指導する吉田洋一郎コーチが、スコアも所作も洗練させるための技術と知識を伝授する。

TEXT=吉田洋一郎

PHOTOGRAPH=小林司

COOPERATION=取手桜が丘ゴルフクラブ

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は山﨑賢人。家づくりは究極の大人の遊び、“多拠点邸宅”特集

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は山﨑賢人。家づくりは究極の大人の遊び、“多拠点邸宅”特集

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ3月号』が1月25日に発売となる。今回の特集は“多拠点邸宅”。人生を楽しみ尽くすための、こだわりの邸宅をご紹介。表紙を飾るのは俳優・山﨑賢人。その他にも伊勢谷友介の器コレクションや俳優・川口春奈へのインタビューなど必読だ。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる