MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH PR

2023.04.25

「時計製造と執筆は似ている」なぜ作家・吉田修一はA. ランゲ&ゾーネに惹かれるのか

ドイツの名門A. ランゲ&ゾーネを愛する作家の吉田修一氏。特に時計製造に対する信念に、共感を抱いているようだ。全3回連載の第2話。

「グランド・ランゲ1」をつける吉田修一氏

時計「グランド・ランゲ1」¥7,260,000(A. ランゲ&ゾーネ)

理想がまず先にある。合理的ではないその姿勢も魅力

「すべての小説に当てはまるわけではありませんが、まず場所を決めると、自分のなかでそこにいそうな登場人物が立ち上がってくる。その人を一番魅力的に見せるにはどういう書き方がいいのだろうと探るうちに、恋愛小説になったり、犯罪小説になったりします」と吉田修一氏。

場所が物語を生みだすという点では、時計にも通じるところがある。A. ランゲ&ゾーネは、ザクセン王国の宮廷時計職人だったフェルディナント・アドルフ・ランゲが優れたスイスの時計産業を学び、弟子とともに1845年にドイツ・グラスヒュッテの街に時計工房を開いたことから始まる。

時計製造の本場であるスイスならパーツをサプライヤーから購入できるが、遠く離れたグラスヒュッテではそれはかなわない。そこでF・A・ランゲは、ムーブメント設計を共有し、弟子の工房ごとに製造するパーツを割り振り、規格を統一させることで効率的かつ高品質の時計を目指した。A. ランゲ&ゾーネの時計は、まさにグラスヒュッテという場所が生んだのだ。

「A. ランゲ&ゾーネの時計作りの姿勢にも惹かれます。パーツのひとつひとつまで、全部自社で作っていると聞いた時は、一文字一文字書いている小説家と似ているなって思った。おこがましいですけど、全部自分でやりたくなる気持ち、わかるなぁ」

またA. ランゲ&ゾーネでは、ムーブメントを一度組んで動作確認し、それをバラして仕上げて再度組み立てる“二度組み”という方法をとっているが、ここも吉田氏が気になるところ。

「二度組みする気持ちも本当にわかる(笑)。僕も何度も推敲を重ねていくのが好き。例えば、新聞の連載小説は行数がきっちり決まっているので、多めに書いてから削っていく。その作業が好きで、これは二度組みに通じる考え方かもしれません。さらにはA. ランゲ&ゾーネの時計は、モデルごとに専用ムーブメントを開発すると知って驚きました。ムーブメントありきで時計を作ろうということではなく、まず先に理想やイメージがあって、そこに対してムーブメントなどを開発するということですよね。合理的ではないけど、そういう考え方は好きです」

吉田氏が興味を持っている「グランド・ランゲ1」は傑作「ランゲ1」を大型化したモデルだが、ムーブメントはもちろん専用設計。ケース径の拡大に合わせてムーブメント径を広げ、生じたスペースをうまく使って歯車をレイアウトすることで4.7㎜厚の薄型にまとめている。

「グランド・ランゲ1」右:18KWGケース。左:18KPGケース

グランド・ランゲ1
2022年発表の2色展開モデル。左右非対称のレイアウトが特徴で視認性も優れている。アウトサイズデイトは、初代ランゲが製作したドレスデンのゼンパー歌劇場の5分時計に由来。手巻き、径41㎜。右:18KWGケース。左:18KPGケース。ともに¥7,260,000

「僕も小説を書く時は、先にテーマを与えられるのではなく、自分の発想を小説にしたい。それは理想を追求するためにムーブメントを開発し、二度組みをするA. ランゲ&ゾーネに近いのかもしれません」

小説と時計。その形は違えども、両者の創作に対する理想が響きあっている。

作家
吉田修一/Shuichi Yoshida

1968年長崎県生まれ。1997年に『最後の息子』で第84回文學界新人賞を受賞し、デビュー。2002年には『パレード』で第15回山本周五郎賞、『パーク・ライフ』で第127回芥川賞を受賞。2016年より芥川賞選考委員を務めている。実は、大の愛猫家でもある。

A. ランゲ&ゾーネの象徴たるモデル

「ランゲ1」

ランゲ1
1994年にブランド復興第一弾モデルとして誕生して以来、アイコンとして愛されてきた。2015年にムーブメントを刷新し、72時間のロングパワーリザーブ仕様へと進化。手巻き、18KPGケース、径38.5㎜。¥6,105,000

問い合わせ
A. ランゲ&ゾーネ TEL:0120-23-1845

吉田氏着用衣裳:スーツ¥203,500、チーフ¥15,400(ともにラルディーニ/トヨダトレーディング プレスルーム TEL:03-5350-5567)、シャツ¥27,500(XACUS)、ネクタイ¥30,800(セブンフォールド/ともにトゥモローランド TEL:0120-983-522)

TEXT=篠田哲生

PHOTOGRAPH=川田有二

STYLING=久保コウヘイ

HAIR&MAKE-UP=松本恵

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる