MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2022.11.03

世界的建築家が設計! 東京・南麻布の閑静な住宅地に建つ、美術館のような邸宅

かつて夢見た暮らしをかなえた仕事人たちの家は、浪漫に溢れている。その家づくりのスケール感はもはや、大人の壮大な遊びなのだ。今回紹介するのは、南麻布に建つ、芸術家・S氏の邸宅。【特集 浪漫のある家】

芸術家S氏の家

天井が高く、大型のアート作品を飾ることができるリビングルーム。柔らかな曲線が美しい家具は、エルメスにオーダーし、仕立ててもらったもの。

自身の作品と対峙するための完璧な美空間

南麻布の閑静な住宅地に白亜の邸宅が建つ。間口は決して広くはない。だが一歩中へ入ると、美術館と見紛うほどの圧倒的な空間の広がりに驚かされる。

設計を手がけたのは2014年に“建築分野のノーベル賞”といわれるプリツカー賞を受賞するなど、国際的に活躍する建築家の坂 茂氏。

現在のオーナーで、邸宅に暮らす美術家S氏は’19年に邸宅を購入。徹底的に、こだわりのリノベーションを行った。

芸術家S氏の家

スペシャルリペアで蘇ったリズミカルな階段が印象的。地下のスペースにはロバート・メープルソープのセルフポートレイトのプラチナプリントが飾られている。ドクロをモチーフに生と死の狭間を表現したこの作品はメープルソープの代表作と名高い。

「建物には前のオーナーが手を加えた箇所がたくさんありました。家族構成に合わせて、暮らしやすいように増改築するのは決して悪いことではありません。ただ、私が受け継ぐことになって、まずは坂氏が建てた当時の姿の印象に戻したかった。一度、原型に近い状態に戻し、私の好きな空間にするため、壁・床などを根本からつくり直しました。キッチンフードのあり方などに少々疑問があったため、坂氏の建築設計事務所に協力を仰ぎ、担当者と話し合った結果、意匠としてもこの空間になじめる吸引力の強い大型のシンプルなキッチンフードにすることに。排気が以前の5〜6倍に改善され、臭気がリビングに届きにくくなったことは大きな収穫でした」

芸術家S氏の家

左:白壁と植栽の緑のコントラストが美しい。 右:中庭の緑と連動するよう、芝色のカーペットを敷いた螺旋階段。

前のオーナーがスペースを確保するためにつくったリビングの中二階の廊下も階段もすべて撤去し、徐々に原型の印象が蘇ってきた。3つのバスルームはすべて原型の形を復刻。特に細部にこだわったのは床だ。できるだけ一面に見せるため、古い石と新しい石を焼いたり脱色したり、目地には彩色を施したという。それにより床面が一体化され、それぞれの部屋に続く動線がシンプルに見える。そして仕上がった家は、坂氏の建築時の特徴がより強く現れる結果に。

芸術家S氏の家

白の世界に統一された、シンプルながらも気品に満ち溢れたバスルーム。

「坂氏のこの建物の魅力は、直線と美しいRのラインを描く優美な曲線の組み合わせだと思う。無駄な要素を排除し、原型に近づけた結果、彼の個性がはっきりと浮かび上がりました。何かをするわけではなく、ただそこに座って美しさを感じていたくなる。私が望む、この家の形に仕上がりました」

究極のクオリティを目指してつくり上げた完璧な空間。だからこそ家具もこだわり抜いた。

芸術家S氏の家

ダイニングルームでもエルメスの家具が軽やかな存在感を放つ。

「坂氏の建築は意外にクセが強い。部屋が家具を選ぶんですよ。イタリア製のモダンアンティーク調か、エルメスのオーダーメイドかで悩み、2パターン購入しました。アンティーク調はまったく合わず、すぐに売却。一方、エルメスはしっくりとなじんだ。重厚さと軽やかさを併せ持ち、曲線が美しいエルメスの家具。この家のデザインと連続する美しいRを描きだしました」

芸術家S氏の家

ウェイン・ティーボーの作品が飾られた1階の奥の間。組木の技法でひとマスずつつなぎ合わせた床には温もりが。敢えて空間を楽しむつくり。

芸術家S氏の家

左:広々とした玄関スペース。靴を履くために腰かけるソファもエルメス製。 右:邸宅内の各所に飾られたアート作品はほとんどが奥様と娘さんが収集したもの。

そして、邸宅内の随所に飾られたアートの数々。ヴィア・セルミンの波のペインティング、ロバート・メープルソープのセルフポートレイトのプラチナプリント、アグネス・マーティンのペインティングなどの現代アート作品が次々と現れる。

「美しい空間には、それに寄り添うアートを飾ることで、両者のバランスが保たれるのだと私は思っています。地下の広い部屋には、私自身の作品を飾っています。この空間で、私の仕事がどう見えるのかを確認するためです」

芸術家S氏の家

自分自身の作品と向き合う地下のスペースが、お気に入りの場所と話すS氏。「広く見せる空間のつくり方と窓の切り取り方のバランスが、綺麗だよね」

この地下の広々とした部屋が、S氏一番のお気に入りの場所。ジョージ・ナカシマのオリジナルアンティークチェアに座り、時に、夜更けまで自分自身、そして自身の作品と対峙する。

「独身の頃、アントニン・レーモンドが設計した青山のデンマークハウスの5Bに住んでいました。無駄のない空間デザインがシンプルで気持ちよかったんですよ。その思い出を、いつの日か取り戻したいなと思っていたんです。今回、時間と手間をかけてスペシャルリペアを施し、かなり苦労したので、これからは楽しみますよ」

DATA
所在地:東京都南麻布
敷地面積:292平米
延床面積:465平米
設計者:坂茂建築設計
構造:地上階・鉄骨造、地下
階・鉄筋コンクリート造

【特集 浪漫のある家】

TEXT=川岸 徹

PHOTOGRAPH=古谷利幸

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ4月号』が2月24日に発売となる。簡単には経験できない、人生を変える過激な旅を総力取材。さらに旅のエキスパートたちの相棒アイテムも紹介。プロスケーター高橋大輔の貴重な撮り下ろしカットを多数掲載収録。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる