MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2023.12.08

ビジネス書のヒットは「タイトル」と「タイミング」が9割。では「どんなタイトルで、いつ出すか?」はどう決める?―『夢と金』2023年のランキング続々1位の着眼点

22万部を突破した『夢と金』の著者であり、今、ビジネスパーソンが追うべき人物の筆頭である西野亮廣さん。2023年も年の瀬、様々なランキングが出てくるなか、本連載の軸でもある『夢と金』は、「楽天Kobo ビジネス書2023年間ランキング」「2023年オリコン年間“本”ランキング【自己啓発書】ジャンル」などで、第1位に! 今回は「ビジネス書のヒットの秘訣」についいて、音声メディア「voicy」で配信中の「#西野さんの朝礼」から編集してお届けする。(※今回の記事を音声で楽しみたい方はコチラ)。「勘」と「当てずっぽ」はぜんぜん違う……という目からウロコのお話。 ■連載『革命のファンファーレ』から『夢と金』とは

【連載  『革命のファンファーレ』から『夢と金』】

今日は【『タイトル』と『タイミング』が9割】というテーマでお話ししたいと思います。

第123回 「勘」とは何か? というと、『経験の総和』。「当てずっぽ」とは別物!

西野亮廣

『夢と金』が「楽天Kobo ビジネス書2023年間ランキング」で堂々の第1位!

今日は、「ヒット作はどうやって作るのか?」という、そこまで再現性が高くない話をしたいと思います。

そこまで再現性は高くないですが、ここに関しては「押さえないより、押さえておいた方が、まだイイ」というような話です。

昨夜、Voicyの緒方さんから「おめでとうございますっ!」とLINEがきて、何事かと思ったら『楽天Kobo ビジネス書2023年間ランキング』で、僕が今年出版した『夢と金』(幻冬舎)が堂々の第1位に輝いたそうです。
完全に皆様のおかげです。本当にありがとうございます。

ちなみに、ビジネス書2023年間ランキングのベスト10は以下の通り。

「楽天Kobo ビジネス書2023年間ランキング
(集計期間:2023年1月1日〜2023年10月20日)

1位  夢と金
2位  頭のいい人が話す前に考えていること
3位  年間100万円の配当金が入ってくる最高の株式投資
4位  一生頭が良くなり続ける すごい脳の使い方
5位  とにかく仕組み化
6位  嫌われる勇気
7位  DIE WITH ZERO
8位  限りある時間の使い方
9位  「超配当」株投資
10位  会社員のための節税のすべて

こうして見ると、1位〜10位までの間に「お金(投資や節税)」に関する作品が4本も入っていて、もしかしたら「お金」が2023年の隠れトレンドだったのかもしれません。

今年は「円安」が話題になっていたし、ぶっちゃけ、日本の未来(政治)にあまり期待が持てないのもあって、「さすがに、お金の勉強をして、自分で自分の身を守らなきゃマズくね?」となったのかもしれません。

僕自身、そういう気持ちになったから『夢と金』を書く気になった…というのもあるので、「日本の多くの大人が『さすがに、お金の勉強しなきゃマズくね』と思い始めた」は、あるかも。

そういえば『夢と金』は一文字も書いていない時点(タイトルしか決まっていない状態)で予約販売を開始して(破天荒かよ)、出した瞬間に「Amazon総合ランキング1位」になったんです。
本の内容がまだ決まっていないのに。

なので、やっぱり「タイトル」が強かった(今の時代を捉えていた)のかもしれません。
そんなこんなで「ヒット作が生まれるまで」の話です。

「このタイトル、いいじゃん」「このタイミング、いいじゃん」を誰が判断する?

あらためてビジネス書のヒットは「『タイトル』と『タイミング』が9割」だと思います。

「どんなタイトルで、いつ出すか?」ですね。
ヒット作を出したければ、内容は、その二つが決まってから、決めるのが良さそうです。

ポイントは、「『タイトル』と『タイミング』を誰がジャッジするのか?」という部分ですね。
「このタイトル、いいじゃん」「このタイミング、いいじゃん」を誰が判断するのか?

これって「数値」で出せるものじゃなくて、「時代」や「風」を読む作業だから、どこまでいっても「勘」に頼ることになるのですが、「そもそも『勘』とは何か?」というと、『経験の総和』なんですね。

「そろそろ嵐が来そうだな」というのは、何百回も何千回も海に出た船乗りにしか分からないわけで、初めて海に出る子供の「そろそろ嵐が来そうだな」は『勘』ではなく、『当てずっぽ』です。

そう考えた時に作者が自問自答しなきゃいけないのは、「そもそも自分は確かな『勘』を持ち合わせているのか?」「確かな経験を積んできているのか?」という部分です。

ご存知の通り、僕はいろんな業界を越境して、「いっちょ噛み」を繰り返していますが、いろんな業界のクリエイターさん表現者さんを見て思うのが、皆さん、素晴らしい才能をお持ちなのですが、「見ている量」が圧倒的に少ないんです。
もちろん、自分が所属している業界の動向(競合の作品)などはたくさんご覧になられているのですが、一度、業界を跨ぐと「知らないっす」ばっかりなんです。

「面白いもの(話題になっているもの)があったら、ジャンル関係なく、とりあえず見る!」というハイエナみたいな表現者って、意外と少ないんです。

「ハイエナ」の流れで名前を上げるのは失礼極まりないのですが、秋元康さんとか、ビックリするぐらい「知ってる」んです。
「あの作品、ご覧になられました?」と聞くと、大体、ご覧になられている。
鈴木おさむサンもそう。

そういう人が下した判断のことを『勘』と呼ぶと思っていて、繰り返しますが、ほとんど何も見ていない人(情報が少ない人)の判断は『あてずっぽ』で、そんなものに『タイトル』と『タイミング』を任せるのはあまりにも危険です。

本を出す時は「編集者」がいて、『勘』を持ち合わせている編集者のことを「良い編集者」と呼ぶと思うのですが、そういう人に出会えたらならば、『タイトル』と『タイミング』は絶対に任せた方がイイ。

自分の経験値(情報量)を俯瞰で見て、そこの判断を任せられるかどうかも作者の実力だと思います。

 

お知らせ ! 西野亮廣のビジネス書最新刊『夢と金』が各ランキングの年間1位に!

■楽天Kobo ビジネス書2023年間ランキング1位
■2023年オリコン年間”本”ランキング「自己啓発書」ジャンル1位
■ビジネス書累計が100万部突破!
※Amazonランキング書籍総合1位にも! コチラから

西野亮廣「夢と金」
撮影:鞍留清隆

 

お知らせ! 幕張メッセで開催された『えんとつ町の踊るハロウィンナイト』のオンライン配信チケット販売中

幕張メッセのド真ん中に巨大な櫓(やぐら)を建てて、1万3000人が熱狂した“巨大盆踊り大会”。見ておかないと損! 【オンライン配信チケットはコチラ】

 

お知らせ! バンドザウルスについて

【バンドザウルスのYouTubeチャンネル登録者数、スタートたちまち1万人突破!】

【バンドザウルス最新インタビュー!】

【バンドザウルスのインタビュー 第1回】
全てが謎に包まれた絶滅系アイドル『バンドザウルス』。ラストシングル『隕石、ダメ、ゼッタイ!』に込めた想いとは?
【バンドザウルスのインタビュー 第2回】
デビュー前に販売した5000円のライブタオルが即完! 未だ楽曲を発表しない絶滅系アイドル『バンドザウルス』の葛藤とは!?
【毎日更新! バンドザウルスのインスタグラム】
【バンドザウルスのNFTの購入サイト】
【バンドザウルスのアパレル『Plus Sustaina』のインスタグラム】

 

お知らせ! 子供たちに絵本を贈るプロジェクト「『CHIMNEY TOWN GIFT』のNFT」が話題に!

これは「子供施設に絵本を支援したことを証明してくれるNFT」で、NFTの売り上げで絵本を購入して子供施設にプレゼントします。

 

お知らせ! 《大阪平野の夜景を一人占め》HIBARI GOLF(宝塚市)のVIPラウンジ『星の絨毯』(2024年9月オープン)の【年間3日×7年分】の貸し切り利用権をゲットするチャンス!

【お問い合わせはコチラから】

 

お知らせ!『西野亮廣講演会』全国各地で続々開催決定!

『西野亮廣講演会』のお知らせです。
下記の都道府県で開催が決まっています。
12月11日(月)で群馬、
12月18日(月)に宮城でそれぞれ『西野亮廣講演会』がございます。
私、西野亮廣がマイク一本で1時間半ほど喋る変なイベントです。
チケットをお求めの方は、『西野亮廣全国講演会』で検索してみてください。
サロンメンバーさんが作ってくださったイイ感じのホームページに飛びますので、そちらから。
会場によっては、まだ、チケットを発売してなかったりしますが、そのへんはご容赦ください。
講演会開催情報

よろしくお願いします。

 

西野亮廣氏ポートレイト

西野亮廣Akihiro Nishino
1980年生まれ。芸人・絵本作家。モノクロのペン1本で描いた絵本に『Dr.インクの星空キネマ』『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』。完全分業制によるオールカラーの絵本に『えんとつ町のプペル』『ほんやのポンチョ』『チックタック~約束の時計台~』。小説に『グッド・コマーシャル』。ビジネス書に『魔法のコンパス』『革命のファンファーレ』『新世界』。共著として『バカとつき合うな』。製作総指揮を務めた「映画 えんとつ町のプペル」は、映画デビュー作にして動員196万人、興行収入27億円突破、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞という異例の快挙を果たす。そのほか「アヌシー国際アニメーション映画祭2021」の長編映画コンペティション部門にノミネート、ロッテルダム国際映画祭クロージング作品として上映、第24回上海国際映画祭インターナショナル・パノラマ部門へ正式招待されるなど、海外でも注目を集めている。また「えんとつ町のプペル」は、ミュージカルや歌舞伎にもなっている。

●国内最大となる、約4万人の会員数を誇る有料会員制コミュニティー(オンラインサロン)「西野亮廣エンタメ研究所」はこちら
●70万部の絵本『えんとつ町のプペル』のご購入はこちら
●最新絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』のご購入はこちら

■連載 『革命のファンファーレ』から『夢と金』とは
猛烈な勢いで仮説・検証・実行・改善を繰り返し、多彩なプロジェクトを成功させてきた西野亮廣さん。ベストセラー『夢と金』の著者でもあり、現代の日本において、ビジネスパーソンがベンチマークすべき人物の筆頭といえる西野さんの“今”をお届けする連載。

↑ページTOPへ戻る

この連載をもっと読む

連載
『革命のファンファーレ』から『夢と金』

猛烈な勢いで仮説・検証・実行・改善を繰り返し、多彩なプロジェクトを成功させてきた西野亮廣さん。ベストセラー『夢と金』の著者でもあり、現代の日本において、ビジネスパーソンがベンチマークすべき人物の筆頭といえる西野さんの“今”をお届けする連載。

TEXT=西野亮廣

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる