MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

FASHION

2023.07.10

圧巻の演出力! 鬼才、キム・ジョーンズのディオール公開【パリコレ2024春夏レポート】

ファッション界の鬼才、キム・ジョーンズが、ディオール(DIOR)のメンズ アーティスティック ディレクターに就任してから5年目を迎えた。現地時間2023年6月22日に発表された2024年春夏メンズコレクションのショーでは、サプライズ演出で会場を沸かせ、歴代のクリエイティブ ディレクターたちにオマージュを捧げたコレクションを見せた。#最新メンズコレクションはこちら

ファッション界の鬼才、キム・ジョーンズ5周年のメンズコレクション

2024春夏のパリ・ファッションウィークで、一番ド肝を抜かれたのはなんと言ってもディオールだ。

コレクション会場自体を建設したショーは、たしかに今までも見たことはあるが、床から人が出てくるなんてあり!?

と、ショーが始まった瞬間、おそらく多くのランウェイをよく見てきたであろう世界中のジャーナリストたちも揃って、全員から盛大なオベーションを送った。

ディオール2024年春夏メンズコレクション

ディオール2024年春夏メンズコレクション

大胆な想像を超える演出とは裏腹に、洋服に関してはさすが、細かなところまで作り込まれている。

ツイードに「カナージュ」があしらわれたり、「カボション」ジュエリーがあしらわれたルックもあり、早く近くでじっくりと見たいと思わせてくれるコレクションの数々。

さまざまな時代と歴代のクリエイティブ ディレクターのクリエイションを通じて、イヴ・サン=ローランやジャンフランコ・フェレ、マルク・ボアンが生み出したシルエットにオマージュを捧げ、再解釈したのが今回のコレクションだ。

これを聞くと、いかにも豪華絢爛な時代の洋服なのでは、と思ってしまうところを、軽やかで遊び心のある現代的な洋服に仕上げてしまうのが、さすがはキム・ジョーンズ! と言いたくなってしまう。

ディオールの職人技が際立つ洋服なのに、どこか気楽さを感じさせるセンス。

伝統の破壊とはよく聞く言葉だが、決して破壊ではなく、「伝統との対話」。

5年間、ディオールのアーティスティック ディレクターを続けてきた彼だが、時代やスタイルを超越した今回のコレクションはますますキム・ジョーンズらしさを感じてしまった。

このすごさを理解したうえで、さらっと2024年春夏のディオールを着こなしている人がいたら、カッコよすぎなのでは?

▶︎▶︎ディオール最新メンズコレクションを一挙公開!

TEXT=中里俊介(ゲーテ編集部)

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる