MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

AND MORE

2024.04.09

絶対ダメ! 無能上司がやりがちな、飲みニケーションのNG行為3選

「他の人に任せられない」と悩み、仕事を抱え込む人が増えている。しかし、実は「任せないこと」が部下や組織のパフォーマンスを下げ、そして何より自分自身の成長を妨げる最大の要因なのだ。自分も相手もラクになる、正しい“丸投げ"とは? 「読者が選ぶビジネス書グランプリ2024 マネジメント部門賞」などを受賞し、現在10万部を超えるベストセラーになっている話題の書籍『任せるコツ』(すばる社)より、一部を抜粋・再編集して紹介する。【その他の記事はコチラ】

グラスとウイスキー
vinicius-amnx-amano/ unsplash ※写真はイメージ

コミュニケーションにおいては、メンバーの話を聞いて、人となりを把握することが重要です。

それならば「夜のみに行くのが手っ取り早いよ」と、昭和スタイルの飲みニケーションを推す人もいます。またその逆で、”飲みニケーションは時代にそぐわない悪習”として、全否定する意見もあります。

どちらが正しいのでしょうか?

令和時代に飲みニケーションはアリかナシか?

私の意見は、「メリットもあるので、一概に悪とも言えないけど、飲みに頼りすぎないようにしよう」というものです。

私自身の経験を振り返っても、情報収集や人脈拡大など、夜の飲みがポジティブに働いた経験は何度もあります。

また、チームメンバーと飲みに行って、オフィスとは違った表情が見えたり、昼はガードが固かった人が打ち解けて、その後に仕事がしやすくなったこともあります。

会社で伝えると正式なクレームになってしまうことを、いわゆる愚痴として吐き出してもらうことでスッキリするなら、大いに結構だと考えます。

このようにメリットも多いので、メンバーの距離を縮めていく有効な手段と認識していますが、私個人はなるべく夜の席に頼らないようにしています。

“夜にできることは、オフィスで完結できるのがベスト”と考えているからです。

私自身はソムリエ協会の資格を取り、趣味でたまにワインバーでマスターをやっているので、お酒自体は好きなのですが、基本的に自分からはメンバーを飲みに誘わないようにしています。それぞれのプライベートもあるので、という配慮です。

ただ、メンバーからの誘いがあれば、いつでもウェルカムなので、声をかけられやすいように心がけています。

無理に誘わない配慮と、向こうから誘いやすい気配を意識しています。

飲みニケーションの注意点3選

メンバーと飲みに行った際の注意点もお伝えします。

1.昔話をしない

セクハラやパワハラは論外ですが、酔ってくるとついついしてしまうのが、自分のかつての栄光を語る、というものです。

ハラスメントと違って懲罰の対象にはなりませんが、「俺が若い頃は……」という昔話は聞く側にとっては苦痛でしかありません。

飲んでいるとついつい気持ちよくなって話してしまうので、私自身も過去にしてしまった経験もありますが……。

「自分の話は聞かれたとき以外はしない」くらいのスタンスが、ちょうどいいのかもしれません。

2.強制しない

無理に誘わない、というだけでなく、長居しない、途中で退出もOKとするなどの配慮が必要です。翌日の業務に影響が出るほど飲んでは本末転倒です。

私は海外で働いていた経験があるのですが、金曜夕方になると仕事が終わった人から徐々に指定のバーに集まって、だいたいは1〜2杯だけ飲んで解散していました。

恋人や配偶者もジョインして軽く飲み、その後にそれぞれ食事に行ったり、映画を見に行ったり、金曜の夜を有意義に使えて、素晴らしい習慣だなあと感じていました。

翌日に「飲みすぎた」と後悔しないくらいがビジネスの飲みとしてはオススメです。

3.昼に言いにくい話をしない

“伝えづらいフィードバックをお酒の席でする”というのは、よくありません。

ネガティブなことは、酔った勢いで伝えたくなる気持ちは理解できますが、ビジネスに関することは昼にしましょう。「大切な話こそ昼に」を心がけましょう。

以上の注意点を頭の片隅に置いて、夜の飲みをご活用ください。

TEXT=山本渉

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる