MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

ENTERTAINMENT

2024.02.09

深まる日韓エンタメ交流。日本ではチェ・ジョンヒョプ、韓国では坂口健太郎が話題に

日本の民放GP帯の連続ドラマ史上初の試みとなる韓国人俳優の起用が話題だ。最近さらに目立ってきた日韓のエンタメ交流はビジネスパーソンとしてキャッチアップしておきたい。連載「ビジネスパーソンのための韓タメ最前線」とは

チェ・ジョンヒョプ。TBS系ドラマ『Eye Love You』第4話より。
チェ・ジョンヒョプ。TBS系ドラマ『Eye Love You』第4話より。©TBS/撮影:高橋裕子

ヒョプ様ブーム到来!?

2023年1月23日よりスタートしたTBS系火曜ドラマ『Eye Love You』が何かと話題だ。主演の二階堂ふみと共演する韓国人俳優チェ・ジョンヒョプの“年下男子ぶり”が、SNSを沸かせている。

同作は、心の声が聞こえる“テレパス”を持つヒロイン本宮侑里(二階堂ふみ)と、愛情表現が超ストレートな年下の韓国人留学生ユン・テオ(チェ・ジョンヒョプ)が恋に落ちるというファンタジック・ラブストーリー。ヒロインの相手役に韓国の俳優を迎えるのは、民放GP(ゴールデン・プライム)帯連続ドラマ史上初めてだという。

2023年12月3日に最終回を迎えたドラマ『無人島のディーバ』でパク・ウンビンの相手役を務め、韓国でブレイクを果たしたチェ・ジョンヒョプだが、今度は日本ドラマ初進出となる『Eye Love You』で日本女性たちの心を鷲掴みにした模様だ。早くも「ヒョプ様」というあだ名までつけられ、ヨン様ならぬヒョプ様ブームを予感させている。

韓国でファンミを成功させた坂口健太郎

過去に韓国の女性俳優が日本のドラマや映画に出演した事例はあった。

例えば、『僕とスターの99日』(フジテレビ系)で西島秀俊と共演したキム・テヒ、映画『新聞記者』『ブルーアワーにぶっ飛ばす』や『100万回言えばよかった』(TBS系)に出演したシム・ウンギョン、『深夜食堂: Tokyo Stories』に出演したコ・アソンなどが劇中で日本語のセリフをこなしている。

2002年の日韓共同制作ドラマ『friends』で俳優ウォンビンが深田恭子の相手役を務めたことはあるが、その後は男性俳優が日本のコンテンツで目立った活躍をしたことはなかった。

実際、まだ韓国人俳優の人気はK-POPアーティストほど幅広い層には広がっていない。Netflixなどの配信サイトでも韓国ドラマを見ている人の割合はドラマ視聴者全体から見ればかなり少なく、『Eye Love You』の主演にチェ・ジョンヒョプが起用されたことはチャレンジングな試みと言えそうだ。

注目すべきは、韓国でも同じような試みが行われていることだ。

2023年9月、韓国で初のファンミーティングを成功させた俳優・坂口健太郎が韓国でドラマの主人公を演じる。

坂口は辻仁成、コン・ジヨンのコラボ小説『愛のあとにくるもの』を原作とする同名の韓国ドラマで主演に起用された。ヒロイン役は『宮廷女官チャングムの誓い』の子役出身で知られる女優イ・セヨン。

日本で惹かれ合った韓国人留学生のヒロインと小説家志望の日本人男性が韓国で5年ぶりに再会し、再び愛し合う過程が描かれ、2024年1月10日から撮影がスタートしている。

坂口といえば、韓国ドラマ『シグナル』の日本リメイク版『シグナル 長期未解決事件捜査班』(フジテレビ系)で主演を務めたり、ドラマの主題歌を歌ったBTSと交流があったりと、韓国とは何かと縁がある。

2023年12月に開催された「2023 Asia Artist Awards」でベストアーティスト、アジアセレブリティ賞を受賞した際は、韓国語で一生懸命スピーチをする姿に「なんて健気なの」「韓国語が自然すぎる」という声が集まったほど韓国での好感度も高い。

深まる日韓エンタメ交流

日本ではチェ・ジョンヒョプが放つ年下の韓国男子の爽やかな魅力が、韓国では坂口が披露するロマンチックな日本男子の魅力が女性ファンを虜にしそうな2024年だが、俳優のみならず、K-POP業界でもいつにも増して日本とのコラボが盛り上がっている。

SEVENTEENの弟グループとして2024年1月22日にデビューしたTWS(トゥアス)は、デビューに伴って日本のファッション誌『Ray』(3月号)、『ViVi』(4月号)で異例の特集が組まれた。

また、日本で撮影されたボーイズグループRIIZE(ライズ)の「Love 119」のミュージックビデオは岩井俊二監督の作品を想起させるような“エモさ”で話題となり、歌手・BoAのプロデュースで日本を拠点に活動する予定のボーイズグループNCT WISH(エヌシーティー ウィッシュ)も、2024年2月21・22日に東京ドームで開催される「SMTOWN LIVE 2024」でデビューお披露目ライブを行う。

韓国の若者の間でJ-POPやアニメ、日本のキャラクターなどが人気を広げつつある今、日本でのK-POPの人気と相まったシナジー効果が期待できそうだ。

その上、2023年8月1日からは日本政府が外国人アーティストに対する興行ビザ(査証)の要件を大幅に緩和しており、日本で30日以内の長期ツアーを行うことや、新人歌手らの来日も容易になった。その恩恵を受けたK-POPアーティストたちによる新しい波が、日本に押し寄せる可能性もある。

2024年、ますます深まりそうな日韓のエンタメ交流。新しいビジネスのヒントを見出せるかもしれない。

■著者・李ハナ
韓国・釜山(プサン)で生まれ育ち、独学で日本語を勉強し現在に至る。『スポーツソウル日本版』の芸能班デスクなどを務め、2015年から日本語原稿で韓国エンタメの最新トレンドと底力を多数紹介。著書に『韓国ドラマで楽しくおぼえる! 役立つ韓国語読本』(共著作・双葉社)。

 ■連載「ビジネスパーソンのための韓タメ最前線」とは
ドラマ『愛の不時着』、映画『パラサイト』、音楽ではBTSの世界的活躍など、韓国エンタメの評価は高い。かつて「韓流」といえば女性層への影響力が強い印象だったが、今やビジネスパーソンもこの動向を見逃してはならない。本連載「ビジネスパーソンのための韓タメ最前線」では、仕事でもプライベートでも使える韓国エンタメ情報を紹介する。

↑ページTOPへ戻る

この連載をもっと読む

連載
ビジネスパーソンのための韓タメ最前線

ドラマ『愛の不時着』、映画『パラサイト』、音楽ではBTSの世界的活躍など、韓国エンタメの評価は高い。かつて「韓流」といえば女性層への影響力が強い印象だったが、今やビジネスパーソンもこの動向を見逃してはならない。本連載【ビジネスパーソンのための韓タメ最前線】では、仕事でもプライベートでも使える韓国エンタメ情報を紹介する。

TEXT=李ハナ(ピッチコミュニケーションズ)

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は山﨑賢人。家づくりは究極の大人の遊び、“多拠点邸宅”特集

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は山﨑賢人。家づくりは究極の大人の遊び、“多拠点邸宅”特集

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ3月号』が1月25日に発売となる。今回の特集は“多拠点邸宅”。人生を楽しみ尽くすための、こだわりの邸宅をご紹介。表紙を飾るのは俳優・山﨑賢人。その他にも伊勢谷友介の器コレクションや俳優・川口春奈へのインタビューなど必読だ。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる