MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

LATEST ISSUE
2024年8月号
美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ
STORE

PERSON

2024.02.14

三児の母・上戸彩「習いごとはお休みさせず、お小遣いは“お給料制”」

デビューから20余年、映画にドラマ、CMなど、多方面で活躍を続ける上戸彩。私生活では、2012年に結婚し、2015年に長女、2019年に長男、そして2023年6月に次男を出産。育児に奮闘中の3人の子供の母親としての素顔に迫る。

仕事にプライベートは持ち込みたくない

自分がどうしたいかよりも、周りがどうしてほしいかを素早く読み取り、その期待に120%応える。そんな風にして、着実にキャリアと年齢を重ねてきた上戸彩。

「25歳くらいの頃、事務所から『彩が好きなようにしていいよ』と言ってもらえるようになりました。理解がある人たちに恵まれているのはもちろんですが、それまで10年以上、与えられた仕事を自分なりに精一杯頑張ってきたからかなとも思います。何の実績もないのに自分の要求を突きつけても、受け入れてはもらえませんから」

出産後、プライオリティの筆頭は子供になり、仕事はスケジュールに無理がない範囲で受けるようになった。子供たちがまだ幼く、夫婦だけでなく、両親や親類などの手も借りながらの子育てのため、仕事を受けるかどうかは家族に必ず相談する。

実は、Prime Videoで独占配信中の完全版ドラマ『沈黙の艦隊 シーズン1 ~東京湾大海戦~』への出演を決めたのは、家族に背中を押されたのも理由のひとつだったという。

「私は原作の漫画を知らなかったのですが、旦那さんが昔から作品の大ファンで、『すばらしい作品だよ、絶対にやったほうがいいよ』と勧めてくれました。本当にその通りで、出演させていただけて、すごく良かったと思っています」

この作品の撮影中には妊娠していたが、衣装を用意するスタイリスト以外には伏せていた。

「私が一番イヤなのは、仕事にプライベートを持ち込むこと。周りに気を遣っていただきながらの撮影は、私自身、居心地が悪く感じてしまいます」

育児に追われる今、仕事がいい気分転換に

上戸は『沈黙の艦隊 シーズン1 ~東京湾大海戦~』の撮影を終えた後、妊娠を公表。2023年6月に男児を出産し、現在は3人のママとして、育児中心の生活を送る。

「昨日できなかったことが今日はできるようになったり、子供はあっという間に大きくなってしまいますよね。その成長を、なるべく見逃したくないんです」

もっとも3人とも、まだ手がかかる年齢だ。セーブしているとはいえ、仕事と家庭の両立は容易ではないはずだ。

「今は常に寝不足状態なので、気持ちがピリピリして、いっぱいいっぱいになってしまうことも正直あります。だから、時々お仕事で家を離れることが、いい気分転換にもなっています。

自分の用事で家を空けたり、子供を預けたりするのは、申し訳ない気持ちになってしまうのですが、仕事なら堂々と出かけられますから。『お仕事、ありがとう!』という感じです(笑)」

子供たちはママの仕事も理解しているようだ。いずれも出産後すぐに仕事に復帰したため、「『ママは仕事をしている』という“免疫”がついている」と、笑う。

「セリフを覚えるのは、移動中のクルマなどひとりの時間を利用していますが、時々家で確認のためにセリフを口にしていると、長女は興味津々で聞いています。テレビで私がそのセリフを言っているのを目にすると、『この前練習していたね』って気がついてくれたりします。

長男は、私が出かける時に寂しがりはするんですけど、でも4歳になって、少しわかるようになったのか、ちゃんと『いってらっしゃい』と送り出してくれます。旦那さんが時々、『ママはすごいお仕事をしているんだよ』と言ってくれるのも、効果があるのかな(笑)」

子育てスタイルは“体育会系”

会話の端々に子供たちへの愛情がたっぷりと感じられるが、子育てスタイルは意外にも“体育会系”。挨拶をはじめ礼儀には厳しく、周りに人がいようと、怒る時はしっかり怒る。習いごとも「休むという選択肢はありません」。

「お友達と遊ぶ予定があっても、我が家は『習いごとが終わってからね』ですね。スーパーに買い物に行っても、好きなモノをどんどんカゴに入れる……はナシ。

最近長女はお小遣い制にしたのですが、それも、『お風呂を掃除したらいくら』とか『お皿を洗ったらいくら』と、お手伝いに応じてです。まとまった金額になったら、封筒に入れて渡しています。

そうすると、お小遣いの範囲内で何を買おうか自分で考えるようになるんです。お小遣いで何を買うか悩んで、スーパーを2周していました(笑)」

10代から20代半ばにかけて仕事に邁進し、家庭を持った今、「仕事に対して少し余裕をもって臨めるようになった」と上戸は話す。

「同世代の働いている友達は、今が一番、仕事が忙しくて、充実している時期なんだと感じます。その反面、悩むことや大変なこともたくさんあると思います。私はちょっと先にそれを経験した分、彼女たちを何かしらの形でサポートしたいと思っています」

周囲の人が楽しく、幸せであるように、自分が動く。それは、仕事に限らず、上戸彩の生き方そのものなのだ。

上戸彩/Aya Ueto
1985年東京都生まれ。1997年『第7回 全日本国民的美少女コンテスト』審査員特別賞を受賞して芸能界入り。2000年に俳優デビューし、『3年B組 金八先生』『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』『テルマエ・ロマエ』『半沢直樹』など代表作多数。映画『シャイロックの子供たち』で第47回日本アカデミー賞優秀助演女優賞受賞。2012年に結婚。現在8歳、4歳、生後8ヵ月の3人の子の母親でもある。

ジャケット¥191,400<参考価格>、中に着たドレス¥174,900(ともにエムエスジーエム/アオイTEL:03-3239-0341) ネックレス¥792,000、イヤリング¥935,000(ともにメシカジャパンTEL:03-5946-8299)

TEXT=村上早苗

PHOTOGRAPH=鮫島亜希子

STYLING=宮崎真純(likkle more)

HAIR&MAKE-UP=中谷圭子(AVGVST)

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

2024年8月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

バックナンバー一覧

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ8月号』が2024年6月25日に発売。今号は、フランス発祥の“泊まれるレストラン”、オーベルジュを大特集。今市隆二は、2024年2月にグランドオープンしたばかりの「仙石原古今」を訪れた。

最新号を購入する

電子版も発売中!

バックナンバー一覧

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる