MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

FASHION

2022.07.04

ギタリスト・MIYAVIが纏う、アーティスティックなジュエリーの輝き【グッチ&ティファニー編】

時にファッションとして、時にシンボルとして、またはアートに……。ジュエリーを身につける理由は、実にさまざまだ。だが、そのどれもがアイデンティティの表明であり、身につけた日々は、つまり人生の足跡。そんな価値あるジュエリーを紹介する連載「I Don’t WEAR Jewelry. I WEAR Art」Vol.4。今回はギタリスト・MIYAVIを迎えた特別編でおくる。その存在こそがアートな男は、ジュエリーでどう魅せるのか。【過去の連載記事】

Gucci

グッチ
ブローチ¥14,740,000、ジャケット¥456,500、ベスト¥154,000、シャツ¥137,500、ボウタイ¥31,900(すべてグッチ/グッチ ジャパン クライアントサービス TEL:0120-99-2177)

ことシンボリックなデザインにおいては、グッチこそ、その代表。ホワイトゴールドにより、まるで彫刻のような緻密さで形作られるのは、百獣の王ライオン。グッチのアニマルモチーフにおける象徴的な存在だ。その口に咥えられているオパールやダイヤモンドといった計11種もの石は、色も大きさもカットもバラバラ。つまりはアシンメトリー。見る角度によって表情を変えるそのデザインは、フォーマルにして原則には決して縛られないグッチ流タキシードにまさになじむ。そして、ステージ上で縦横無尽に表現するギタリストの姿とも。

Tiffany & Co.

ティファニー
ブローチ¥3,795,000(ティファニー/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク TEL:0120-488-712)、ジャケット¥581,900、シャツ¥132,000(ともにアレキサンダー・マックイーン TEL:03-5778-0786)

それはもはやデザインというより、アートと呼んだほうが正しいのかもしれない。自然の造形をジュエリーに巧みに取り入れたことで知られるジュエリーデザイナー、ジャン・シュランバージェ。彼が手がけたブローチは、その名も「パリ フレーム」。つまりは、燃え上がる炎をイメージしたものとなる。18Kイエローゴールドが外炎を、プラチナが内炎を、そして無数のダイヤモンドが炎心を表す。それは、繊細にして情熱的。ギター1本の演奏で数万人の観客を沸かせる壮大な音を奏でるように。

 

MIYAVI
ギタリストでありロックミュージシャン、さらには俳優、モデルと、多岐に活躍する。通称サムライギタリスト。スラップ奏法による激しくエモーショナルな演奏は世界的な評価を獲得する。2022年6月17日配信シングル「Futurism」をリリース。10月31日にはソロデビュー20周年を迎える。

【連載 I Don’t WEAR Jewelry. I WEAR Art】

TEXT=安岡将文

PHOTOGRAPH=秦 淳司

STYLING=櫻井賢之

HAIR&MAKE-UP=谷森正規(M TANIMORI LABO)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

shota matsuda

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる