GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOLF

2020.11.27

ゴルフ歴1年で70台に突入した理論「ゴルフはインパクトの前後30cm」とは?

ゴルフ歴1年で70台に突入した大塚友広さんのゴルフ論とは。短期連載「ゴルフはインパクトの前後30cm」1回目。

ゴルフ

スイングの最適化とは?

野球を始めた少年がいるとしましょう。その少年が初めて練習に参加したとき、まずはキャッチボールから始めます。そこで指導者は何を教えるでしょうか。「相手の胸をめがけて投げるんだよ」が正解ではないでしょうか? 「肩を下から回すようにして、その次に肘を前に押し出して、顔の横あたりでボールを離して……」と教える指導者はおそらくいないでしょう。

ゴルフを始めるとき、グリップはこう握って、テイクバックはこうやって、身体の軸をブレさせずにボールを上から叩くように……。こんな指導を受けた人は多いでしょう。ここにゴルフを始める際の矛盾があります。形から入ると、その後の成長が阻害されるどころか、ある程度成長しても必ず悪いスパイラルに引き戻されてしまいます。

人間、とくに大人は、それぞれ体形、体重、身長、ボディバランス、手のひらの大きさ、指の長さ、すべてが違います。決まった形を入れると、それは自分に最適化されたスイングにはなりません。それを防ぐには、“初めから”自分に合ったスイングをつくっていく必要があります。成長を阻害せず、スイングが安定するのを早め、どんな環境においてもベストスコアを残すために必要なことなのです。

「スイングの最適化」は、正しい成長軌道を描くための基礎固めです。これができてから、よりボールを飛ばすには何が必要なのか? 最適化されたスイングをより効率化させるにはどうしたらいいのか? これらを考えていくのです。

初めから効率を追求したスイングを求めてしまうと、必ずあとで歪(ひず)みが生じ、悪いスパイラルに入り込んでしまう。そうなってから「自分に合ったスイングはどういうスイングなんだろう?」と悩んでも時すでに遅し、なのです。

安定した100切り、さらには80台のスコアを残すための最短距離は、自分の身体に最適化されたスイングを探すことなのです。

【大前提】インパクトの前後30センチ

「ボールを中心として、その前後15センチ、合計30センチの幅を中心にすべてを考えていく」

これがスイングを自分の身体に最適化する過程で大前提となるポイントです。クラブ(ヘッド)がこの30センチのあいだを通過するときだけはスタンスと平行に、一直線にラインを引くことを意識してください。

私の理論のすべての基となる部分であり、《インパクトの前後30センチ》に意識を集中させ、ほかの部分の意識をすべて拭い去ることで、自分の身体に最適化された、つまりはあなたの身体の特性を最大限に活かしたスイングが生まれるのです。

当たり前のことですが、なぜ左右に大きく曲がるようなミスショットが出るのかといえば、インパクトゾーンに狂いが生じるからです。そこでミスの正しい理由を把握できないことから、多くのゴルファーは打ち方(スイングの形)に目を向け、さまざまなことを頭の中で思い巡らしてしまう。そうするとスイングが乱れ、本来の自分のスイングではなくなってしまうのです。

インパクトの前後 30 センチ

ボールの手前15センチからボールよりも先の15センチまで、計30センチが《インパクトの前後30センチ》。このあいだをクラブヘッドが一直線に通過すればまっすぐ飛ばせる。フェースが被りすぎたり、開きすぎたりしないように、正しく引いた《インパクトの前後30センチ》のみを意識してスイング構築を行うことが本書の大前提。

「フックが出る」や「スライスがひどい」などは間違いなくインパクトの問題です。これは、《インパクトの前後30センチ》をクラブヘッドが平行に通過する、というゴールからスイングを構築したのではなく、どういった動きをすると正しいインパクトを迎えられるか、という形からスイングをつくってしまった弊害でもあります。

自分らしいスイングは《インパクトの前後30センチ》からつくります。その際、スイングの形の一切を意識から消してください。テイクバックの角度や、クラブの進入角度には個性があっていい。ただし、《インパクトの前後30センチ》だけはクラブヘッドを平行に走らせることに最大限、意識を集中してください。

「一点に意識を集中する。それ以外は自分の個性が出ていい」

この意識をもてば、オンプレーンの美しいスイングが自然とつくられていきます。そして自ずとボールはあなたが目標とした地点に飛んでいくことでしょう。

 

新装版 ゴルフはインパクトの前後30cm

「新装版 ゴルフはインパクトの前後30cm」
大塚友広 著
幻冬舎 ¥1,200+税
普通のビジネスマンが1年でパープレーを達成した超メソッド。スコア90~110前後を抜け出す秘訣は、インパクトの前後30センチを整え、スイングを最適化すること。6月に出版したマンガ版の元本を再編集。

 

Tomohiro Otsuka
群馬県富岡市生まれ。独学でゴルフ理論を構築し、1年でベストスコア70台前半に到達する。オンラインゴルフコーチング「Natural Works Golf」も主宰。著書に『マンガで身につく! 普通のビジネスマンがゴルフ歴たった1年でスコア70台を出したメソッド。』『新装版 ゴルフはインパクトの前後30cm』『新装版 スモールスイング・レボリューション ゴルフ歴1年で70台に突入できる30cmトレ』がある。

PHOTOGRAPH=Getty Images

PICK UP

STORY

MAGAZINE

2月号 Now on sale

謎に包まれたアートの仕事を徹底解剖!/表紙 西野七瀬

GOETHE 2021年2月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

2月号 Now on sale

謎に包まれたアートの仕事を徹底解剖!/表紙 西野七瀬

12月24日発売の「ゲーテ2月号」は豪華3本立て! 総力特集は「アートのお仕事」。アートの世界で働く仕事人たちを徹底取材! 一度心を捉えたら離さない、アートの奥深い魅力を大公開します。また、多彩な活躍をする西野亮廣が時代をつくる才能の育て方を激白。さらに、競馬界のレジェンド武豊さんに1年密着取材を敢行! 孤高のジョッキーの光と影が語られます。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる