MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOLF

2023.06.25

リニューアルした、名門・西富士ゴルフ倶楽部をラウンドしてみた【体験記】

富士山麓に位置する静岡県富士宮市に知る人ぞ知る名コースがある。アコーディア・ゴルフが2023年4月1日よりアコーディア・ゴルフブランドとして運営を開始した「西富士ゴルフ倶楽部」がそれだ。標高600mに展開する雄大な18ホールズを堪能してきた。 ※アコーディア・ゴルフのゴルフメディア「SHIBAFU」の提供記事。

西富士ゴルフ倶楽部・12番ホール

12番ホール。455ヤード(レギュラーティ)のパー5。ティグランドに立つと正面に富士山を望むことができる。富士に向かって豪快にティショットで飛ばしたい。

リピート間違いなし! 驚くほどのフラットさと戦略性の高さの共存

西富士ゴルフ倶楽部は旧・小田急西富士ゴルフ倶楽部として長きにわたり、この地でラグジュアリーコースとして愛されてきた。いわゆる接待コースとして有名な一面はあったが、それゆえに「いつ行っても最高のメンテナンスが施されている」と、多くのゴルファーから高く評価されてきたコースだ。

今回のラウンドでも、フェアウェイからグリーン、ラフ、バンカーに至るまで、クオリティの高さを随所で感じることができた。

接待コースという噂は耳にしていたものの、実際にプレーしてみればそんなことはない。

コース設計の名匠・加藤俊輔氏の特徴に「自然との共存・協調」というものがあるが、フラットななかにも自然のアンジュレーションが活かされていて、ライなど状況に応じたショットが必要になる。さらに、グリーンは各ホールかなりの大きさがあり、ピン位置によって難度が変化する面白さが備わっている。

グリーンから逆算して攻略法を考える加藤氏のデザインコンセプトがプレーするだけで感じられるため、何度訪れても飽きることなく、挑戦したくなる。

今後はレディスティの増設も予定しているとのことだが、ティ位置によって難度が変わる点もコースの特徴のひとつで、単に飛ばし屋有利ではないこともリピート率を高める要因になるだろう。

西富士ゴルフ倶楽部の練習場

富士山を望む250ヤードを誇る練習場でスタート前に万全の準備を整えられる。また、プレーヤーだけでなく一般利用も可能で、屋根付きで雨の日でも心配ない。18打席。16:00まで。

富士山の圧倒的な存在感を感じられる希少なコース

富士山麓の雄大なランドスケープや、ゆとりのあるレイアウトなど、コースそのものが持っているポテンシャルは正直計り知れない。雄大な富士山を眺めながらのプレーは唯一無二の経験を与えてくれる。

印象的なのは14番ホール。パー4でレギュラーティから366ヤードとそれほど長くはないものの、池を沿うような左ドッグレッグでティショットをどこに運ぶかが鍵になる。思い切ってドライバーを持てば突き抜ける可能性があるし、池を避け過ぎるとセカンドの距離が長くなる。

ただ、ティショットを終えてセカンド地点に行った時の景色には息を呑む。天気がいい日なら、池に映る富士の姿を楽しむこともできるのだ。14番の他にも、富士山を眺められるホールは多くある。また、5番や7番など池絡み、クリーク絡みのホールがいくつかあり、ボールコントロールというゴルフの原点を感じることができるコースといえる。

西富士ゴルフ倶楽部名物の14番の池越えパー4。

名物の14番の池越えパー4。

名門のパブリック化で変わるこれからのゴルフ場のあり方

今回、アコーディア・ゴルフブランドとしてリスタートを切るにあたり、コースの方向性としてはパブリックコースへと舵が切られる。ただ、パブリック化されてもキャディ付きでラウンドすることもできる。

もちろんセルフの割合が増えることは予測しているが、プレーヤー側の選択肢が増えるのは嬉しい。しかも、キャディはリニューアル前と同じメンバーで、そのキャディ力はお墨付きだ。

初めてのコースだとやはりキャディからのアドバイスは重要。特に西富士ゴルフ倶楽部はグリーンが大きく、乗っただけでは簡単に2パットでは上がれない。加えて、富士山麓のコースにありがちな富士山からの芝目というものが存在しない珍しいコースでもあり、その点からもキャディからの細かいアドバイスはスコアメイクにおいて必須といえる。

どうしてもスコアを出したい時にはキャディ付きを選択し、仲間とワイワイ楽しくプレーしたいという時には気軽にセルフプレーを選択すればいい。

さらに今後はキャディ付きの場合、フェアウェイへのカートの乗り入れが可能になる。この点において、プレーヤーにとっては喜ばしいことだが、正直に言えば乗り入れをしなくもて、ストレスなく回れるというのが今回の感想だ。

それほどコースはフラットで、歩きやすいと思ってもらっていい。これから暑くなる季節が到来するが、標高600mにある西富士ゴルフ倶楽部なら、ストレスなく快適にプレーできるだろう。

これまで名門といえば会員や会員の紹介がなければプレーできないなど敷居の高い印象があった。今回リニューアルした西富士ゴルフ倶楽部のように、クオリティの高いコースのパブリック化は今後も加速するように思う。

ただ、パブリック化したからクオリティが落ちるのでは、コースそのものの価値も下がってしまうため、パブリック化しつつ、コース自体のクオリティやサービスは、よりプレーヤーにとって快適でなければならない。今の時代にマッチした新しい名門のモデルケースとして西富士ゴルフ倶楽部の進化に期待したい。

西富士ゴルフ倶楽部のロビー

館内にはデジタルサイネージを新規導入し、おすすめのランチメニューやキャンペーンなどもチェックできる。フロント、ショップなど必要な機能がコンパクトにまとまっている。

西富士ゴルフ倶楽部のレストラン

レストランもリニューアル。料理長のおすすめは富士山をイメージした紅富士鮪丼(数量限定)と北海道直送のジンギスカン。

西富士ゴルフ倶楽部(アコーディア・ゴルフ)
住所:静岡県富士宮市内野1291-1
アクセス:多方面からアクセスできることが特徴。
新東名高速・新富士から20km以内
東名高速・富士から25km以内
中央自動車道・河口湖ICから約35km
▶︎▶︎予約はこちらから
※2023年7月よりWeb予約可能

TEXT=出島正登

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる