MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

AND MORE

2023.01.27

市場価格も高騰している、注目の多肉&塊根植物とは

限界を知らない男、モノ、コト――過剰なモノを愛し続けたゲーテ編集部が贈る特集「最上級事典2023」。妥協を知らないゲーテ流の最上級とは何か。今回は、独特なフォルムが個性的な多肉&塊根植物2選を紹介する。【特集 最上級事典2023】

「アガベ チタノタ ブラックアンドブルー」と「オペルクリカリア パキプス」

自然が紡ぐ奇跡を鑑賞。多肉&塊根植物の世界

生命維持に欠かせない水。アフリカ南部や中南米などの乾燥地帯で自生する植物は、葉や茎、根に命の泉を蓄え生き抜く。そうして肥大した多肉質の独特なフォルムは、どれも個性的でまさに芸術品。日本の環境に順応させながら、育成に長い年月や手をかけ愛でるのも、多肉植物ならではの贅沢だ。

とりわけ愛好家の間では、メキシコ原産のアガベ チタノタの人気が右肩上がりで、市場でも価格高騰を見せている。他のアガベより肉厚で鋸歯が大きくワイルドながら、コンパクトにまとまるチタノタ。

所沢で造園業、植物園のmana’s farmを営むmanas.manaka氏いわく「管理の善し悪しが株姿に影響しやすく、葉がワイドで詰まっているか、締まりながら丸みを帯びているかが目利きポイントです」。葉や鋸歯の形状により種類はさまざま。変種、交配種が数多く存在することもコレクターの心を強く刺激している。

一方、多肉植物の一種である塊根=コーデックスは、根や茎に水分を蓄えることでずんぐりとした塊を形成する。いい意味で奇妙、時間をかけて少しずつ成長する姿が魅力だ。検疫の関係上、土を除去した状態で輸入される根なし株は、環境の変化に左右されやすく、そのまま枯れてしまうことも少なくない。再発根はプロでも至難の技で、価値にも直結するという。

1.アガベ チタノタ ブラックアンドブルー/Agave Titanota Black and Blue

アガベ チタノタ ブラックアンドブルー

葉が淡く青みがかっており、成長途中で白い鋸歯が黒へと変化。荒々しさにのぞく上品な趣が人気の秘密だ。風と水、光を調整して丁寧に育てることで、ボール状に丸く仕上がる。子株を出すこともあり、それを株分けし増やすのもまた一興。

2.オペルクリカリア パキプス/Operculicarya Pachypus

オペルクリカリア パキプス

“塊根植物の王様”の異名を持つ、マダガスカル原産の希少品種。ずんぐりとした凹凸ボディと、枝先の繊細な葉とが織りなすコントラストがなんとも美しい。季節によっては紅葉や花を楽しむこともできる。再発根の難易度はかなり上級。

mana’s farm
住所:埼玉県所沢市林2-473-1
TEL:0429-41-6078
営業時間:10:00〜17:00
定休日:月・火曜

【特集 最上級事典2023】

TEXT=前原静蘭

PHOTOGRAPH=前川俊幸

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる