MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOLF

2023.03.11

ゴルフの新常識! ヘッドアップはしない、でもボールはしっかり見ない

今回はミスショットを防ぐ、顔の向きや目線について。連載【吉田洋一郎の最新ゴルフレッスン】とは……

ヘッドアップだけを直してもスイングは改善しない

ラウンド中にミスショットをした後、同伴者に「ヘッドアップしているよ。ボールをよく見ないと」と言われたことはないだろうか。他の球技では「ボールをよく見なさい」という指導が行われることがあり、ゴルフでもボールをしっかり見ないと当たらないと思っている人は多いかもしれない。特にボールを打つのに四苦八苦している初心者は、ボールを見ることに注意を払って練習やラウンドをしていると思う。ある程度のレベルの人でも、ミスしてしまった後に「そういえば、ボールをよく見ていなかった。これからはしっかり見よう」と思うことがあるかもしれない。

しかし、私はアマチュアゴルファーを指導する際に「ヘッドアップしているので、ボールをよく見てください」と言ったことはない。たいていの場合、スイングの問題は別のところにあり、ヘッドアップがミスショットの原因ではないからだ。

プロゴルファーのスイングを見ると、インパクトで頭を残してボールを凝視しているように見えるが、実際にはボールを漠然と見ている選手が多い。アニカ・ソレンスタムやヘンリク・ステンソンなどの海外有名選手はボールを見るどころか、インパクトの瞬間に顔が目標に向く「ルックアップ」をしながらスイングをしている。プロゴルファーの中には、目をつぶってボールを打つ練習をすることによって感覚を研ぎ澄ませることがあるが、目をつぶっても問題なくボールを打つことができる。

ゴルフの場合、ボールの位置を確認したら、スイング軌道の中でボールをとらえるだけなので、目をつぶってもボールを打つことができる。このことから、ミスショットをするのはボールを見ていないからではなく、スイング自体に問題があることがほとんどだといえる。

ヘッドアップが気になるときは両目のラインをチェック

「ボールをよく見なさい」というアドバイスは昔からよく行われてきたが、効果がないどころか弊害も多い。「ボールをよく見る」というアドバイスを忠実に守ろうとしてボールを凝視すると、インパクトで力が入り、ミスショットに繋がる可能性がある。「頭を残す」というアドバイスを守ろうとして、頭が動かないようにしてボールを打つと、フォロースルーで上半身が回転しなくなり、手や腕だけでスイングしがちになる。特に、前傾角度をキープしようとしてインパクトで顔を下に向けたまま打つ意識を持っている人は要注意だ。ダウンスイング後半で縦方向に向かう地面反力によって前傾角度が起き上がるのが自然な動きなのだが、無理に顔を下に向けて前傾角度をキープしようとすると体の回転運動を制限してしまうことになる。

今までボールを見ることばかりを気にしていた人は、いきなりボールを見るなと言われても戸惑うだろう。また、必要以上に頭が上がっていないか、前傾角度が崩れていないかと心配になる人もいるだろう。

そのような人は目線を意識しながらスイングをしてみてほしい。頭を止めてボールを凝視するのではなく、インパクトからフォロースルーにかけて首を回転させ、前傾角度に対して目線をキープしながらスイングをするのだ。前傾姿勢を保ったままインパクトできていれば、両目を結ぶラインは両肩のラインとほぼ平行になり、地面に対して斜めになっているはずだ。普段の生活において、多くの人は目線を地面と平行に保っているため、いつもの習性ですぐに目線を地面と平行にしようとしてしまう人がいる。そのような傾向がある人は、体の回転と両目のラインをシンクロさせることで、前傾姿勢を保ちやすくなり、自然とヘッドアップも解消することができる。

ヘッドアップやボールを見ることは、スイング動作において大きな影響を与えるものではない。クラブの使い方や体と腕のシンクロなどをマスターすることで、自然とボールを見ることを意識しなくてすむスイングになるだろう。まずは基本をしっかりと固めてスイングの再現性を高めてほしい。

【動画レッスン】

過去連載記事

連載【吉田洋一郎の最新ゴルフレッスン】とは……
世界No.1のゴルフコーチ、デビッド・レッドベターの愛弟子によるゴルフレッスン。多くのアマチュアゴルファーを指導する吉田洋一郎コーチが、スコアも所作も洗練させるための技術と知識を伝授する。

↑ページTOPへ戻る

この連載をもっと読む

連載
吉田洋一郎の最新ゴルフレッスン

世界No.1のゴルフコーチ、デビッド・レッドベターの愛弟子によるゴルフレッスン。多くのアマチュアゴルファーを指導する吉田洋一郎コーチが、スコアも所作も洗練させるための技術と知識を伝授する。

TEXT=吉田洋一郎

PHOTOGRAPH=小林 司

COOPERATION=取手桜が丘ゴルフクラブ

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は山﨑賢人。家づくりは究極の大人の遊び、“多拠点邸宅”特集

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は山﨑賢人。家づくりは究極の大人の遊び、“多拠点邸宅”特集

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ3月号』が1月25日に発売となる。今回の特集は“多拠点邸宅”。人生を楽しみ尽くすための、こだわりの邸宅をご紹介。表紙を飾るのは俳優・山﨑賢人。その他にも伊勢谷友介の器コレクションや俳優・川口春奈へのインタビューなど必読だ。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる