MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2022.04.21

モデル・ギャビーに強さを教えてくれる唯一無二の存在とは?

ビジネスの最前線で闘うリーダーやスペシャルな人の傍らには、仕事に活力を与え、心身を癒やす、大切な愛用品の存在がある。それらは、単なる嗜好品にとどまらず、新たなアイデアの源となり、自らを次のステージへと引き上げてくれる、最強の相棒=Buddyでもあるのだ。今回紹介するのは、モデル・ギャビーさんの相棒犬。特集「最強の相棒」

ギャビー

誰よりも長く時間を共有してきた――

女性誌を中心に活躍するモデル、ギャビーさん。16歳の愛犬Pとは波瀾万丈な日々をともに過ごしてきた。

「このPちゃんと、もう1匹ブーちゃんという黒いミニチュアダックスを子供の頃、飼っていました。でも家庭の事情で、私は10代の時に2年間を施設で暮らしたんです。その後、家に帰ってきたら2匹がいない。できる限りの方法で捜し回りました」

保健所で2匹を発見。16歳だったギャビーさんは2匹を連れ、モデルになるため上京を決意。「けれど病気でブーちゃんが亡くなってしまった。もっと早く病院に連れていけばと後悔しました。だからPの体調管理はしっかりしようと決めたんです」

てんかんの発作があるPは太陽の光が苦手。そのため散歩は早朝の暗い時間だ。また、食事も市販のものではなくギャビーさん手作りのものを食べている。

「おかげで私も規則正しい生活をしています。もしPがいなかったら、10代でひとり上京し、寂しかったと思います。今のようにポジティブではいられなかったかも。てんかんの発作は突然に来ますから、原因をつきとめて冷静に対処する。Pのおかげで人間としても強くなれた気がします」

ギャビーさんはPの姿に自分自身を投影している。

「Pも私も家族がそばにいなかった。同じ状況で一緒に東京に来て、Pは私自身のような気がします。今まで一緒にいた誰よりも長く時間を共有していますよ。見守ってくれるお母さんのような存在でもあります」

部屋にいる時は、常にギャビーさんを見つめ、ギャビーさんが眠るまで起きているという。

「だからPの健康のためにも、私も夜更かしはできません」。

そう笑うギャビーさん。Pが生活と気持ちを整え、次のステージへと連れていってくれる。

ギャビー

甘えたい時も、自分からは動かないというP 。「駆け引きをしてる。ちょっとあざとい系です(笑)」。

ギャビー

ギャビー
1996年アメリカ生まれ、福岡育ち。アルバイトでお金を貯め、17歳で上京。2014年雑誌『BLENDA』でモデルデビュー。現在『JJ』専属モデル。バラエティ番組でも活躍中。

TEXT=安井桃子

PHOTOGRAPH=吉田タカユキ

HAIR&MAKE-UP=tomo(e artifata)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

ゲーテ1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる