MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

AND MORE

2022.11.17

ドイツの名門機械式クロックメーカーが生みだした「ウォッチワインダー」

手間もかかれば、時間もかかる。だが、その分思い入れは深くなる。ビスポークには、物語が宿るのだ。もちろん、使い心地もすこぶる良好。そんな世界にひとつだけの特注品こそ、浪漫のある邸宅にはふさわしい。今回は高級時計マニア垂涎のウォッチワインダーを紹介する。【特集 浪漫のある家】

エルウィン・サトラー ウォッチワインダー

ロタリス30 WIDE size
W145×H200×D20cm。¥35,750,000

時を愛でるために。

想像してみよう。このウォッチワインダーにコレクションが収まり、規則正しく回転している様子を。眺めながら飲む酒はどれほど旨いだろうか。

エルウィン・サトラーは、ミュンヘン郊外で1958年に創業した機械式クロックメーカー。この業界における数少ないマニュファクチュールブランドだ。ムーブメントはもちろん、ケースや文字盤、組み立てにいたるまで、すべて自社で製作。従来のクロックの常識を破り、ウォッチ同様に主要な歯車の軸受けにルビーを採用して、精度と耐久性を高めているのが大きな特徴だ。このクロック技術を用いてつくられているのが、ウォッチワインダー「ロタリス」シリーズ。ワイドのサイズは120㎝か145㎝か、ワインダーは15・24・30・60個から選べ、中央パネルの素材と、はめ込むクロックを選びオーダーができる。

指紋認証で開閉するウィンドウを閉じれば、ウォッチは合わせガラスに守られる。内部のLEDライトを消灯するとほぼ中が見えないため、セキュリティも高い。「金庫に収めると見ることができないコレクションを日々愛でることができる」という世界中の愛用者たちの購入理由が、すべてを物語る。

エルウィン・サトラー ウォッチワインダー

ワインダーの回転数は個々に設定可能。指紋認証パネル操作に加え、アプリを使って操作もできる。写真は30個のワインダーの両端にウォッチトレイを備えたもの。中央に機械式クロック、温度計、気圧計を搭載。

問い合わせ
エルウィン・サトラー TEL:03-5816-6166

【特集 浪漫のある家】

TEXT=安藤菜穂子 EDIT=西原幸平(EATer)

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は山﨑賢人。家づくりは究極の大人の遊び、“多拠点邸宅”特集

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は山﨑賢人。家づくりは究極の大人の遊び、“多拠点邸宅”特集

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ3月号』が1月25日に発売となる。今回の特集は“多拠点邸宅”。人生を楽しみ尽くすための、こだわりの邸宅をご紹介。表紙を飾るのは俳優・山﨑賢人。その他にも伊勢谷友介の器コレクションや俳優・川口春奈へのインタビューなど必読だ。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる