MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

LATEST ISSUE
2024年8月号
美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ
STORE

FASHION

2024.05.09

I Don’t WEAR Jewelry. I WEAR Art ルイ・ヴィトン、新作メンズジュエリー

連載「I Don’t WEAR Jewelry. I WEAR Art」。第25回は、デザインを超えたクリエイションを見せる「ルイ・ヴィトン」。

ルイ・ヴィトンのジュエリー

技術で表現する、一族の背景があるジュエリー

首からぶら下がるのは、実際に描けるペン。それは、膨大なスケッチに描かれた数々のアイデアを具現化し、イノベーターと称される3代目当主ガストン-ルイ・ヴィトンを表現したものだ。

2024年新たに登場したメンズファインジュエリーコレクション「レ ガストン ヴィトン」。創業者の孫であり、独創的で新しい技術を積極的に取り入れたガストンからインスパイアされたコレクションとあって、レーザーカッティングでモノグラムをあしらうペンダントや、「レ ガストン ヴィトン ブルー」と名付けられたチタンブルーをコーティングしたリングなど、テクニカルなジュエリーを披露。デザインというより創造という言葉が似合う。

「レ ガストン ヴィトン」
ペンダント上¥1,089,000、ペンダント下¥1,380,500、ブレスレット¥1,545,500、リング¥731,500、ジャケット[参考商品]、Tシャツ¥101,200(すべてルイ・ヴィトン/ルイ・ヴィトン クライアントサービス TEL:0120-00-1854)

ひとつのモチーフに込められた伝統とストーリー

生涯で数多くの特許や著作権を申請・取得したガストン-ルイ・ヴィトン。そんな彼は、さらにいくつもの顔を持つ。蒐集家であり、読書家、園芸家、写真家、そして旅行家でもあった。「自分はトランクから生まれた」と語るほど旅好きのガストンの言葉を、極小サイズのトランクをモチーフにペンダントとブレスレットで象る。

一方、シグネットリングにはモノグラムが。モノグラムといえば、2代目にして父であるジョルジュ・ヴィトンが生んだものだが、ガストンもタイポグラフィやモノグラムのスケッチを数多く残している。

ふたつのテーマを体現したこのコレクションこそ、ルイ・ヴィトンのアイデンティティが代々受け継がれていることの証明ともいえる。

「レ ガストン ヴィトン」
ペンダント¥566,500、ブレスレット¥2,321,000、リング¥1,056,000、ジャケット¥309,100、Tシャツ¥101,200(すべてルイ・ヴィトン/ルイ・ヴィトン クライアントサービス TEL:0120-00-1854)

■連載「I Don’t WEAR Jewelry. I WEAR Art」とは……
時にファッションとして、時にシンボルとして、またはアートに……。ジュエリーを身につける理由は、実にさまざまだ。だが、そのどれもがアイデンティティの表明であり、身につけた日々は、つまり人生の足跡。そんな価値あるジュエリーを紹介する。

↑ページTOPへ戻る

TEXT=安岡将文

PHOTOGRAPH=秦淳司

STYLING=櫻井賢之

HAIR&MAKE-UP=谷森正規(M TANIMORI LABO)

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

2024年8月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

バックナンバー一覧

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ8月号』が2024年6月25日に発売。今号は、フランス発祥の“泊まれるレストラン”、オーベルジュを大特集。今市隆二は、2024年2月にグランドオープンしたばかりの「仙石原古今」を訪れた。

最新号を購入する

電子版も発売中!

バックナンバー一覧

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる