MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

ART

2023.03.16

【画像で見る】建築家・永山祐子の貴重なアートコレクションを一挙公開!

今回ゲーテでは、建築家・永山祐子さんのアート溢れる自邸に潜入取材を行った。その取材の貴重なアートコレクションの写真を一挙公開する。永山祐子氏のインタビューはこちら

建築家・永山祐子氏の自邸に並ぶアートを一挙見!

建築家・永山祐子さんとアート作品(藤元明『Idolatry』)

光溢れるリビングに飾られるのは藤元明の作品『Idolatry』。都市の空きスペースをアート制作、発表の場にする「ソノ アイダ」プロジェクトでも活躍する作家は、永山氏の夫でもある。彼を通しアーティストの友人も増え、さまざまな作品に触れることでより購入意欲も上がったという。

松宮硝子『DuquossomとDuqpore-small』

松宮硝子『DuquossomとDuqpore-small』。アートフェアで出会ったのが、この松宮硝子のガラス作品。「ナウシカの部屋にありそうな、不思議な植物のようなフォルムにひと目惚れしました」。リビングに差しこむ光が、繊細な触手に複雑なきらめきを与える。

永山さんが幼少期に描いた絵

この作品は、なんと永山氏の娘さんが5歳の頃描いたもの。作家である父の手ほどきは受けず、自由に描いたそうだ。

ラファエル・ローゼンダール『Into Time 15 05 04(2015)』

ラファエル・ローゼンダールの作品に魅せられ、個展で出会ったのがこの作品『Into Time 15 05 04(2015)』(H165×W124.5㎝)だ。レンチキュラーという印刷技術を使い、見る角度によって絵柄が異なって見える。淡い色の重なりが移ろい変化し、多彩な表情に。©Rafaël Rozendaal Photo by Ken Kato Courtesy of Takuro Someya Contemporary Art

Nerhol(ネルホル)の作品

飯田竜太と田中義久のふたりのユニット「Nerhol(ネルホル)」の作品。地形図のように薄いプリントが何層にも重ねられている。

川久保ジョイの作品

アートを飾るためにガラス張りにした階段室。現在は川久保ジョイの作品を飾っているが、近々上で紹介したラファエル・ローゼンダールに取り替える予定。

鈴木隆志の連作

鈴木隆志の連作は、写真に透明樹脂を落とし、その隙間を消していく手法でつくられている。

束芋のリトグラフ作品『湯船に虎』

束芋(たばいも)のリトグラフ作品『湯船に虎』。

三塚新司の作品

三塚新司の作品はウレタンフォームに樹脂を流しかけコーティングと削りを繰り返し、滑らかな光沢をつくりだす。その他、事務所にも数々の作品が飾られる。

【特集 アート2023】

TEXT=牛丸由紀子

PHOTOGRAPH=古谷利幸

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年6月号

ボルテージが上がる! 魂のハワイ

2024年6月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年6月号

ボルテージが上がる! 魂のハワイ

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ6月号』が4月25日に発売となる。今回のテーマは、安息と刺激が共存するハワイ。オアフ島に加え、ハワイ島、ラナイ島と3島にわたるアイランド・ホッピングを総力特集! 知る人ぞ知る、超プライベートリゾートから、新しくオープン&リニューアルしたホテル情報、最旬グルメ、死ぬまでに一度はみたい絶景、最新ゴルフ場事情など、今知りたいハワイを完全網羅する。 表紙は、ソロアーティストとして新たな道を突き進む、三宅健と北山宏光のふたりが登場。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる