GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2021.11.26

【西野亮廣】歌舞伎プペルが抱えている課題

毎度お騒がせしております。キングコング西野です。
(こちらは、オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』に投稿した記事を加筆修正したものです)

【連載「革命のファンファーレ~現代の労働と報酬」】

第18回 「ミュージカルでやれて、歌舞伎でやれないこと」を考える

ファミリーミュージカル『えんとつ町のプペル』の主演の吉原光夫さんがフリフリの可愛いフリル付きのシャツを私服で着られている理由を訊いたところ、「顔が怖いから、フリルで帳消しにしようと思ってます」と返って腹筋が崩壊したキングコング西野です。
#フリルでは帳消しにできない反社顔

【冒頭シーン大公開】ミュージカル『えんとつ町のプペル』

さて。
今日は『歌舞伎版プペルの課題』というテーマで、ゴッリゴリのクリエイティブの話をしたいと思います。
『課題』というだけに、まだ解決していないコトではあるのですが、答えが出るまでの過程も皆さんと共有したいので、ブチ込みます。
※内容が内容だけに(答えが出ていないことなので)、今日の記事はいつもより短くなりますが、手を抜いているわけじゃないっす。くれぐれも。

市川海老蔵さんからの問題提議

先日、海老蔵ファミリーがミュージカル『えんとつ町のプペル』を観に来てくださいました。
#海老蔵さんはまた観に来られるそう

本番前に「ミュージカル版のプペル、超怖いよ」と勸玄君を脅かしたところ、声を震わせながら「僕のいる2階席まで上がってきますか?」と返ってきて、キュン死しました。
#反則的に可愛い
#吉原光夫さんも少しは見習って欲しい

勸玄君の成長を見届けたくなる歌舞伎ファンの気持ちが痛いほど分かったと同時に、「半端なものは作れないなぁ」と背筋が伸びました。。
終演後には、「ミュージカルの良さと、歌舞伎版プペルの課題が見えました!」と言う海老蔵さんと再集合。
さっそく打ち合わせに入りました。

この時の海老蔵さんの分析が本当に面白かったので、今日の記事ではそちらを共有させていただきます。

「プペルとミュージカルの相性がメチャクチャ良い!!」という海老蔵さん。

理由を聞けば、

「『口数の少なさがプペルの純真さを作っている』が前提にあるので、彼が心情を吐露するシーンを増やしてしまうと、それが消えてしまう。ただ、ミュージカルは、歌で心情を“合法的に”吐露できて、かつ、プペルがどれだけ歌おうが(心情を吐露しようが)、口数が多く見えない」

とのこと。
#天才かよ

そして、「その打ち手(歌)は、歌舞伎では不可能」と。

これって、メチャクチャ大切なラインだと思っていて、プペルの純真さの確保もさることながら、歌舞伎役者・市川海老蔵を観に来たお客さんを相手に、「口数の少ない市川海老蔵」をお届けするわけにはいきません。

さて、ここをどう乗りきるか?
冒頭、申し上げたとおり、答えはまだ見つかっていません。
これから見つけにいくところです。

ただ、答えは必ず見つかります。
理由は、「西野は答えが見つかるまで探すから」です。
僕、しつこいんです(笑)。

こんな機会でもない限り、「プペルとミュージカルの相性」や「ミュージカルでやれて、歌舞伎でやれないこと」を考えることもなくて、個人的にはメチャクチャ面白いテーマなので、皆様と共有しておきたいと思いました。

まだ未解決のこの課題のことを覚えておいてください。
なんなら一緒に考えてください。

チケットの一般発売が始まりました。
必ず答えを出しますので、来年のお正月は是非、新橋演舞場にお越しください。

「プペル~天明の護美人間~」チケットはこちらから!

最後に、海老蔵プペルの画像を貼っておきます。
もう、死ぬほどカッコイイです。

お楽しみに!!!
現場からは以上でーす。

西野亮廣氏ポートレイト

Akihiro Nishino
1980年生まれ。芸人・絵本作家。モノクロのペン1 本で描いた絵本に『Dr.インクの星空キネマ』『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』。完全分業制によるオールカラーの絵本に『えんとつ町のプペル』『ほんやのポンチョ』『チックタック~約束の時計台~』。小説に『グッド・コマーシャル』。ビジネス書に『魔法のコンパス』『革命のファンファーレ』『新世界』。共著として『バカとつき合うな』。製作総指揮を務めた「映画 えんとつ町のプペル」は、映画デビュー作にして動員170 万人、興行収入24億円突破、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞という異例の快挙を果たす。そのほか「アヌシー国際アニメーション映画祭2021」の長編映画コンペティション部門にノミネート、ロッテルダム国際映画祭クロージング作品として上映決定、第24回上海国際映画祭インターナショナル・パノラマ部門へ正式招待されるなど、海外でも注目を集めている。

●国内最大となる、5.8万人の会員数を誇る有料会員制コミュニティー(オンラインサロン)「西野亮廣エンタメ研究所」はこちら
●70万部の絵本『えんとつ町のプペル』のご購入はこちら
●最新絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』のご購入はこちら

TEXT=西野亮廣

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゴルフをもっと探究すべきだ!ゲーテ1月号は完全保存版のゴルフライフ特集。

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゴルフをもっと探究すべきだ!ゲーテ1月号は完全保存版のゴルフライフ特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が11月25日に発売となる。エグゼクティブが知っておくべきゴルフ場やギアなど、ゴルフライフが一層楽しくなる大特集。そのほか、最新ゴルフウェアを大胆に纏った鷲見玲奈のグラビアや、秘蔵の腕時計特集も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる