MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOLF

2022.01.20

まとめて復習! ゴルフ歴1年で70台に突入した理論「ゴルフはインパクトの前後30cm」

ゴルフ歴1年でなんと70台に突入した大塚友広さんのゴルフ論を紹介した書籍『ゴルフはインパクトの前後30cm』。そのメソッドの一部をまとめて振り返る。

ゴルフ1

第一回 スイングの最適化とは?

野球を始めた少年がいるとしましょう。その少年が初めて練習に参加したとき、まずはキャッチボールから始めます。そこで指導者は何を教えるでしょうか。「相手の胸をめがけて投げるんだよ」が正解ではないでしょうか? 「肩を下から回すようにして、その次に肘を前に押し出して、顔の横あたりでボールを離して……」と教える指導者はおそらくいないでしょう。

ゴルフを始めるとき、グリップはこう握って、テイクバックはこうやって、身体の軸をブレさせずにボールを上から叩くように……。こんな指導を受けた人は多いでしょう。ここにゴルフを始める際の矛盾があります。形から入ると、その後の成長が阻害されるどころか、ある程度成長しても必ず悪いスパイラルに引き戻されてしまいます。

人間、とくに大人は、それぞれ体形、体重、身長、ボディバランス、手のひらの大きさ、指の長さ、すべてが違います。決まった形を入れると、それは自分に最適化されたスイングにはなりません。それを防ぐには、“初めから”自分に合ったスイングをつくっていく必要があります。成長を阻害せず、スイングが安定するのを早め、どんな環境においてもベストスコアを残すために必要なことなのです。

続きはこちら

第二回 本当の「スイング軸」のつくり方

ゴルフ2

大前提でお伝えした《インパクトの前後30センチ》、ここをスタンスと平行にラインを引くということをつねに意識したうえで、次に考えることは「軸」です。

ここでは、背中から一直線に軸をつくることや、2軸でスイングをつくるといったことは頭から外してください。結果として、1軸がベターだと考えていますが、それはあくまで結果論で、身体の軸をブレさせないという考え方を最初に頭に叩き込むのは間違っています。極端な言い方をすると、「1軸のスイングがいい」や「2軸で考えよう」などという考えはただのエゴにすぎないのです。

本当に必要なスイング軸は「目線」でつくります。

「背中から1本軸をつくって」という教えを聞いたことがありますが、それができないから多くのゴルファーが困っているのです。それは結果であって、実際にプレーする際に考えなければならない軸は別にあるのです。

さっそく解説していきましょう。

続きはこちら

第三回 スイングの「スタート」と「ゴール」の設定

ゴルフ3

今回の話は、スイングの最適化を図るために必要でありながら、ロングショットにおいては飛距離を上げるために欠かせない、「スイングの“スタート”と“ゴール”の設定」です。多くのアマチュアゴルファーは、スイングの「スタート」と「ゴール」をアドレス(振り上げる前)の状態に設定しています。アドレスの状態に身体を戻そうとすること自体は間違っていませんが、考えるべきは“スイングにおける”スタートとゴールの設定です。

インパクトを中心にとらえたとき、クラブ(ヘッド)の最加速点はボールを通過したあとの位置に設定する必要があります。インパクト通過後30〜50センチに最加速点、すなわちスイングの「ゴール」を設定し、そこから自然なフォロースルーにもっていく。インパクトの瞬間をゴールに設定しないということです。

そして、スイングの「スタート」は、テイクバックをして手が最も高い状態に到達したところ(トップの位置)に設定することが最も効率的です。アドレスの状態をスタートに設定すると、どうしてもそこに戻ってくる場所を最加速点にしたがるのが人間です。それでは、ボールが飛ばないばかりか右に出てしまう、もしくはスライスになってしまう確率がとても高くなります。野球経験などがあるスイングの速いゴルファーがスライサーから抜け出せない理由はここにあります。

続きはこちら

ゴルフ4

「新装版 ゴルフはインパクトの前後30cm」
大塚友広 著
幻冬舎 ¥1,200+税
普通のビジネスマンが1年でパープレーを達成した超メソッド。スコア90~110前後を抜け出す秘訣は、インパクトの前後30センチを整え、スイングを最適化すること。6月に出版したマンガ版の元本を再編集。

Tomohiro Otsuka
群馬県富岡市生まれ。メンタルヘルステックサービスを展開するラフール執行役員。AJGAアジアジュニアゴルフ協会理事兼GM。HED法人営業デジタル化協会理事。富岡製糸場の世界遺産プロジェクトに公募による民間登用で観光マネージャーに就任。その際にゴルフを始める。独学でゴルフ理論を構築し、1年でベストスコア70台前半に到達する。オンラインゴルフコーチング「Natural Works Golf」も主宰している。

PICK UP

STORY

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号はハワイ特集。最強のハワイガイドが完成!

2022年ゲーテ9月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号はハワイ特集。最強のハワイガイドが完成!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]9月号が2022年7月25日に発売。総力特集は「涙するハワイ」。誰しもの心の故郷ともいえるハワイをどこよりも早く、アップデートしたハワイ情報を一挙に紹介する。そのほか、二宮和也のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる