MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

LATEST ISSUE
2024年8月号
美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ
STORE

CAR

2023.12.01

ポルシェ、カイエンの改良進化版をバルセロナで乗ってみた【試乗記】

ラインナップすべてがスポーツカーだと謳うポルシェにおいて、イメージリーダーが911だとすれば、今やブランドを支える稼ぎ頭がSUVのカイエンである。2023年4月にマイナーチェンジ版が発表された最新カイエンをジャーナリストの藤野太一がスペインからリポート。

ポルシェ史上最大級のアップグレード版カイエン

2022年のポルシェのグローバル販売台数は約31万台。そのうちカイエンが9万5604台で1位、マカンが8万6724台で2位に続く。要は半数以上をSUVが占め、その稼ぎ頭がカイエンなのだ。

新型はいわゆるマイナーチェンジ版であるものの“ポルシェ史上、最大級のアップグレード”と謳うだけあって、その変更点は多岐にわたる。

まずヘッドライトの形状が変更された。目頭のあたりに注目すると先代では丸みがあるが、キュッと尖ったエッジの効いたデザインになっていることがわかる。だが、エクステリアをあえて大幅にデザイン変更しないのは、ポルシェモデルに共通する流儀だ。

新型よりマトリクスLEDヘッドライトが標準装備に。新たに3万2000以上の画素で構成され、他車を識別するとハイビームを画素単位で遮断しドライバーの眩惑を防ぐ「HDマトリクスLEDヘッドライト」がオプション設定される。

ヘッドライトの変更にあわせてボンネットのデザインもより立体的に、バンパーの開口部もより大きくスクエアな印象になった。リア部分では、先代では横一文字のリアコンビネーションランプの中央部分がくぼんでいたが、新型では1本の力強いラインに見えるようなデザインになっている。カイエンオーナーじゃなければ見逃してしまうような数々の細やかな変更が加えられている。

「カイエン SE-ハイブリッド」のパワートレインは3ℓV6ターボエンジンとモーターの組み合わせ。システム出力は「カイエン E-ハイブリッド」より49ps高い519psとなっている。動力性能は0→100km/h加速が4.7秒(クーペ・スポーツクロノパッケージ装着車)、最高速度が263km/h。

インテリアは全面刷新といえるほど大幅に変更された。全面的に電気自動車「タイカン」の要素を取り入れたもので、メータパネルは、完全にデジタル化されたフリースタンディングデザインの12.6インチ曲面ディスプレイを採用。センターディスプレイのほかオプションで助手席専用のディスプレイも用意された。

フルモデルチェンジといっていいほど刷新されたインテリア。12.6インチの液晶メーターや12.3インチのセンターディスプレイに加え、オプションで10.9インチのパッセンジャーディスプレイも用意される。

オートマチックギアセレクターを、ステアリングホイールの隣に移設した点も見逃せない。これによりセンターコンソールにスペースが生まれ、ブラックパネルデザインの大型エアコンディショナーコントローラーを配置するなどしている。

豊富なモデルバリエーションもポルシェ流儀

もうひとつポルシェの流儀として、モデルバリエーションの豊富さがある。まず、3ℓV6のベースモデルとなる「カイエン」があり、それをベースとしたPHEV(プラグインハイブリッド)の「カイエン E-ハイブリッド」、そして、4ℓV8ツインターボエンジンを搭載する「カイエンS」が導入された。ちなみにボディタイプもSUV(標準)とクーペの2種類がある。

そして、今回スペイン・バルセロナで行われた国際試乗会に用意されたのは、「カイエン SE-ハイブリッド」とフラッグシップの「カイエン ターボE-ハイブリッド」の2種類のPHEVだった。ポルシェでは先の「カイエンE-ハイブリッド」とあわせて3種類のPHEVモデルを設定したことになる。それらを総称して「カイエンE-Performance」と呼んでいた。

最高出力599ps、最大トルク800Nmの4ℓV8ツインターボエンジンに最大出力130kW(176ps)、最大トルク460Nmのモーターを組み合わせるカイエン ターボE-ハイブリッドクーペ。

試乗会のメインディッシュとして用意されていたのが「カイエンターボE-ハイブリッド」だ。“ターボ”とあるようにフラッグシップモデルという位置づけとなる。

パワーユニットの合計出力は“カイエン史上最高”の739ps、最大トルクは950Nm。0→100km/h加速3.7秒、最高速度は295km/hに達した。さらにバッテリー容量を先代の17.9kWhから25.9kWhに増大したことで、電気のみによる航続距離は最長82km(WLTPモード)を実現する。

出発地点のホテルでカイエン ターボE-ハイブリッドに乗り込み、電動走行モード“E-POWER”で走りだす。カイエン史上最高のハイパワーターボモデルだけれど、排気音も排気ガスも出さないというのは、早朝のホテルでも後ろめたさがなくていい。フル充電状態ではなかったため、出発時のメーター内には電動走行可能距離は66kmと表示されていた。

「カイエン E-Performance」が搭載するモーターおよびバッテリーなどは3モデル共通のもの。モーター出力は先代比で30kW増の130kW(176ps)、モータートルクは460Nm。

バルセロナ市街地の朝の大渋滞をくぐり抜けて、高速道路に入る。スペインの高速道路は片道2車線または3車線で、制限速度は大半が100 km/h 、速い区間でも120km/hと日本とよく似た設定になっている。 ターボE-ハイブリッドは約130k/hまでは電動走行可能なためエンジンが始動することはない。

しばらく高速道路を走行したのちナビゲーションにしたがって山間のワインディングロードに入った。車重を感じさせない軽快なハンドリングでタイトなコーナーをクリアしながら、スタート後59kmを走行した時点でようやくエンジンが始動した。

「カイエン SE-ハイブリッド」のパワートレインは、3ℓV6ターボエンジンとモーターの組み合わせ。システム出力は「カイエン E-ハイブリッド」より49ps高い519psとなっている。動力性能は0→100km/h加速が4.7秒(クーペ・スポーツクロノパッケージ装着車)、最高速度が263km/h。

これくらい走ってくれれば、通勤や買物など日常生活を電気自動車としてカバーすることも可能だろう。エンジンの動力を使ってバッテリーを充電するE-CHARGEモードもあるので帰路は高速走行中に充電をして、市街地では電動走行するといった使い方もできる。

メータパネルは、フードカバーをとりのぞきモダンでスリムな外観に。メータパネルの表示内容は、装備レベルに応じて最大7種類を設定。クラシックモードとしてポルシェならではの5連メータパネルデザインも用意する。

ナビゲーションの目的地は、バルセロナ郊外にあるサーキット、パルクモートル・カステリョリだった。全長4140m、11コーナーがあり高低差は約50mもあるテクニカルなコースだ。

ここではターボ E-ハイブリッドクーペにのみ設定される「GTパッケージ」を試す。これは先代の「ターボGT」の代替となるトップパフォーマンスモデル。実は新型にもターボGTは存在するのだが、日本の排ガス規制に適合せず、主に北米、中国で販売されるという。欧州、日本、香港、台湾、シンガポールなどでは、ターボGTにかわるものとしてこのGTパッケージが設定された。

カーボンパーツを多用し、軽量バッテリーなどを採用することで、ベースモデル比マイナス100kgの軽量化を実現。車高は10mm低められている。これにより0→100km/h加速は3.6秒に短縮、最高速度は305km/hに到達する。

911ターボを先導車にコースインする。走行モードをスポーツプラスモードに切り替えると、チタンマフラー内のフラップが開き、野太いV8サウンドが車内に響く。カイエンの開発マネージャーが今回注力したポイントの1つに新開発のシャシーをあげていたが、サスペンションの伸側と縮側を別々に調整してくれる2チャンバー、2バルブ技術を採用したアダプティブエアサスペンションは、ピッチやロールをしっかりと抑制しながら実にしなやかに動いている。

911由来のマルチファンクションスポーツステアリングホイールを採用。ノーマル、オフロード、スポーツ、スポーツプラスの各モードをステアリングホイールで直接選択できるドライビングモードスイッチを標準装備。

裏のストレートでは速度は200km/hを超える。そこからハードブレーキで下りのコーナーへと侵入していくのだが、PCCB(ポルシェセラミックコンポジットブレーキ)を装着しているだけあって強くブレーキペダルを踏み込めばきっちりと速度を抑え込んでくれる。車重が2.5トンもあるSUVにも関わらず、これほど起伏の激しいサーキットで試乗させることに正直驚いた。SUVであってもポルシェがつくる以上はスポーツカーなのだ、という自信のあらわれなのだと感じた。

「カイエン ターボ E-ハイブリッド」のホイールサイズは標準が21インチで赤いブレーキキャリパーの組み合わせ。試乗車にはオプションの22インチホイールとブラック塗装のブレーキキャリパーが装備されていた。

その後、山中のワインディングロードでテストする機会も与えられた。滑らかな動き出し、適度な重さでわずかな指の力に呼応するステアリングフィール、22インチであることなど微塵も感じさせないコンフォート性能とスポーツプラスまでのダイナミック性能、さまざまなシーンを走りこむほどに大きく重いクルマであることを忘れて楽しくなってしまった。

「カイエンSE-ハイブリッド」にもわずかな時間だけ試乗することができたが、明らかな違いはその軽さ。クーペボディのSE-ハイブリッドとターボ E-ハイブリッドを比べた場合、車両重量には155kgの差がある。もちろんターボにはそれを補ってあまりあるパワーがあるのだが、ワインディングロードで乗り比べてみると前者のほうがやはり軽快だ。最高速度やハイパワーを求めないのであれば、こちらもありだ。

回生ブレーキは先代比で約30%高効率になっており、従来14km/hまでだったものが、2km/hまで減速エネルギーを回収できるようになっている。

2025年には、カイエンの電気自動車も!?

ポルシェはいま2030年までに80%超の市販車を内燃機関から電気自動車へとスイッチしていく目標を掲げる。タイカンに続く電気自動車の第二弾は、来年の発表が噂される次期マカン。2025年にはこのカイエンも電気自動車が発表される予定だ。

そしてこれら「カイエンE-Performance」は、それまでの橋渡しを担う存在であり、市街地でのゼロエミッションから、最高速300km/hの世界までその振り幅の広さこそが魅力なのだと思う。

TEXT=藤野太一 EDIT=ダニエル利樹(ANGIE Castro)

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

2024年8月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

バックナンバー一覧

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ8月号』が2024年6月25日に発売。今号は、フランス発祥の“泊まれるレストラン”、オーベルジュを大特集。今市隆二は、2024年2月にグランドオープンしたばかりの「仙石原古今」を訪れた。

最新号を購入する

電子版も発売中!

バックナンバー一覧

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる