MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOLF

2022.02.04

美しいスイングに必須な体重移動──連載「吉田洋一郎の最新ゴルフレッスン」

世界No.1のゴルフコーチ、デビッド・レッドベターの愛弟子・吉田洋一郎。顧客の多くが国内外のエグゼクティブ、有名企業の経営者という彼による、スコアも所作も洗練させるための“技術”と“知識”を伝授する最新ゴルフレッスンコラムをまとめて振り返る。まだまだ厳しい寒さが続くが、ゴルフシーズン到来に向け、コソ練を積み重ねてスコアアップを目指したい。

吉田洋一郎

ゴルフスイングの悩みーー回転? 体重移動? 上下動? どれで飛ばすのが正解?

少し前までスイングの上下動は、よくない動きとされてきた。ゴルフ歴の長い人は「起き上がっている」とか「沈み込みが大きい」というようなアドバイスを一度は耳にしたことがあるだろう。

確かにアドレスの時点から伸び上がればトップが出そうだし、沈み込めばダフリそうだ。上下動よりその場で回転をしたり、左右に体重移動をしたほうがインパクトでクラブが正確に戻ってきそうだし、飛ばしの効率もよさそうに思える。

しかし今、PGAツアーのトップ選手たちはこの上下動を積極的に使って飛距離を出している。

続きはこちら

ゴルフに費やす時間と金の節約の無駄をなくす、非自己流のすゝめ

吉田洋一郎

以前、私のところに「毎日欠かさず100球打っているが、70台が一向に出せない」というアマチュアが相談に来た。聞けばプロに習うことはせず、自己流で練習をしているという。その人とは縁があり私のレッスンを受けた後、3か月で70台を出すことができた。

毎日練習をすることはとても大事だが、1人でやっていては上手くなる可能性は低い。70台を出すレベルを目指すなら尚更だ。「今日も練習したな。着実に成長しているぞ」という満足感は得られるが、それは上手くなった気でいるだけだ。

なぜ自己流ではうまくなる可能性が低いのか。自分でスイングを変えることは、医師免許を持たない素人が手術をしているのと同じだからだ。しかも自らの体にメスを入れて。

続きはこちら

ゴルフスイングで「体重移動は必要か?」という問題に一旦答えを出す

吉田洋一郎

「スイングで体重移動は必要ですか?」

初めてレッスンをするクライアントのほとんどが、私にこの質問をする。

答えは「Yes」だ。

日本でもアメリカでも男子でも女子でも、どんなプロを見てもスイング中の体重移動を行っている。バックスイングでは右サイドに体重が移動し、ダウンスイング以降は体重が左に移行する。

しかしアマチュアでスイング中に体重移動を適切に行っている人は少ない。アマチュアが体重を移動させようとすると、体全体もしくは体の中心(重心)を左右にゆするように動かしてしまうからだ。

プロとアマチュアはどう違うのか。イメージをしやすいように足踏みを例に説明しよう。

続きはこちら

TEXT=吉田洋一郎

PHOTOGRAPH=小林 司

COOPERATION=トータルゴルフフィットネス

PICK UP

STORY

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

ゲーテ3月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]3月号が2023年1月25日に発売となる。今号の表紙を飾るのは三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE。さらなる高みへと挑戦する彼らの想いに迫った。総力特集は鮨&BAR。これから10年、20年通いたい、とっておきのカウンターを紹介する。そのほか、プロ野球選手・鈴木誠也やロック歌手・宮本浩次、シンガーソングライター/俳優・泉谷しげるのインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる