MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

LATEST ISSUE
2024年8月号
美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ
STORE

PERSON

2024.02.02

「原作者」としても活躍している西野亮廣さんより、「僕の言葉で、僕自身の話をさせていただきます」

23万部を突破した『夢と金』の著者であり、今、ビジネスパーソンが追うべき人物の筆頭である西野亮廣さん。漫画家・芦原妃名子さん死去のニュースを受けて、「原作者」としても活動する西野さんが、“生みの親”としての思いを伝えてくれる。音声メディア「voicy」で配信中の「#西野さんの朝礼」から編集してお届けする。(※今回の記事を音声で楽しみたい方はコチラ■連載『革命のファンファーレ』から『夢と金』とは

【連載  『革命のファンファーレ』から『夢と金』】

今日は【原作者の痛み】というテーマでお話ししたいと思います。

第131回 “悪気”がないからこそ厄介で、暴走するのはいつだって“正義”だ。……「良かれ」の思いが、原作者にとっては、大きな痛みになっていることがある

原作者として「ここだけは分かっておいて欲しい」という気持ちを共有させてください

漫画作品のドラマ化をめぐって、とても悲しい出来事がありました。

「原作者」として作品に携わる経験が少なくない僕にとっては、今回の一件は、まったく他人事じゃなくて、本当に胸が苦しくなったのですが……ここで正義を盾に正論をまくしたててしまうと、それによって、更に悲しい結果を迎える可能性もあるので、犯人捜し・責任追及・私刑の類いは控えさせていただきます。

ただ、原作者として「ここだけは分かっておいて欲しい」という気持ちを1つだけ共有させてください。

現在制作中のコマ撮り短編映画『ボトルジョージ』もそうですが、皆さんに知っていただいているところでいうと『えんとつ町のプペル』がそうなのですが、あの作品は、映画になり、ミュージカルになり、バレエになり、さらに現在は、英訳されて、ブロードウェイで鋭意制作中です。
メディアも、海もまたいで、いろんな形で届けられていて、僕は、その作品の「原作者」です。

もちろん、「メディアや海を渡る」ことを許可した以上、そのメディアや、その国に合わせて、原作がお色直しされることは承知の上です。
これは、ほぼ全ての原作者が理解しているところで、「一言一句変えてくれるなっ!」という人は、あまりいないと思います。
ただ、やっぱり作品の親としては「都会に送り出す不安」はあって、皆、我が子を預かってくれる人に対して「変な感じにしないでくださいね」と一言つけ加えているでしょう。

この時、難しいのが「変な感じ」の捉え方が、人それぞれだということ。
ある人にとっては「これぐらいはいいだろう」ということでも、原作者にとっては「それはダメ」ということは全然ある。

なので、原作者は作品を預けた後も、ずっと心配で心配で、“原作者にとって”変な感じにされてしまった時は世に出る前にイエローカードを出さなきゃいけなくて、気がつけば、クレーマーみたいになってしまう。
ただ、我が子を守りたいだけなのに。

僕は、それには耐えられなくて、なので、いつも「脚本」で参加して、時に「製作総指揮」、アメリカだと「プロデューサー」で参加しています。
現場に入って、現場の最終ジャッジをくだせるようにしてる。
そうしないと、作品が守れないので。

だけど、それでも、書き換えられてしまうことがあるんです。
「歌舞伎ではこうですよ」「バレエではこうですよ」「ブロードウェイではこうですよ」を理由に。

書き換えた相手に悪気が無いことは百も承知です。
皆、自分の名前を出して仕事しているので、皆、より良いものにしようとしてくれている。

でも、悪気がないからこそ厄介で、暴走するのはいつだって正義じゃないですか?

相手は正義で動いているので、原作者が「やめてください」と言っても、「なんで、なんで?」となっちゃうんですね。

でも、ここからが、原作者からのお願いなのですが、原作者が「やめてください」と言った時は、やめてもらえると嬉しいです。

良かれと思ってやってくださっていることが…

「誰かを守る為に言っている」というスタンスは卑怯だと思うので、僕の言葉で、僕自身の話をさせていただきます。

たとえば、『えんとつ町のプペル』という作品は、最初、誰からも求められなかったんです。
メディアで活躍している人達を横目に、誰にも知られることなく、0.03ミリのボールペンを握って、アトリエで1人で描きました。

あるタイミングで「絵本を分業制で作ること」を思いついて提案したところ、アンチはおろか、西野亮廣のことを応援してくれていた数少ないファンの方からも批判されました。

この物語には、挑戦することを選び、日本中から笑われて、殴られた過去や、認知症になっちゃった僕の婆ちゃんのことや、事故で失くした大切なスタッフのことや、初対面で第一声目に「友達になってください」と言ったラーメンズの小林賢太郎さんのことや、そのあと、2人で酔っ払って真夜中の新宿ロフトプラスワンに乗り込んだことなど、僕の極めて個人的な思い出を織り込んでいます。

そんな個人的な物語だから、「不味くて、食ってらんねぇ」という人もいると思うんです。

でも、僕としては、原作者としては、自分の心の針が大きく振れたあの時間は忘れたくなくて、とんでもなく大切な思い出で、そして、原作ファンの方も、その極めて個人的な物語に共感してくれて、メディア化するまで、海を渡るまで支えてくださっていて、原作者は、やっぱりこれらを守りたいんです。

お金が欲しかったら、もっと、お金になる仕事に就いているわけで、
チヤホヤされたかったら、もっとチヤホヤされる仕事に就いているわけで、
そんなものを引き合いに出されても、譲ろうとは思わないです。

大切な我が子を東京に送り出して、芸能事務所の人間から、「おたくの息子さんをデビューさせる上で、万人ウケさせる為に、美容整形しときました」と事後報告されて、「ありがとうございます」という親がいるわけないんです。

息子がそれを望んでいたのなら話は別ですが、そうじゃなかったら、親としては息子に対して「ごめんなさい。俺、お前を守りきれなかった」しかないです。
鼻が少しぐらいペチャッとしていても、タラコ唇でも、親は、その顔が好きなんです。

なので、親が「やめてください」と言ったときは、やめて欲しいです。
良かれと思ってやってくださっていることが、原作者にとっては、大きな痛みになっていることがあります。

原作を取り扱う際は、このことは知っておいてもらえると嬉しいです。

作品を良くしようと思ってくださっているスタッフの皆様、そして、たくさんの方に届けようとしてくださっているスタッフの皆様に心から感謝します。

 

お知らせ ! 西野亮廣のビジネス書最新刊『夢と金』が各ランキングの年間1位に!

■楽天Kobo ビジネス書2023年間ランキング1位
■2023年オリコン年間”本”ランキング「自己啓発書」ジャンル1位
■ビジネス書累計が100万部突破!
※Amazonランキング書籍総合1位にも! コチラから

西野亮廣「夢と金」
撮影:鞍留清隆

  

お知らせ! ブロードウェイでのミュージカル『えんとつ町のプペル』を応援しよう!

1:オリジナルバインダー【挑戦ノート】のクラウドファンディングはコチラ

2:ブロードウェイで頑張っているスタッフを労うためのクラウドファンディングはコチラ

  

お知らせ!『キンコン西野マーケティング講座2024』で学ぼう!

経営者&個人事業主&クリエイター必見! 稀代のヒットメーカー・キングコング西野亮廣が、手加減抜きで「最新マーケティング」を語る。現時点の集客&販売の結論。【コチラから】

  

お知らせ! 《大阪平野の夜景を一人占め》HIBARI GOLF(宝塚市)のVIPラウンジ『星の絨毯』(2024年9月オープン)の【年間3日×7年分】の貸し切り利用権が申し込み可能になりました!

【コチラから】

  

お知らせ! 公式LINEができました

【西野亮廣 公式LINEはコチラ】

 

お知らせ! バンドザウルスについて

【バンドザウルスのYouTubeチャンネル登録者数、スタートたちまち1万人突破!】

【バンドザウルス最新インタビュー!】

【バンドザウルスのインタビュー 第1回】
全てが謎に包まれた絶滅系アイドル『バンドザウルス』。ラストシングル『隕石、ダメ、ゼッタイ!』に込めた想いとは?
【バンドザウルスのインタビュー 第2回】
デビュー前に販売した5000円のライブタオルが即完! 未だ楽曲を発表しない絶滅系アイドル『バンドザウルス』の葛藤とは!?
【毎日更新! バンドザウルスのインスタグラム】
【バンドザウルスのNFTの購入サイト】
【バンドザウルスのアパレル『Plus Sustaina』のインスタグラム】

 

お知らせ! 子供たちに絵本を贈るプロジェクト「『CHIMNEY TOWN GIFT』のNFT」が話題に!

これは「子供施設に絵本を支援したことを証明してくれるNFT」で、NFTの売り上げで絵本を購入して子供施設にプレゼントします。

 

お知らせ!『西野亮廣講演会』全国各地で続々開催決定!

『西野亮廣講演会』のお知らせです。
下記の都道府県で開催が決まっています。
2月13日(火)に青森、
2月20日(火)に東京、
2月29日(木)に愛知、
3月06日(水)に愛媛、
3月19日(火)に大分、
3月25日(月)に大阪、
4月17日(水)に兵庫、
4月18日(木)に大阪、
4月23日(火)に東京でそれぞれ『西野亮廣講演会』がございます。
私、西野亮廣がマイク一本で1時間半ほど喋る変なイベントです。
チケットをお求めの方は、『西野亮廣全国講演会』で検索してみてください。
サロンメンバーさんが作ってくださったイイ感じのホームページに飛びますので、そちらから。
会場によっては、まだ、チケットを発売してなかったりしますが、そのへんはご容赦ください。
講演会開催情報

よろしくお願いします。

 

西野亮廣氏ポートレイト

西野亮廣Akihiro Nishino
1980年生まれ。芸人・絵本作家。モノクロのペン1本で描いた絵本に『Dr.インクの星空キネマ』『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』。完全分業制によるオールカラーの絵本に『えんとつ町のプペル』『ほんやのポンチョ』『チックタック~約束の時計台~』。小説に『グッド・コマーシャル』。ビジネス書に『魔法のコンパス』『革命のファンファーレ』『新世界』。共著として『バカとつき合うな』。製作総指揮を務めた「映画 えんとつ町のプペル」は、映画デビュー作にして動員196万人、興行収入27億円突破、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞という異例の快挙を果たす。そのほか「アヌシー国際アニメーション映画祭2021」の長編映画コンペティション部門にノミネート、ロッテルダム国際映画祭クロージング作品として上映、第24回上海国際映画祭インターナショナル・パノラマ部門へ正式招待されるなど、海外でも注目を集めている。また「えんとつ町のプペル」は、ミュージカルや歌舞伎にもなっている。

●国内最大となる、約4万人の会員数を誇る有料会員制コミュニティー(オンラインサロン)「西野亮廣エンタメ研究所」はこちら
●70万部の絵本『えんとつ町のプペル』のご購入はこちら
●最新絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』のご購入はこちら

■連載 『革命のファンファーレ』から『夢と金』とは
猛烈な勢いで仮説・検証・実行・改善を繰り返し、多彩なプロジェクトを成功させてきた西野亮廣さん。ベストセラー『夢と金』の著者でもあり、現代の日本において、ビジネスパーソンがベンチマークすべき人物の筆頭といえる西野さんの“今”をお届けする連載。

↑ページTOPへ戻る

TEXT=西野亮廣

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

2024年8月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

バックナンバー一覧

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ8月号』が2024年6月25日に発売。今号は、フランス発祥の“泊まれるレストラン”、オーベルジュを大特集。今市隆二は、2024年2月にグランドオープンしたばかりの「仙石原古今」を訪れた。

最新号を購入する

電子版も発売中!

バックナンバー一覧

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる