MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2023.08.11

“おもてなしの達人”と呼ばれる、GMO・熊谷正寿の鉄板お取り寄せ3選

GMOインターネットグループの代表として精力的に活躍しながら、アート・DJ・プライベートジェットの操縦と自身の好奇心も徹底的に追求する熊谷正寿氏。会食も含め、国内外では数々の美食を経験し料理人たちとの交流も多いが、実はお取り寄せをする頻度は高くないという。だからこそどんな基準で選ぶのか、そのとっておきの逸品を紹介してもらった。【特集  最高のお取り寄せ】

GMO熊谷正寿氏のお取り寄せ3選

取り寄せるのは、料理人の熱い思い

会食のスケジュールは常に半年先まで予定済み。そんな接待の場となる飲食店の卓越した味ともてなしこそがビジネスの武器になっていると、美食を提供してくれるシェフのたゆまない努力と情熱に対し常に敬意を払うのがGMOインターネットグループ熊谷代表だ。

多くの経営者たちから「おもてなしの達人」と呼ばれる熊谷氏。

自ら料理人を招待し 、日頃のもてなしに感謝の意を伝える会を催すほか、事業においても作り手が料理に没頭できるようにと、予約や顧客の管理を一括して行うことができる予約サービス「OMAKASE byGMO」も提供。食の力を信じ、唯一無二の味を生みだす料理人に対する信頼は揺るがない。

そんな熊谷氏にとってお取り寄せとは「モノとしてではなく、それを作っている方の思いを取り寄せること」と語る。

「この3店のシェフたちは、お客様に感動を与えるために、命がけといっていいぐらい真剣に日々試行錯誤されてらっしゃる。そんなシェフ達の美味しいものを追求する熱い思いの延長線上にあるのが、お取り寄せだと思うんです。お店に行くたびに本当に最高だと驚かされるシェフ達が手がけるならば、お取り寄せも間違いなく感動します」

熊谷正寿のとっておきのお取り寄せ3選

1.店舗の予約は2年待ち?! 美食家の心を掴んだ餃子
わさ「手作り餃子・焼売セット」

わさ「手作り餃子・焼売セット」
兵庫産高坂鶏、三重産松阪豚、茨城産梅山豚という、山下シェフが厳選した3種類の銘柄豚を使用した焼き餃子と焼売のセット。食べ比べが楽しい。「手作り餃子・焼売セット」¥ 13,680(わさ https://mall.omakase.in/stores/vb5019433

店舗はわずか8席の、超予約困難なヌーベルシノワの名店。岐阜・開化亭を経て独立したオーナーシェフ山下昌孝氏が、妥協許さぬ仕事でゲストを魅了する少量多皿のコースでも供されるのがこの餃子だ。

「少しでも味をよくするためにと、何日もお店に泊まり込んで水や油を研究されるなど本当に命がけで試行錯誤されている山下さん。彼の作る餃子は、僕の人生のなかでこれ以上の餃子を食べたことないと思える感動の味です。お店はなかなか予約が取れませんが、その味が家で食べられるのはうれしいですよね」

2.究極の焼肉を追求する、肉のプロが選んだ牛肉
西麻布 焼肉 X 〜TEN〜「但馬玄サーロインすき焼きセット」

但馬牛のなかでも、徹底した生育環境と独自のエサで育てられる但馬玄。口どけのよい脂の旨味を存分に堪能できる。「但馬玄サーロインすき焼きセット400g」¥29,160(西麻布 焼肉 X〜TEN〜 TEL:03-5786-1129)

ダイニングイノベーション代表の西山知義氏が“究極の焼肉”を追求すべく、つくったのが「西麻布 焼肉 X 〜TEN〜」。

「僕が飲食業界で最も尊敬している西山さんが、『最も美味しいお肉』と教えてくれたのがこの但馬玄(たじまぐろ)。脂が非常に特徴的で、口どけがよくて滑らかなんです」

一般的な和牛の脂の融点が25℃なのに対し、但馬玄の融点はマグロと同じ12℃。そのことから但馬玄(たじまぐろ)と、名付けられたという。すき焼きセットは霜がバランスよく入った極上のサーロインを自家製割り下でいただく。

3.世界一美味しいスパニッシュのシェフが監修
BLANCA「バスクチーズケーキ」

BLANCA「ベーシック チーズケーキ」
ひとつひとつ手作業で作られるBLANCAの定番フレーバー。箱を開けると香ばしさが広がり、口に入れればチーズの濃厚な甘さとカラメルのようなほろ苦さがとろけあう。「焦げ」を楽しむバスクチーズケーキ。「BLANCA BASQUE CHEESECAKE」¥4,968(ブランカ https://mall.omakase.in/stores/pd6030284

BLANCA(ブランカ)は、ミシュランで4年連続一つ星を獲得したスペイン料理の名店acá(アカ)のオーナーシェフ東鉄雄氏が監修する、プレミアムスイーツブランド。

「世界中で食べたスペイン料理のなかで、一番おいしいと思ったのが日本橋のacá。ミシュランの星の基準に“そのために訪れる価値がある店”というのがありますが、ここは世界の裏側にあっても訪ねていきたいお店です。それほどの東シェフのファンなのでお取り寄せしてみたら、やっぱり間違いなかった。うまく言葉にできないのですが、acáの料理に共通したこだわりのおいしさを感じました」

熊谷正寿/Masatoshi Kumagai
1963年長野県生まれ。1991年、ボイスメディア(現・GMOインターネットグループ)を設立し、1999年株式上場を果たす。「すべての人にインターネット」 を合言葉に、インフラ事業や暗号資産事業などを展開しグループ108社を擁すGMOインターネットグループを率いる。

TEXT=牛丸由紀子

PHOTOGRAPH=舛田豊明

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる